グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科  > リウマチ科

リウマチ科

科の特徴

 当院では平成7年浜松医科大学免疫内科より非常勤医師を招聘してリウマチ科専門外来を開始しました。平成29年4月には浜松医科大学整形外科より常勤医が赴任し、総合的なリウマチ科診療を開始しております。
 リウマチ科が扱う疾患は関節痛・筋肉痛の患者さんが多く整形外科の知識、経験が大切です。一方で、肺疾患、皮膚の変化(皮疹、強皮症)、口内炎、眼や口腔内の乾燥、アミロイドーシス、眼の疾患、原因のよくわからない不明熱を合併することもあり、全身的な症状に対する知識も必要です。
 当リウマチ科では内科と整形外科の医師が協力して診療にあたりますので、関節痛や付随する全身性の症状を有するリウマチ性疾患の診断がスムーズに的確に行われます。的確な診断を早期に行うことは、早期治療が大切なリウマチ性疾患においてとても大切なことです。また、薬物療法、手術療法について個々の患者様について相談し、すべてのリウマチ患者さんに最適の医療を提供するよう心がけております。お悩みの方は是非リウマチ科までご相談ください。

対象疾患

以下のような症状がありましたら、リウマチ科に受診して下さい。
関節の痛み、腫れ関節リウマチ、変形性関節症、乾癬性関節炎などさまざまな疾患で関節の痛み、腫れが初発症状として見られます。
筋肉の痛み多発性筋炎・皮膚筋炎、リウマチ性多発筋痛症、線維筋痛症などで筋肉痛が見られます。
全身に広がる
皮膚の発疹
全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、シェーグレン症候群などで紅斑と呼ばれる赤い発疹が見られます。
原因不明の発熱全身性エリテマトーデス、結節性多発動脈炎・高安動脈炎などの血管炎で発熱が見られます。
リンパ節の腫れ全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群などでリンパ節の腫れが見られます。
口や眼の乾燥症状シェーグレン症候群の主症状です。
手のこわばり関節リウマチ、強皮症の初発症状として重要です。
手足の冷え
(レイノー現象)
強皮症、混合性結合組織病、シェーグレン症候群などで見られます。
治り難い口内炎ベーチェット病、シェーグレン症候群などで見られます。

取り組み

詳細はこちらをご覧ください。

スタッフ紹介

名前職名出身校取得年専門領域資格
鳥養 栄治非常勤医師浜松医大平成12年リウマチ学
リウマチ外科
医学博士
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医・評議員
古川 省吾非常勤医師浜松医大平成27年リウマチ科
リウマチ抗原病
日本内科学会認定内科医
リウマチ専門医
リウマチ財団登録医
難病指定医

認定施設

  1. 日本リウマチ学会教育施設

こちらのページでは、リウマチとはどんな病気なのか、また注意点などをご説明します。