グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > 医療チームの紹介  > 脳卒中チーム

脳卒中チーム

脳卒中には血管が詰まるタイプの「脳梗塞」と、血管が破れるタイプの「脳出血」「くも膜下出血」があります。脳の神経は一旦だめになると回復しづらく、障害が残ることもあり、自力で生活することが難しくなります。
ちなみに脳卒中は寝たきりの原因第1位です。
発症した場合は迅速な対応が必要となります。医師のみならず看護師やリハビリスタッフなどが協働しチームで対応し患者さんの回復支援に向けて取り組んでおります。