グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 当院について  > 患者様の権利と義務

患者様の権利と義務

当院を利用される患者様へ

当院が提供する医療は、患者様と医療従事者との相互の信頼関係の上に成り立つものと考えています。このような信頼関係を深め、より良い医療を行うため、「患者様の権利と義務」を以下のように定めました。患者様およびご家族の皆様のご協力をお願いいたします。

患者様の権利

  1. 患者様は、個人的背景の違いや病気の種類などにかかわらず、平等に診療を受けることができます。
  2. 患者様は、病名や治療方針について担当医師からわかりやすい言葉で十分な説明を受けることができます。そして、説明内容を理解し、納得した上で自らの意志で治療方法を選択する権利があります。
  3. 患者様は、医療従事者からの助言や協力を得た上で、自己の自由な意思に基づいて、希望しない検査や治療を断る権利があります。
  4. 患者様は、病気や治療内容に関して当院以外の医師から意見(セカンドオピニオン)を聞くことができます。また、自らの意思により転院を希望される場合は、情報提供を求めることができます。
  5. 患者様のプライバシーは保護・尊重されます。また、当院での診療内容については、患者様の同意がない限り、診療にかかわらない第三者に公表されることはありません。
  6. 患者様には、ご自身の診療記録について開示を求める権利があります。
  7. 研究途上にある医療に関しては、目的、方法および危険性などについて十分な情報提供を受けた上で、その医療を受けることを決定する権利と、何ら不利益を受けることなく、いつでもその医療を拒否する権利があります。

患者様の義務

  1. 適切な医療を提供するために、患者様自身の健康に関する情報をできるだけ正確に医療従事者に伝える義務があります。
  2. 患者様には、自ら選んだ治療方針に従って、治療に専念する義務があります。
  3. すべての患者様が静粛で快適な環境下での医療を受けられるよう、配慮する義務があります。 (他の患者様や病院職員に対する暴言・暴力等の迷惑行為があった場合には、診療を中止します。また入院中の場合は退院していただくことがあります。)
  4. 医療の対象は人であり、診療内容の多様化に加え、社会、経済、そして倫理等の様々な要因により、医療は本質的には不確実なものであるということを認識する義務があります。
  5. 病院内では、当院の規則(敷地内禁煙、携帯電話の使用場所等)および公共のルールを守って、他者の迷惑にならないように行動する義務があります。
  6. 患者様には、医療費の支払い請求を受けたときは、遅滞なく速やかにお支払いいただく義務があります。
平成24年7月1日改正
病院長

診療にあたってのお願い

 私たちは当院で定めた『患者様の権利』を順守し、より良い医療を提供するために日々最善を尽くしております。当院をご利用いただく患者様への健全な療養環境を確保することに加え、医療現場に従事する職員には安全な就業環境を提供していく責務があります。患者様、ご家族並びに関係者の皆様には『患者様の義務』に掲げた事項もご確認いただければ幸いです。
 少子高齢化に伴う社会構造・疾病構造の変化、医療技術の進歩に加え、新型コロナウィルス感染症の出現や多文化共生により、医療の現場は多様性への対応が求められる時代となっています。このような複雑化する時代だからこそ安心・安全な医療を提供する上で、医療提供側と受療者側双方の情報共有や合意形成が不可欠です。
 円滑な業務遂行にご協力いただきますようお願い申し上げると共に、以下のような安心・安全で静粛な勤務環境を乱すような迷惑行為や妨害行為は固くお断りすることを申し添えます。

  1. 円滑な診療を妨害する非協力的行為
  2. 再三の注意にもかかわらず、病院運営上必要なルールに従わない行為
  3. 業務、研修などの妨害につながる違法犯罪行為(パワーハラスメントやセクシャルハラスメント、ストーカー行為など)
  4. 病院の設備機器などに対する破壊行為
  5. 院内での飲酒や敷地内での喫煙行為

 上記のような円滑な業務を妨害する行為をやめるようにお願いしても聞き入れていただけない場合には警察の協力を仰ぎ、医療現場の環境を回復するよう努めます。
 なお、このような行為を行った患者様や関係者に対しては以後、受診の制限・停止や院内への立ち入りを禁止する場合があります。

2021年7月8日
病院長 鈴木 昌八