グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > センター機能の紹介  > がん診療センター  > がんゲノム診療センター

がんゲノム診療センター

がんゲノム医療とは

ゲノムとは、遺伝子をはじめとする遺伝情報の全体のことです。
『がんゲノム医療』により、がん細胞のゲノムを調べて、どの遺伝子に変化が起こっているのかを知り、それぞれの患者さんのがんがどのような性質のがんなのか、どのような治療法が適しているのかを選択できます。

がんゲノム診療センターについて

当センターは、多くの遺伝子の異常を一度に調べる検査『がん遺伝子パネル検査』が提供できる、がんゲノム医療連携病院に当院が指定されることを目指します。

がん遺伝子パネル検査について

現在、県西部のがんゲノム医療連携病院は、浜松医科大学医学部附属病院、浜松医療センター、総合病院聖隷浜松病院、総合病院聖隷三方原病院であり、がん遺伝子パネル検査を実施する場合はご紹介いたします。
また、がん遺伝子パネル検査については、国立がん研究センター がんゲノム情報管理センター(C-CAT)の「がんゲノム医療とがん遺伝子パネル検査」ウェブサイトでも紹介されていますので、バナーをクリックしてご覧ください。

当院でのがんゲノム医療について

当院では、特定の分子標的薬を使用するかどうかを判定する遺伝子検査を行っています。
新薬が次々に登場して、選択肢が広がってきており、当院での検査数も年々増加しています(図1)。
主な遺伝子検査とがん腫の一覧です。
  • EGFR遺伝子変異:肺がん、大腸がんなど
  • HER2遺伝子増幅(ERBB2コピー数異常):乳がん、胃がんなど
  • RAS遺伝子変異(KRASおよびNRAS):大腸がん、肺がんなど
  • BRAF遺伝子変異(V600EまたはV600K):皮膚がん(悪性黒色腫)、甲状腺がん、大腸がん、肺がんなど
  • ALK融合遺伝子:肺がん、乳がんなど
  • ROS1融合遺伝子:肺がん、脳腫瘍(膠芽腫)など
  • 高頻度マイクロサテロイト不安定性(MSI-H):大腸がん、小腸がんを含む様々な臓器のがん
  • BRCA遺伝子変異:乳がん、卵巣がん、前立腺がん、膵がん

補足

個々の患者さんの病態・タイミングなどに応じて検査します。
検査の種類によって切除や生検した病理検体または血液を用い、検体量や保存期間などを確認する必要があります。
がんゲノム医療は、がんの治療のために行いますが、生まれもった遺伝子の違いで発病する遺伝性腫瘍(家族性腫瘍ともいいます)が疑われることがあります。遺伝性腫瘍は子孫に伝えられ得るので、医学的だけでなく心理学や家族への影響も含めた支援(遺伝カウンセリング外来をはじめとしたチーム医療)を提供いたします。

スタッフ構成

遺伝カウンセリング外来について

病気と遺伝のことについて、ひとりひとりに合った正確な情報提供を行います。
治療・健康管理(検診)などの選択肢について、どのようなものがあって、どう選んで決めるとよいかを一緒に考えます。

遺伝カウンセリング外来について

開 催 日 毎月第3水曜日 14:00~16:00
場   所 磐田市立総合病院 外来東館2階 64番受付
料   金 カウンセリング料金 1時間 10,530円 自費診療(保険適応外)
お問合せ先 磐田市立総合病院 患者相談支援室
      電話 0538-38-5000(代表) 受付時間(8:15~17:00)