グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > センター機能の紹介  > がん診療センター  > AYA世代がん診療について

AYA世代がん診療について

AYA世代とは

AYA世代とは、Adolescent and Young Adult(思春期・若年成人)の頭文字をとったもので、15歳から30歳代までの世代を示しています。AYA世代は、進学、就職、子どもの誕生など夢と希望にあふれた年代といわれています。多くの人にとって親から自立したり、生活の中心が家庭や学校から社会での活動に移行したりしていくなど、大きな転換期を迎える時であり、人生にとても重要な時期でもあります。

AYA世代のがんについて

特徴

AYA世代のがんの罹患数は非常に少なく、当院では2019年の新規がん発症数は全体の3.5%でした。世界的にも4~5%程度といわれています。AYA世代に発症するがんは、発生率が低い上に、臓器や組織型がさまざまです。25歳未満では希少がん(卵巣・精巣腫瘍、軟部肉腫、脳腫瘍、メラノーマなど)や甲状腺がん、血液がん(白血病・リンパ腫)などが多いのが特徴です。25歳以上ではいわゆる5大がんと呼ばれるがんの中でも女性の乳がん、子宮頸がんが著しく増加し、さらに男女とも大腸がん、胃がん、肺がんも漸増し始めます。
当院の統計情報はこちら、「院内がん登録情報(AYA世代について)」をご覧ください。

影響

成長・発達段階で発症するがんであり、身体的な影響(がんそのものに加え、治療に伴う生殖機能への影響など)、社会的な影響(通勤や通学、就職、家族との関係、結婚や出産、経済的な負担など)をはじめとし、さまざまな影響があります。成人のがんに比べて情報が少なく、情報収集が難しい、相談できる人がいないなど、不安を抱く人も少なくありません。人生における重要なライフイベントが多く、患者さん一人一人のニーズに合わせた支援が必要となってきます。

【参考】
AYA世代がん患者家族向け冊子 https://ayateam.jp/wp-content/uploads/2019/04/AYA.pdf
がん情報 https://ganjoho.jp/public/knowledge/about_aya.html

AYAサポートチームについて

当院にはAYA世代のがん患者さんとご家族を多職種で支援する【AYAサポートチーム】があります。がん治療や緩和ケアに携わる医師、がんや小児領域を専門とする看護師、薬剤師、MSW、臨床心理士、栄養士、リハビリ、がん相談支援センター相談員などの多職種が協働し、患者さん・ご家族の治療や療養、生活上の問題点や悩みについて、多角的な視点から必要なサポートを検討し、支援を行います。

メンバーと役割

職種役割その他
医師AYA世代がんの治療や、緩和ケア、主科の医師と連携を行います。産婦人科、乳腺外科、血液内科、緩和医療科の医師がチームに参加しています。
看護師患者さんの様々な悩みを包括的に支援します。がん領域の認定看護師、がん相談支援センター相談員、小児看護専門看護師がチームに参加しています。
薬剤師薬物療法やその副作用、対処法などについて、説明や教育を行います。緩和ケアチーム担当の薬剤師(緩和薬物療法認定薬剤師)がチームに参加しています。
医療ソーシャルワーカー就学、就労、経済的なこと、利用可能な制度、ご家族に関することなどの支援について相談をお受けします。がん相談支援センターのMSWがチームに参加しています。
臨床心理士患者・家族の心理面のケア、お子さんのサポート、妊孕性に係る意思決定を支援します。がん・生殖医療専門心理士がチームに参加しています。
管理栄養士がん治療中、治療後の食事や栄養についてアドバイスを行います。がん病態栄養専門管理栄養士がチームに参加しています。
リハビリがん治療中の患者のADLの維持や、体力回復を支援します。各リハビリスタッフがチームに協力しています。
がん相談支援センター様々な悩みや疑問に対して、必要な情報収集や疑問解決をお手伝いします。多職種の相談員が、主科や各職種と連携して相談対応しています。

相談内容

◎病気や治療に関する不安、心配
◎治療内容や治療環境についての意思決定支援
◎治療費や経済的な問題についての相談、制度に関する情報提供
◎就労についての相談、仕事と治療の両立の支援
専門職による各種就労支援相談はこちら