グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科  > 外科

外科

科の特徴

外傷による創傷処置、皮下膿瘍に対する切開排膿処置、体表のしこりに対する摘出術に加え、鼡径(そけい)ヘルニアや虫垂炎の治療も行っています。診療の結果、消化器外科や血管外科などの専門的治療が必要と思われる場合は各領域の専門医の外来で治療について相談していただきます。
成人および小児鼠径ヘルニアの治療はクリニカルパスによる短期間の入院診療として行っています。硬膜外麻酔、局所麻酔あるいは全身麻酔下に年間100例を超える手術を施行しています。なお、小児の鼠径ヘルニア手術は浜松医科大学小児外科専門医の協力のもとに行っています。

取り組み

■高度ながん手術を、医学的根拠に基づいて安全・確実に行っています。

■日常への早期復帰や生活の質の向上に向けて、腹腔鏡手術をはじめとした最新の治療を広く取り入れています。

■治療方法や治療時期に関しても、患者さんの希望に出来るだけ沿う様に努力しています。

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアとは

「そけいヘルニア(鼠径ヘルニア)」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てきてしまった状態のことを言います。一般の方には「脱腸」と呼ばれている病気です。おなかの壁は筋肉と筋膜で覆われて支えられています。鼠径部は筋肉と筋膜の重なりあっている部分ですが、支える力が弱いすきまがあります。筋膜に開いた小さな穴(内鼠径輪)が加齢と共に緩んで広がることなどにより、そこから腹膜や内臓がはみ出してしまうのが鼠径ヘルニアです。

症状

初期のころは、立った時とかお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきて柔らかいはれが感じられます。このはれは普通は指で押さえると引っ込みます。鼠径ヘルニアがあるからといって必ず手術をしなければならないというものでもありません。痛みなどの症状がなければ経過観察も可能ですが、手術をしなければ治すことはできません。はれが急に硬くなったり、膨れた部分が押さえても引っ込まなくなるとお腹が痛くなったり吐いたりします。ヘルニアの袋の中に腸管がはまり込んでしまう状態で、これをヘルニアのカントン(嵌頓)といい、急いで手術をしなければ、命にかかわることになります。

治療

ヘルニアは良性の病気です。ヘルニアは組織そのものが弱くなってすきまが広がってしまったために起こります。薬を飲んだり筋肉を鍛えるトレーニングをしたりしても治りません。治療法にはすきまを縫い縮める方法や筋膜・人工補強材などですきまを補強する方法などがあります。現在では、ポリプロピレン製の人工膜で筋膜の穴をふさぐメッシュ法が外科治療の主流です。患部に無理な力がかからないため、早期の日常生活復帰が可能です。

スタッフ紹介

名前職名出身校取得年専門分野資格
鈴木 昌八病院事業管理者
兼病院長
浜松医大昭和56年消化器
一般外科
肝胆膵外科
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本肝臓学会指導医・専門医
日本胆道学会指導医
日本がん治療認定医・暫定教育医
日本医師会認定産業医
浜松医科大学臨床教授
日本消化器外科学会評議員
日本消化器病学会評議員
日本臨床外科学会評議員
日本肝胆膵外科学会評議員
日本内視鏡外科学会評議員
緩和ケア研修(PEACE)修了
落合 秀人第2医療部長 兼
消化器外科部長 兼
救命救急副センター長
浜松医大平成2年消化器
一般外科
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会指導医・専門医 ・消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医
日本消化器病学会専門医
日本胆道学会指導医
日本腹部救急医学会認定医・暫定教育医
日本がん治療認定医・暫定教育医
日本臨床外科学会評議員
日本肝胆膵外科学会評議員
日本腹部救急医学会評議員
緩和ケア研修(PEACE)修了
松本 圭五消化器外科 部長浜松医大平成3年消化器
一般外科
日本外科学会専門医
日本がん治療認定医
マンモグラフィー読影認定医
緩和ケア研修(PEACE)修了
稲葉 圭介科長浜松医大平成6年消化器
一般外科
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本がん治療認定医・暫定教育医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本肝臓学会肝臓専門医
臨床研修指導医講習会修了
静岡県緩和ケア講習会修了
緩和ケア研修(PEACE)修了
深澤 貴子科長浜松医大平成7年消化器・肛門
一般外科
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本がん治療認定医・暫定教育医
消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会指導医
日本静脈経腸栄養学会認定TNT講習修了
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会修了
日本緩和医療学会暫定指導医
緩和ケア研修(PEACE)修了
日本臨床外科学会評議員
日本消化管学会胃腸科指導医・専門医
宇野 彰晋科長浜松医大平成08年消化器・肛門
一般外科
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本大腸肛門病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医・暫定教育医
日本静脈経腸栄養学会認定医
緩和ケア研修(PEACE)修了
神藤 修科長浜松医大平成09年消化器
一般外科
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般外科)
全国自治体病院協議会臨床研修指導医養成講習会
緩和ケア研修(PEACE)修了
日本老年医学会・全日本病院協会高齢者医療研修会【ワークショップ形式】
日本老年医学会・全日本病院協会高齢者医療研修会【座学形式】
日本肝胆膵外科学会評議員
日本ヘルニア学会評議員
川端 俊貴科長浜松医大平成11年消化器
一般外科
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医
臨床研修指導医講習会修了
静岡県単位型緩和ケア研修会修了
インフェクションコントロールドクター
飯野 一郎太科長浜松医大平成13年消化器
一般外科
日本外科学会専門医
緩和ケア研修(PEACE)修了
杉澤 良太科長長崎大学平成16年血管外科日本外科学会専門医
日本脈管学会専門医
腹部ステントグラフト指導医
弾性ストッキング・コンダクター
緩和ケア研修(PEACE)修了
石川 諄武医師浜松医大平成27年一般外科-
高木 徹医師旭川医科大平成28年一般外科-

診療統計

※消化器外科・血管外科の内容も含まれています。

診療実績

外科施行手術件数(外来手術を除く)
2013年2014年2015年2016年2017年
総手術件数836913914835900
待機手術658742745690715
緊急手術178171169145185
全身麻酔591639647632658
腰椎麻酔1341651208781

外科施行手術内訳
2013年2014年2015年2016年2017年
食道癌手術21023
胃癌手術7255575440
(鏡視下手術)2915161713
 幽門側胃切除術4836373433
 (鏡視下手術)2515161613
 噴門側胃切除術40
 (鏡視下手術)25151610
 胃全摘171720167
膵脾領域手術3239212838
 膵頭十二指腸切除術2025121514
 膵体尾部切除術8126818
 脾摘出術42222
肝切除術4340474139
胆石手術9699121100114
 腹腔鏡下胆嚢摘出術6080918479
 開腹胆摘術3418271634
 総胆管切石術21201
大腸癌手術122132114109113
(鏡視下手術)6982818195
 結腸癌切除術8191837979
 (鏡視下手術)4963586865
 直腸癌切除術4143313034
 (鏡視下手術)2019232830
痔手術2830191527
腸閉塞手術2925323925
虫垂切除術7911010888102
 (鏡視下手術)0062558
腹膜炎手術3527272537
成人鼠径ヘルニア根治術122146143137138
 (鏡視下手術)132565458
小児外科手術61514118
 鼠径ヘルニア根治術46865
 他の小児外科手術26653
血管外科手術5983818290
 大動脈瘤手術02402
 動脈バイパス手術26242
 下肢静脈瘤手術3252353934
 他の血管外科手術2523403952

認定施設

  1. 日本外科学会認定医制度修練施設証、専門医制度修練施設証
  2. 日本消化器外科学会専門医修練施設証
  3. 日本消化器病学会認定施設証
  4. 日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設
  5. 日本栄養療法推進協議会NST稼動施設
  6. 日本肝胆膵外科学会高度技能医修練施設A
  7. 日本肝臓学会認定施設
  8. 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  9. 日本胆道学会指定施設
  10. 大腸肛門病学会認定施設