グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > センター機能の紹介  > がん診療センター  > 放射線治療センター

放射線治療センター

放射線治療部門は、放射線治療を安全・安心に精度良く施行するために多くの業務を行っています。 放射線治療は悪性腫瘍治療の三本柱(手術・化学療法・放射線治療)の一つであり、人体の腫瘍部分に対して高エネルギー放射線を集中的に照射して治療する技術です。 放射線治療の正確な治療計画と確実な実施のためには高度な知識と技術が要求されます。放射線治療技術科のスタッフは国家資格を持った診療放射線技師であり、 医師、看護師、放射線治療専門技師、放射線治療品質管理士、医学物理士などのスタッフと協同して放射線治療に従事しています。


高精度放射線治療システム

放射線治療とは

放射線は手術、抗がん剤とともにがんの治療の中で重要な役割を果たしています。放射線は手術と同じく、がんとその周辺のみを治療する局所治療です。手術と異なるところは、臓器を摘出する必要がなく、臓器をもとのまま温存することができ、そのため治療の前と同じような生活をすることが可能な治療手段であることです。近年、放射線治療機器、放射線生物学やコンピューターが発達し、放射線治療は急速に進歩してきました。がん組織に多くの放射線量を照射し、周囲の正常組織にはできるだけ少ない量の放射線を照射することができるようになってきて、がんを治せる可能性が高くなり、しかも副作用の少ない放射線治療が実現してきています。

放射線治療の方法

放射線は以下の治療を目的としての治療から、症状を和らげるための治療まで幅広い役割を担っています。

1.治癒目的の治療(根治治療)

1. 放射線治療単独、(場合によっては抗がん剤と併用して行う)治療
放射線治療における基本的な照射法である外部照射法には、1門照射、対向2門照射、直交2門照射、多門照射、3門照射、4門照射、運動照射、振子照射、原体照射など様々な照射方法があり、治療部位に合わせて選択します。

2. 手術の前、後の治療(術前、術後治療)
手術において周囲の組織に散らばるおそれのあるがん細胞をあらかじめ可能なかぎり殺しておくためや、がんを小さくして手術をしやすくしたりするために手術前に放射線治療を行います。また、手術後には手術で切除しきれずに残った部位の再発の可能性を下げるために放射線治療をします。

3. 手術後再発に対する治療
手術をした部位から再発したがんは、遠隔転移がなければ放射線治療で治癒できる可能性があります。抗がん剤と併用して治療することもあります。再発したがんによる症状を緩和する目的でも放射線治療が行われます。

4. 全身照射
骨髄移植を施行する直前に、免疫力を落として移植される骨髄がうまく生着するためや、白血病などの再発を減らすために行います。

5. 術中照射
手術中にがん組織に放射線照射をする方法です。直接確認して確実にがん組織に照射することができ、がん組織周囲の腸管などの放射線に弱い組織を避けて治療ができます。

2.がんによる痛みなどの症状を和らげるための治療(緩和治療)

骨転移による痛み、脳転移による神経症状、がん組織による気管、血管、神経などの圧迫による症状を和らげます。生存期間を延ばすことにはあまり寄与しないかもしれませんが、QOL(生活の質)を向上することが可能な治療です。

当院での照射方法

当院では以下の治療方法を行うことができます。

1.外部照射法

(1) 外部照射

外部照射は、高いエネルギーのX線や電子線などを、体の外から照射する方法です。当院では、強度変調放射線治療(IMRT)や画像誘導放射線治療(IGRT)が可能で、より高精度な放射線治療の実施可能なノバリスTx放射線治療装置が2台稼働しています。これには画像誘導装置が3種類装備されており、治療部位に合わせた撮影方法を選択して、正確に位置照合することが可能です。

ExacTrac X-Ray
  • KV-X線画像をステレオ撮像し3D画像照合
  • コプラナー、ノンコプラナー照射の両方に対応 ほぼ全ての治療でIGRTが可能
  • 6軸Robotic couchによる精密患者位置補正(X、Y、Z、Yaw、Pitch、Rollの補正が可能)

On-Board Imager(OBI)
  • KV Cone Beam CTによる3D Volume画像照合
  • コプラナー照射の治療でIGRTが可能
  • Cone Beam CTにより軟部組織の確認が可能

このコンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

このコンテンツをご覧になるためには、Adobe FlashPlayer® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

(2) 強度変調放射線治療(IMRT)、回転強度変調放射線治療(VMAT)

強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy:IMRT)は、照射野内の線量強度を変化させたビームによる多方向からの照射によって腫瘍体積に線量を集中させる照射法です。病巣への原体性(conformity)を向上させて、リスク臓器の線量を十分に抑制しつつ投与線量の増加(dose escalation)を実現可能とします。

このコンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

このコンテンツをご覧になるためには、Adobe FlashPlayer® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

このコンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

このコンテンツをご覧になるためには、Adobe FlashPlayer® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

IMRTでは、マルチリーフコリメーターを動かすことによって、放射線に強弱をつけて照射することができます。

強弱をつけた放射線を多方向から照射することで、治療部位の形に合わせて放射線をあてることができます。

回転強度変調放射線治療 (VMAT:Volumetric Modulated Arc Therapy)
回転強度変調放射線治療とは、がんの形状に合わせた照射を行うために、リニアックと呼ばれる放射線照射装置を回転させながら放射線照射を行う治療方法です。装置が静止した状態で行う現行のIMRT照射法と比べて、治療の質は変わらずに毎回の照射に要する時間を大幅に短縮することができます。

(3) 定位放射線治療

定位放射線照射は、小さな病変に対して多方向から細い線束(ナロービーム)により放射線を集中させ、病巣に高線量を投与できる照射方法です。ノバリスTxは、頭部・頸部だけでなく、脊椎や肺、肝臓、前立腺等の体幹部にも適用可能な定位放射線治療装置です。
これまでの頭部の治療では、高精度に行うために頭部を金属フレームで固定(頭蓋骨にスクリュー固定)していましたが、当院のノバリスTxでは、治療中の動きを抑制する特殊な樹脂性マスクのみを使用します。

このコンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

このコンテンツをご覧になるためには、Adobe FlashPlayer® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ノバリスTxに装備された画像誘導装置(Exac Trac X-ray, OBI, CBCT)にて、治療台の上の患者様の位置のズレを計算し、正確に照射位置を調整して治療を行うことが可能です。

このコンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

このコンテンツをご覧になるためには、Adobe FlashPlayer® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

保険による定位放射線治療が認められているのは、頭頸部腫瘍と体幹部では以下の疾患となります。
  • 5cm以下で転移のない肺癌あるいは肝癌
  • 他に病巣がない3個以下の肺転移または肝転移
  • 脊髄動静脈奇形

2.前立腺がんの小線源治療

前立腺癌の放射線による治療法の一つにシード線源による前立腺永久挿入密封小線源治療があります。この治療法は主に腫瘍が前立腺内に限局した早期がんに適応されます。手術と比較して体への負担が少なく、また治療効果もほぼ同等の成績が得られています。

3.内用療法

放射性同位元素で標識した薬剤を経口または静脈投与し、標的となる臓器や悪性腫瘍に選択的に取り込ませ、体内で放射線照射を行う治療が内用療法です。
当院では、甲状腺がんに対する術後のアブレーション、バセドウ病、去勢抵抗性前立腺がんの骨転移に対する治療を実施しています。
(1)甲状腺がんに対する術後のアブレーション
手術で甲状腺を完全に取り除いても、目では見えない微量の甲状腺組織が残る場合があります。アブレーションは放射性ヨウ素の入ったカプセルを飲むことで、残っている甲状腺組織だけを攻撃し完全に取り除く治療です、かつその後の再発診断の精度を上げます。

(2)バセドウ病に対するI-131内用療法
バセドウ病は甲状腺ホルモンが過剰に生産されて起こります。内用療法は放射性ヨウ素のカプセルを内服し、放射性ヨウ素を甲状腺に取り込ませ甲状腺組織を破壊し甲状腺を小さくしホルモンを生産する力を弱くする治療法です。

(3)去勢抵抗性前立腺がん骨転移に対するRa-223内用療法
ラジウムー223は、骨の成分であるカルシウムと同じように骨に集まりやすい性質があり、注射で体内に送られると、代謝が活発になっているがんの骨転移巣に多く運ばれます、ラジウム-223から放出されるアルファ線が骨に転移した、がん細胞の増殖をおさえ全生存期間の延長を期待します。
塩化ストロンチウムの安全性について日本メジフィジックス株式会社ホームページ(別ウィンドウで開きます)

当院の治療実績

年度別集計

原発巣別新規患者数
2014年度2015年度2016年度2017年度2018年度
脳・脊髄52275
頭頸部(甲状腺を含む)12710615
食道1610994
肺・気管・縦隔8290947966
  • うち肺
8089927464
乳腺5170656158
肝・胆・膵131319715
胃・小腸・結腸・直腸1016121527
婦人科1061193
泌尿器系7181628188
  • うち前立腺
6676526871
造血系リンパ系1110101512
皮膚・骨・軟部1115
その他(悪性)2252
良性9176213
15歳以下の小児例10
脳および骨転移治療患者実人数(新患+再患)
2014年度2015年度2016年度2017年度2018年度
脳転移6262627667
骨転移6282708995
特殊放射線治療実患者数
2014年度2015年度2016年度2017年度2018年度
定位(脳)照射3836254254
定位(体幹部)照射1728252524
IMRT839492118118
前立腺密封小線源治療2828181830
ストロンチウム内用療法1411542

放射線治療までの流れ

放射線治療を実施するまでの流れは、患者様の診察から始まります。

医師との相談によって治療方針が決定した後、治療計画を行うために必要な画像(CT画像、X線画像、MRI画像など)の取得を行います。このときに、治療する際の姿勢を安楽に、かつ、精度良く再現できるように患者様個々にカスタマイズした固定具を決定します。部位によっては、熱可塑性シェルやバキュームクッションを使って身体の形に合わせた固定具を作成します

取得した画像を用いてコンピュータシミュレーションを行い、最適な治療装置、治療ビームエネルギー、治療方向、そのほかの治療条件を決定します。

実際の治療では、コンピュータシミュレーションと同じ位置に患者様をセットアップして、画像誘導装置を用いて位置の照合を行い、位置の確認を行った後に照射を行います。

治療完了後には、治療結果の解析や晩期有害事象に対するフォローアップのために定期的な診察が行われます。

放射線治療による有害事象

放射線治療による有害事象(副作用)は、急性有害事象と晩期有害事象に分けられます。 急性有害事象は照射期間中に発症する急性の炎症であり可逆性(時間が経過すると回復することが多い)ですが、晩期有害事象は組織の萎縮や壊死であり、 不可逆性(回復しない障害)であることが重要です。晩期有害事象は、その発症時期が照射終了後90日以降に出現するものを目安としています。 有害事象の発生する確率は、照射部位、正常組織との距離などいろいろな要因があるので治療開始前に医師が説明をおこなっています。

放射線治療機器

1.医療用直線加速器

磐田市立総合病院では、外来東館を新設し、1階の放射線治療科に最新鋭の高精度放射線治療装置(ノバリスTx)を2台同時に導入し、数ヶ月をかけた受入試験、ビームデータ取得、各治療システムの精度検証を経て平成24年6月4日より治療を開始しています。 ノバリスTxは、治療精度の向上および治療時間の短縮を実現した世界最高峰の高精度放射線治療システムで、 この装置を2台同時導入したのは、国内では初めてです。

ノバリスTxには画像誘導装置が3種類装備されており、治療寝台に寝ていただいた患者さんに対して、 ①皮膚表面を赤外線により、②骨格を2方向のX線撮影により、③腫瘍の位置をコーンビームCTにより、正確に位置照合することが可能です。 また、6軸寝台が装備され、こまでの3方向平行移動に加えて回転方向3軸のより精度の高い位置合わせが可能となりました。 さらに、2.5 mm幅のマイクロマルチリーフとよばれる絞りによって、小さな病巣に対しても正確な照射が可能です。

2.放射線治療計画用CT

従来のCT装置では、治療用の治具をつけた状態で患者撮影をする場合には、 CTガントリーに接触してしまう可能性があり、注意が必要でしたが、当院の放射線治療計画用CT(Optima CT580 W)では、80cmという大開口径により、 放射線治療器と同じ姿勢、体位、治具をつけて撮影が容易となりました。また、開口径を広くしても800mAという高出力により、体格の大きな患者さんでも 高画質が維持できます。
平成25年度から逐次近時計算アルゴリズム(GE社:ASiR)を導入し、被ばく線量の低減を可能としました。 治療計画用や治療位置精度の確認のためのCTなど、被ばく線量と必要とされる画質のバランスを考慮し最適な撮影を行っています。

放射線治療患者さんのCT撮影法
体幹部の放射線治療において、腫瘍の呼吸性移動を考えて、 様々な対策が行われてきました。Optima CT580 Wでは、浅呼吸下での4秒SlowScan法や、呼吸停止時での高速0.5秒Helical撮影が可能です。 また、バリアンメディカルシステムズ株式会社のRPMシステム呼吸監視デバイスを利用した自由呼吸下での4DCT撮影も可能です。 患者さんの呼吸による臓器の動きを把握する事で腫瘍の移動距離を三次元的に把握することが可能です。全呼吸相ではなく、RPMからの呼吸波形をもとに、ある位相に達した時相のみのCT撮影も可能です。

3.治療計画装置

3種類の放射線治療計画シミュレーションシステム(Eclipse、iplan、XiO)を導入し、 精度の高い計算アルゴリズムを用いて、CTやMRIの画像を用いた照射前の放射線投与シミュレーションが正確に行えるようになりました。

4.X線シミュレーター(Acuity)

Acuityは、二次元治療計画から、高度な治療モダリティのシミュレーションを 可能にした、最新鋭のX線シミュレーターです。加速器と同じ幾何学的な配置・精度は、実際の治療時と同様の体位での固定具作成、腫瘍の動態観察などが可能です。
コーンビームCTの撮影が可能で、2次元的な位置の解析に加えて3次元的な解析も可能です。
また、前立腺小線源治療の際にも、留置したシード線源の位置確認に使用します。

5.前立腺小線源治療 治療計画装置

Oncentra Seedは、オランダNucletron社製の密封小線源治療計画システムです。 当院では、前立腺密封小線源治療の治療計画のために使用しており、CT / MRIおよびエコー画像を用いて治療計画を行い、治療後の評価も行います。

医療スタッフ紹介

放射線治療にはいろいろな職種の人たちのかかわりが必要です。 磐田市立総合病院では、医師、診療放射線技師、医学物理士、看護師、医療補助員、医療事務作業補助員、受付事務が協力して毎日の治療を行っています。 当院では、放射線治療専門医とともに医学物理士3名、放射線治療専門技師2名、放射線治療専従の診療放射線技師8名、放射線治療品質管理士、 看護師、医療補助員、医療事務作業補助員、受付が放射線治療のチームとして、より高い治療の質の追求や患者サービスの向上に努めています。

医師

個々の疾患に対する放射線治療の方針決定、治療計画、治療期間中・終了後の診察などを行います。
氏名所属職名資格所属学会
今井 美智子放射線治療科放射線治療科部長 兼
放射線治療センター長
放射線治療専門医
がん治療認定医
日本放射線腫瘍学会
日本医学放射線学会専門医研修指導者
放射線治療専門医
癌治療学会
日本頭頸部腫瘍学会
日本がん治療認定医
緩和ケア研修(PEACE)修了
佐藤 潤呼吸器内科呼吸器内科部長呼吸器内科専門医
気管支鏡専門医
がん治療認定医
日本放射線腫瘍学会
日本内科学会
日本肺癌学会
水野 卓爾泌尿器科泌尿器科部長泌尿器科専門医日本泌尿器科学会

診療放射線技師

放射線治療医によって決定された治療部位への照射を行います。また、医学物理士と協力して治療機器の品質管理なども行っています。 現在、8名の診療放射線技師が患者様の治療に携わっています。

放射線治療専門放射線技師

認定機構から認定された放射線治療専門放射線技師は、放射線治療技術のエキスパートです。 豊富な経験と知識を生かして、安全で正確な放射線治療に貢献します。
氏名所属資格所属学会
河村 健二放射線治療技術科放射線治療専門放射線技師
放射線治療品質管理士
日本放射線技術学会
三浦 祐揮放射線治療技術科放射線治療専門放射線技師
第1種放射線取扱主任者
医療情報技師
放射線治療品質管理士
日本放射線技術学会

医学物理士

放射線治療医とともに治療計画における照射線量分布の最適化および評価を行います。 また、診療放射線技師と協力して治療機器の品質管理を行っています。
「医学物理室」ページはこちらからご覧いただけます。
氏名所属資格所属学会
塩田 泰生放射線治療技術科
医学物理室
医学物理士日本医学物理学会
日本放射線腫瘍学会
三浦 正稔放射線治療技術科
医学物理室
医学物理士日本医学物理学会
日本放射線技術学会
日本放射線腫瘍学会

放射線治療品質管理士

放射線治療の質の向上を目的とし、放射線治療の品質管理に関わる業務を行います。
氏名所属資格所属学会
塩田 泰生放射線治療技術科
医学物理室
医学物理士
放射線治療品質管理士
日本医学物理学会
日本放射線腫瘍学会
河村 健二放射線治療技術科放射線治療専門放射線技師
放射線治療品質管理士
日本放射線技術学会
三浦 祐揮放射線治療技術科放射線治療専門放射線技師
第1種放射線取扱主任者
医療情報技師
放射線治療品質管理士
日本放射線技術学会

医療情報技師

氏名所属資格所属学会
大杉 正典放射線治療技術科
医療情報技師日本放射線技師会
日本放射線技術学会
医療情報技師会
竹内 由樹放射線治療技術科医療情報技師日本放射線技術学会
三浦 祐揮放射線治療技術科放射線治療専門放射線技師
第1種放射線取扱主任者
医療情報技師
放射線治療品質管理士
日本放射線技術学会
竹田 源放射線治療技術科医療情報技師日本放射線技術学会

放射線治療専任看護師

治療開始時に治療についてのオリエンテーションや、治療期間中に発生する副作用への指導や日常生活への援助を行います。

医療補助員

医師や看護師の補助、治療を受けられる患者様のご案内や更衣の介助などいろいろな補助業務を行います。

医療事務作業補助員

診断書などの文書作成、処方箋の作成、検査の予約などを医師の指示のもとで医師に代わって行います。

受付事務

毎日の治療患者様の管理や、患者様ごとに設定された予定等の確認をします。また、院内外からのお問い合わせの初期対応をします。

前立腺密封小線源治療

密封小線源永久挿入治療とは、早期の前立腺癌において生体に無害なチタニウムカプセル(長さ約4.5mm、直径約0.8mm)に封入された放射線源(ヨウ素125)を、永久的に前立腺内に挿入して放射線を照射する治療法です。シードの数は患者様の前立腺の大きさや形状に合わせて50~100個ほど挿入します。
挿入されたシードから約1年の間ゆっくりと放射線が放出され、前立腺のがん細胞を死滅させます。放出する放射線は徐々に弱くなり1年後にはほとんどゼロになります。放出される放射線のエネルギーが低いので前立腺周囲にある臓器に届く放射線の量は少なく、合併症の発生率が少なくなります。また、家族など周囲の人に与える放射線の影響はほとんどありません。

体外から放射線を照射する方法との比較
先に述べたように、体外から放射線を照射する方法に比べると放射線障害の発生率は低いのですが、前立腺の周りにある臓器(直腸、膀胱、尿道)への影響は全くないわけではありません。また、適応も狭まり、腫瘍が前立腺内に限局している場合に限ります。
線源を体内に挿入するため、治療時に麻酔やアプリケータ針の刺入による侵襲は避けられません。

手術との比較
放射線を照射するため、放射線障害を生じる可能性があります。
また、手術と同等の治療成績ですがそれ以上の治療効果は望めません。

治療の手技

麻酔をかけた上で、両脚を挙げて、肛門から超音波のプローブを挿入します。挿入された超音波の画像を見ながら、会陰部(陰嚢と肛門の間)から前立腺内へ筒状の針を挿入し、その針を通してシードを挿入します。針を挿入する位置、線源を留置する場所はコンピュータで計算して線源が挿入されていきます。全部で50~100個ほどの線源が留置されることになります。

治療の適応

この治療法は腫瘍が前立腺内に限局した早期の前立腺癌が基本的な適応となります。適応については、病院での様々な検査により診断をして最終決定していきます。

当院での治療対象は、
  • 診断時のPSA値が20ng/ml未満
  • 臨床病期がT1c、T2a、T2b-2c
  • 前立腺体積が20~40ml(40ml以上の場合はホルモン療法で体積を縮小させてから行います)
などの条件を満たした早期の前立腺癌です。

それぞれの方の病状に合わせて、実際の放射線治療法は異なりますので、当院の専門医とよくご相談下さい。

経過観察

放射線照射後のがん細胞は1~2年程かけて徐々に死滅していきます。再発出現の有無は、定期的に血液検査を行いPSA値を見ていきます。再発がない場合にはPSA値は1年から数年かけて徐々に減少し、ある程度下がった所で安定します。局所再発もしくは転移が生じた時には、そのほとんどの場合にPSA値が上昇してきます。
治療後の炎症が軽快する1ヶ月後に当院の泌尿器科と放射線治療科を受診し、最終的な線源の配置を確認するためにCT、MRI検査を受けていただきます。当院での挿入後のチェックが終了した後は、かかりつけの医療機関で約3ヶ月毎に血液検査でPSA値の確認をして、経過をみていきます。

治療費について

この治療法は線源代を含め保険適用となります。ただし、入院中は放射線源に対する個室管理が必要です。

(注)患者さん自身の御都合による治療の延期・中止に際しては線源代のみ実費にて、お支払いいだだきますので、御承知おきください。(例:挿入線源数80個の場合、約480,000円)

退院後の注意

体内に挿入された放射線源から出る放射線はエネルギーが弱くほとんどは前立腺に吸収されます。周囲の方へ与える放射線量は人が自然に受けている放射線量よりも低く安全であることがわかっています。しかし、一定の期間は周囲の方への配慮が必要です。法律で定められたルールは守る必要があり、注意が必要です。

治療後1年以内死亡時の対応

治療から1年以内に患者様が死亡されたときは、病理解剖にて(前立腺ごと)シード線源を摘出することが法律で義務付けられています。このことについて、あらかじめ患者様やご家族の方の同意を得た上で本治療を受けていただきます。

windowsMediaPlayer

動画と音声の再生には、最新のWindows Media Player® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。