グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > センター機能の紹介  > がん診療センター  > 外来化学療法センター

外来化学療法センター

このページの目次


紹介・役割

外来で化学療法を受けられる方専用の治療室です。医師・看護師・薬剤師など専門のスタッフがいます。
中には専用の薬剤混注室があり、安全にスピーディーに患者さんに薬剤をお届けしています。
毎朝スタッフでカンファレンスを行い、患者さんの情報を共有ることで、きめ細かな対応を心掛けています。

アピアランスコーナー

 アピアランスとは、外見・外観・容姿・見かけなどのこと。
 手術・がん化学療法・放射線などのがんの治療は、傷あと・脱毛・皮膚の変色・爪の変化など、患者さんの身体にさまざまな外見の変化をもたらします。病気を治すために仕方のないこととわかっていても、外見が変わってしまうのは、患者さんにとって大きなストレスになります。特に女性の患者さんは、治療中、外見が気になって外に出られない、気持ちが沈む、治療の意欲が湧かないという意見もあります。
 そんな、患者さんの外見に関する不安や悩みを少しでも軽くして、治療中も今までどおり、自分らしく過ごしていただくために、外来化学療法室の中にアピアランスコーナーを開設しました。

スタッフ紹介

名前職名出身校取得年資格
飛田 規副病院長 兼
外来化学療法センター長
がん診療センター長
秋田大昭和59年日本内科学会認定医、指導医
総合内科専門医
日本血液学会専門医、指導医
日本臨床検査医学会専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本輸血・細胞治療学会認定医
インフェクションコントロールドクター
日本がん治療認定医機構認定医
細胞治療認定管理師
緩和ケア研修(PEACE)修了
飯田 みつえ看護師日本看護協会 がん化学療法看護認定看護師
廣瀬 和昭薬剤師日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師
鈴木 直哉薬剤師日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師
後藤 敏也薬剤師日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師
日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師

※この他、外来・病棟看護師が協働しながら治療のサポートにあたっています。また、必要に応じて、歯科衛生士・栄養士・MSW・臨床心理士・緩和ケアスタッフなどの専門家と連携し、外来通院をされている患者さん・ご家族に適切な支援が提供できるよう努めております。

統計

外来化学療法室の利用件数

年間4000件を超える利用件数です。

がん種別 治療件数(2018年)