グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 健康診断のご案内

健康診断のご案内

健診センター長ごあいさつ

人生100年時代に向けて

健診センター長
  齋田康彦

 日本人の平均寿命は、2016年には男性が80.98歳、女性が87.14歳に達しています。これからは、人生100年時代を見据えて健康管理を考えていく必要があります。
 心身ともに自立して日常生活が制限されず生活ができる期間を示す健康寿命を、2013年でみると、男性が71.19歳、女性が74.21歳であり、同年の平均寿命と比較すると男性が9.02歳、女性が12.4歳もの開きがあります。
 人生100年時代に向けて健康寿命を延ばすことが、有意義な人生をおくるために大切です。そのためには、日々健康的な生活を心がけるとともに、定期的に健康チェックをしてがんや心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病と呼ばれる病気の予防・早期発見に努めることが必要です。たとえ病気が見つかったとしても重症化する前に適切に治療を受けることで早く元の生活に戻ることが可能となります。
 磐田市立総合病院健診センターでは、一般企業健診の他、1日人間ドック、脳ドック、心臓ドック、心臓・脳ドッキングドックをはじめ、低線量肺がんCT検診、内臓脂肪測定CT検査、腫瘍マーカーなど各種オプション検査も取りそろえて皆様の健康チェックに役立つ健診を行っています。人生100年時代に備えた皆様の健康にお役に立てる健診センターを目指し、職員一同で取り組んでいます。
 皆様のご利用を心よりお待ちしています。

健診センターのご案内

 健康であるということは、何よりも大切なことです。当健診センターでは、生活習慣病の早期発見を目的とした人間ドックを実施しています。また、脳の疾患を対象とした脳ドック、心臓の疾患を対象とした心臓ドック、企業に勤める方、その家族の方々を対象とした健診も行っています。
 安心してゆとりある生活を送るためにも、定期的な健康診断を受けることをお勧めします。当健診センターでは、受診者様の要望に応えられる設備、スタッフを用意して、お待ちしております。
 ゆったりと落ち着いた雰囲気の中で健康診断をお受けください。

当健診センターの特徴

 当健診センターは、磐田市立総合病院に併設されており、二次健診・再検査や治療に向け、速やかな対応が可能です。検査結果に応じてより高機能・高精度な医療機器を用いた精密検査や、専門医による適切な治療へ引き継ぎます。
 また、磐田市立総合病院は「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けており、手術療法をはじめ、放射線による治療や化学療法を含め、高度ながん医療の提供も可能となっています。

健診項目

肺がんによる年間死亡数は最も多く、がんの中では生存率の低い病気であるといわれています。CTは断層像であるため、従来の胸部X線検査では画像上重なり合ってしまう臓器(心臓、骨、血管や横隔膜など)もないので、早期肺がんを疑うような小さな陰影や、淡い陰影を検出するのに有用です。


「予防に勝る治療なし」生活習慣病をはじめ、各種がんの早期発見、早期治療をめざします。年に一度はご自身の身体を見つめ直してみませんか。


高性能MRI(3テスラ)装置等を使用した画像診断を中心とするドックです。脳動脈瘤をはじめとする脳血管の異常や、脳腫瘍等を発見します。無症候性脳梗塞、認知症が発見されることもあります。


高性能CT(マルチスライスCT)装置を使用して、冠動脈(心臓を取り巻く動脈)の状態を調べます。狭心症や心筋梗塞の原因となる動脈硬化を早期発見します。


心臓ドックAコースと脳ドックAコースのドッキングドックです。総合診察では、それぞれの専門医から詳しい説明が受けられます


企業にお勤めの方、その家族の方の健康を守るための健診です。 当健診センターが契約している事業所にお勤めの方やその家族の方が利用できます。


ふるさと納税のお礼の品として「人間ドック」がご利用いただけます。


1日人間ドックの予約状況をご確認いただけます。