グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科  > 血液内科

血液内科

科の特徴

全身を流れている血液の成分には、細胞成分である赤血球、白血球、血小板と、液体成分である血漿があります。血液内科ではそれらの異常によって起きる疾患を診療しています。具体的には、白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの腫瘍性疾患と特発性血小板減少性紫斑病、再生不良性貧血などの非腫瘍性疾患があります。
血液内科専門医、指導医のもと出来る限り最新の治療も取り入れ、患者さん個々に最適な治療を安全に提供できるように日々研鑽しております。
中東遠地域の血液内科医は全国的にみても数が足りません。当院は日本血液学会研修施設であり、若手医師の教育、リクルートにも力を入れてまいります。

対象疾患

  • 巨赤芽球性貧血
  • 再生不良性貧血
  • 赤芽球癆
  • 自己免疫性溶血性貧血
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 血栓性血小板減少性紫斑病
  • 血友病
  • 血球貪食症候群
  • 慢性活動性EBウイルス感染症
  • 急性骨髄性白血病
  • 急性リンパ性白血病
  • 慢性骨髄性白血病
  • 慢性リンパ性白血病
  • 骨髄異形成症候群
  • 好酸球増多症候群
  • 悪性リンパ腫
  • 多発性骨髄腫
  • 真性赤血球増加症
  • 本態性血小板血症
  • 骨髄線維症

取り組み

  • 対象疾患にあげたように血液疾患全般を幅広く診療していますが、特に腫瘍性疾患の診療を得意としています。
  • 6階西病棟で入院診療をしており、無菌室が5床(クラス100が1床、クラス10000が4床)あります。血液内科では強力な抗がん剤治療を行うことがあり、その場合、抵抗力がかなり落ちてしまいます。そのような場合に無菌室で治療を行います。
  • おおよそ65歳以下の多発性骨髄腫、再発難治性の悪性リンパ腫の患者さんに対して、自家末梢血幹細胞移植をおこなうことがあります。
  • 当院では骨髄移植、臍帯血移植は行っておりません。浜松医科大学、浜松医療センターと密に連携をとっており、移植が必要な患者さんにはこれらの病院へ紹介をしております。

診療統計

検査実績件数

2017年度2018年度2019年度
骨髄穿刺132119133

主要疾患入院患者数

2017年度2018年度2019年度
急性骨髄性白血病101318
急性リンパ性白血病133
骨髄異形成症候群131512
悪性リンパ腫605761
慢性骨髄性白血病541
原発性マクログロブリン血症10
慢性リンパ性白血病433
真性多血症18
特発性血小板減少性紫斑病1595
慢性骨髄単球性白血病00
自己免疫性溶血性貧血361
多発性骨髄腫232528
血球貪食症候群104
再生不良性貧血375
その他332910
173174161

スタッフ紹介

名前職名出身校取得年専門領域資格
深津 有佑血液内科部長浜松医大平成18年造血器腫瘍
造血細胞移植
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本血液学会専門医・指導医
日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医
臨床研修指導医
緩和ケア研修(PEACE)修了
内山 哲医師浜松医大平成27年造血器腫瘍日本内科学会認定 内科医
緩和ケア研修(PEACE)修了
中野 洸太郎医師浜松医大平成28年造血器腫瘍-

認定施設

  1. 日本血液学会 血液研修施設
  2. 日本輸血 ・ 細胞治療学会 認定医制度指定施設
  3. 日本輸血 ・ 細胞治療学会 I&A認定施設