グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > 5S活動

5S活動

はじめに

このページでは今年で10年目となった当院の5S活動について紹介します。

当院では、5S活動の視察を常時受付ております。
このホームページをご覧になって興味をもたれた方は、5S事務局までお気軽にご連絡ください。

平成22年4月に医療安全に関しての第一人者である河野龍太郎氏が来院されました。後日、河野龍太郎氏より当院に対しての率直なご感想(「磐田市立総合病院を見学して」)をいただきましたので紹介します。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


 当院では、2007年から北村病院長(当時)を中心とし、医療安全活動の一環として「5S活動」に取り組んできました。5S活動の目的は単にキレイであることを目指しているわけではなく、「医療安全文化の醸成」ならびに「病院経営を健全化」することです。医療安全の側面では、職員のヒューマンエラー削減に結びつけるための環境構築に視点を置いています。間違った物品の使用やモノを探す時間を極力無くし、働きやすい職場とするための具体的方策が5S活動ということです。一方、不良在庫を減らし、必要なモノを必要な場所に提供される仕組みとすることが病院経営の健全化となります。

<当院の救急カートの中身>
・緊急の際に間違えない仕組み
・緊急の薬 ≒ 重要な薬(管理しやすく)
・誰でも分かるように

<海外からの視察風景>
・視察入れ151件(国内147件、海外4件)※
・出張講演69件※  ※平成29年4月まで

当院では5Sの施設見学の受け入れや出張講演を行っております。