グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > センター機能の紹介  > がん診療センター

がん診療センター

がん診療センターは、患者さんにとって最善のがん医療を提供できるように企画し、調整する役割を担っています。このため、がん診療センターでは、「外来化学療法センター」「放射線治療センター」「緩和ケアセンター」「がん相談支援センター」「がんゲノム診療センター」の5センターに加えて、歯科口腔外科、栄養科、薬剤部といった各部門とも連携をとり、診療科・職種横断的なチーム医療で充実したがん診療を提供できるように取り組んでいます。そして、がん医療に関わるデータ集積と情報発信、医療者や患者さん、ご家族、市民に対するがん治療の情報の提供を行っております。
地域の患者さんにより良い医療を提供するため、今後もがんゲノム医療の充実を図って参ります。また、学校における「がん教育」にも積極的に取り組んでいます。
中東遠地域のがん診療を牽引する「地域がん診療連携拠点病院」としても役割はとても重要です。これからも「医療の原点は思いやり」の病院理念に沿って、患者さん中心の優しいがん医療の提供に努め、患者さんやご家族の不安や悩みに応えられる診療体制を目指します。
皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

地域がん診療連携拠点病院とは

地域がん診療連携拠点病院とは、専門的ながん医療の提供、地域のがん医療の連携協力体制の整備、患者さん・地域住民の皆さんへの相談支援や情報提供などの役割を担う病院です。当院は、国が定める指定要件を満たし、各地域でがん診療の中心的役割を果たす病院として厚生労働大臣から指定されています。2010年に指定され、以後更新を続けています。

県内の地域がん診療連携拠点病院

  • 静岡県立総合病院(高度型)
  • 藤枝市立総合病院(高度型)
  • 浜松医科大学医学部附属病院(高度型)
  • 順天堂大学医学部医学部附属静岡病院
  • 静岡市立静岡病院
  • 磐田市立総合病院
  • 聖隷三方原病院
  • 聖隷浜松病院
  • 浜松医療センター
静岡がんセンターは、静岡県の中心的役割を果たす都道府県がん診療連携拠点病院です。

地域がん診療拠点病院としての取り組み

市民公開講座

2019年6月 市民公開講座

年2回開催している市民公開講座のうち1回は「がん」に関するテーマを扱い、広く住民の皆様にがんに対する理解の普及、 啓発、及び治療法等の情報提供を行っています。
※詳しくは「市民公開講座」ページをご覧ください。

がん征圧月間ミニセミナー・ポスター展示

毎年9月は、がん征圧月間となっています。外来診療の待ち時間や入院治療中の方を中心に、当院の医療スタッフからがん診療に関する幅広い情報提供を行っています。また、当院ロビーにおいて、がん診療に関する情報展示コーナーを設け、当院のがん診療に関するお知らせを行っています。

がん征圧月間 ミニセミナー

がん征圧月間 ポスター展示

がん教育

高校生対象のがん教育

平成27年度から中東遠地区の高校生に向けて、各校の教員の方と相談しながら、がんに関する教育を行っています。

キャンサーボード

消化器系、呼吸器系ならびに乳腺の領域別キャンサーボードを年間120回以上開催しています。キャンサーボードでは、患者さんの病態や社会的背景を含めて全人的に把握し、検討のうえ個々の患者さんに最適な医療を提供できるよう努めています。これとは別に、原発不明がんを含むさまざまなテーマについて手術、薬物療法、放射線療法、病理、画像診断領域の医師等に加えて、看護師、薬剤師、放射線診療・臨床検査技師、療法士、栄養士等の多職種が、患者さんの症状、状態及び治療方針等について意見交換・共有・検討・確認を行うキャンサーボードも毎月開催しており、チームとなってがん診療に取り組んでいます。

がん地域連携パス

がん診療連携パスとは、5大がんに加えて、2014年に乳がん骨転移、2017年に前立腺がんを加えた7種を運用しています。中東遠医療圏における地域共通パスとして運用できるような様式となるよう中東遠総合医療センターならびに各医師会との調整のうえ、当院が提案した様式を使用し、連携先の要望なども参考に、改訂しています。がん地域連携パスは、地域におけるがん患者支援とがん診療の均霑化のために有効活用されています。

がん地域連携パス

サポート体制

セカンドオピニオン外来

当院以外の医療機関に受診されている患者さんで、診断や治療方法について、当院医師による第2の意見(セカンドオピニオン)を 希望される方を対象にセカンドオピニオン外来を開設しています。

※詳しくは「セカンドオピニオン外来」ページをご覧ください。

リンパ浮腫外来

※詳しくは「リンパ浮腫外来」ページをご覧ください。

スキンケア外来

ストーマの方は、専門の資格を持った看護師(皮膚排泄ケア認定看護師)が担当する「スキンケア外来」でサポートを受けられます。装具の選択、スキントラブルなどお困りのことがありましたら主治医にご相談ください。

がん看護外来

がん関連分野の認定看護師が、患者さんやご家族の心配・不安の軽減、苦痛の緩和、問題点の解決などをサポートします。また、外来診療や入院病棟における医師からの病状説明に同席し、病状や治療に関する理解・意思決定を支援しています。
認定看護師との面談を希望される場合は、主治医やお近くのスタッフ、またはがん相談支援センターへご相談ください。

認定薬剤師による薬相談

抗がん剤治療を受けている患者さんに、専門の資格を持った薬剤師(がん薬物療法認定薬剤師)が、薬剤のご説明を行います。副作用の心配や日常生活における困りごとなど、抗がん剤治療全般のご相談に応じています。

健診センター

がん診療は早期発見、早期治療が最も大切です。当院では早期発見に力を入れるべく、 健診センターでの基本の健診項目だけでなく、がん検査をオプションとして用意しております。
※詳しくは「健康診断のご案内」をご覧ください。

医療従事者向け研修会

がん医療に携わる院内や地域の医療従事者の知識の習得及び技術の向上を図るため、様々な研修会を開催しています。

がん診療従事者研修会

院内や地域の医療従事者を対象にがん診療に関する最新の情報提供など、様々な研修を実施しています。

2019年第2回 がんセミナー

がん医療従事者研修

緩和ケア研修会

がん診療に携わる医療従事者が緩和ケアについての基本的な知識を習得し、 がん治療の初期の段階から広く緩和ケアが提供されることを目的に年2回毎年開催しています。

がん看護セミナー

2019年がん看護セミナー

院内や地域の看護師等を対象にがん診療に関する知識や情報提供を行い、地域のがん看護の質の維持向上を図ることで、患者さんの診療や生活の質の向上につなげられるよう研修を実施しています。
※研修修了者一覧はがん関連認定医・専門医一覧をご覧ください。