グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



周産期日記

NICUに絵本コーナーを設置しました 2019年7月

NICUでは入院されたお子様の状態に合わせて授乳・沐浴などの育児をご両親と一緒に行
なっています。
入院中はお子様とゆっくり過ごしていただけるように絵本コーナーを設置しました。
絵本の読み聞かせは親子のスキンシップやコミュニケーションの時間になり、お子様を安
心させます。

産後2週間健診が始まりました 2019年6月

この時期は赤ちゃんとの生活がスタートし、多くのお母さんが不安や戸惑いを感じる頃です。
そこで、当院では医師の診察と助産師の指導を受けていただき、少しでも安心して育児に臨めるよう、お手伝いしています。

令和ベビー誕生 2019年5月

令和初日の5月1日、当院で元気な赤ちゃんが誕生しました。記念すべき日に生まれた2720gの女の子、元気な産声を聞き、分娩に立ち会ったお父さんも、ほっとした様子で、お母さんと共に赤ちゃんの誕生を喜んでおられました。

周産期母子医療センターの勉強会 2019年3月

 周産期母子医療センターには産科病棟と新生児集中治療室(NICU)、回復期治療室(GCU)があります。
 日々進歩する医療に対応し、医療レベルを維持していくため、周産期母子医療センターでは毎月1回勉強会を開催しています。また、当日参加できないスタッフも勉強するため、内容を撮影し、スタッフ全員で共有しています。
 今後も、お母さん、お父さん、赤ちゃんのために知識を深め、日々進歩する医療に対応していきます。

マタニティヨガ 2019年1月

 当院の周産期母子医療センターでは、妊娠経過に異常がない妊婦さんで、希望をされた方にマタニティヨガを実施しています。
 お産に向けた体力作りにもなり、また身体を動かすことで気分転換にもつながります。
 お母さん同士で情報交換を行う場にもなっています。興味のある方は妊婦健診時にスタッフにお声かけください。

NICUの取り組み 2019年1月

 当院、周産期母子医療センターには新生児集中治療室(NICU)があります。ここは出生後なんらかの治療を必要とする赤ちゃんが入院するところです。
 赤ちゃんが入院してしまうと、お母さんやお父さんのところから離れて治療することになりますが、その中でも面会時にはおっぱいをあげたり、哺乳瓶を使用して授乳したり、お風呂(沐浴)に入れてあげることもできます。また、ご家族からのご要望があればできる限り対応できるように検討しています。

周産期母子医療センター特別招待講演会を開催しました 2018年11月

 11月9日(金)に浜松医科大学付属病院 産婦人科講師 内田季之先生をお招きし、 「産科危機的出血の初期対応」について講演会を開催しました。
 院内・近隣施設の医師や助産師、消防士、保健師など113名と多くの方にご参加いただきました。参加者からは「日頃あまり聞くことができない貴重な内容、救急対応についての知識が深められて良かった。」等感想が聞かれました。
 一人でも多くの妊産婦を救う為、今の自分に出来ることから取り組んでいきたいと思わせていただきました。

NICU・GCUでの家族ケア 2018年11月

 当院では、小さく産まれた赤ちゃんや疾患をもった赤ちゃんが周産期母子医療センターNICU・GCU病棟へ入院します。
 NICU・GCUでは、入院中の赤ちゃんやご両親を対象に、授乳やオムツ交換などの基本的な育児手技習得のお手伝いを通じて、退院後も安心して過ごせるよう支援させていただいています。
また、赤ちゃんの状態に合わせて、タッチング(赤ちゃんに手や指で触れること)や抱っこ、授乳、沐浴などを行うことができます。
 私たちは、赤ちゃんとご両親が触れ合い絆を深められるよう、お手伝いします。

産科病棟の個室をご案内します 2018年10月

 当院、産科病棟の個室は全室、シャワー、トイレがついており広々としています。
 淡い色を基調としたお部屋で和やかで明るい雰囲気です。入院されたお母さんやご家族からも「広くてきれい!」というお言葉をよくいただきます。
 出産後は翌日から母児同室を始め、ご家族・ご兄姉との面会などゆったりと過ごしていただけます。
 赤ちゃん、ご家族のかけがえのない時間をお過ごしいただける空間となっています。

周産期母子医療センターの地域連携 2018年9月

 当院の周産期母子医療センターでは、妊娠中・退院後支援として助産師・看護師だけではなく臨床心理士、ソーシャルワーカー、保健師などと連携をし、専門分野を活かし妊産褥婦さんをサポートしています。
 また3ヶ月に1度、母子担当者連絡会を当院で実施し、地域の母子保健の担当者と話し合いの機会を持ち、それぞれの施設の情報交換を実施しています。

助産外来に来ませんか? 2018年8月

 当院では助産外来を開設しています。
 助産外来は助産師が行う妊婦健診です。私達助産師は正常な妊娠経過であれば医師と同様に診察を行うことが出来ます。ゆっくり話をしたりエコーを見て頂けるよう十分な時間を取っています。ご家族と一緒にお越しいただくのも大歓迎です。
 妊娠・出産・育児に関するサポートを行い、妊婦さんが安心してお産が出来、その後の育児に向かえるよう支援させて頂きます。

安心・安全なお産を目指して ~緊急帝王切開チームの取り組み~ 2018年6月

 お産は正常に進行する事がほとんどですが、時には緊急な対応が必要になる事もあります。私たちは緊急時でもお母さんと赤ちゃんの安全が守れるよう、日頃から備ています。
 周産期センターの助産師とNICUの看護師が中心となり、産科医師や小児科医師と連携を図りながら活動をしています。
 また、緊急の帝王切開では手術室の看護師や麻酔科の医師などと協力して治療にあたります。そのため、周産期センターのスタッフだけではなく手術室のスタッフとも連携し、お母さんが安心して出産できる環境づくりを心掛けています。
 全てのお産がお母さんと赤ちゃん、ご家族にとって良いお産となることがスタッフ一同の願いです。
 皆さんのお産のお手伝いができることを楽しみにお待ちしています。