グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > 出前講座  > 2019年度 高校向けがん教育

2019年度 高校向けがん教育

がん教育は健康教育の一環として、がんについての正しい理解と、がん患者や家族などのがんと向き合う人々に対する共感的な理解を深めることを通し自他の健康と命の大切さについて学び、共に生きる社会づくりに寄与する資質や能力の育成を図る教育とされています。
全国的にもがん対策基本法やがん対策推進基本計画に基づき、厚生労働省や文部科学省による事業の検討および推進が行われています。
磐田市立総合病院でも平成27年度から高等学校において講義を行っています。
医療の専門職だからこそ伝えられることもあります。ぜひ、ご利用ください。


がん教育の対象

  • 高等学校(中東遠地域)生徒、教員

がん教育の担当者

  • 生徒には認定看護師、教員には医師と臨床心理士を予定しています。

※内容等により相談できます。

がん教育の要項(ご利用の方は必ずお読みください)

がん教育の内容

  • がんとは(がんの基礎知識)
  • がんの予防と検診の重要性
  • がんの治療法
  • がん患者への理解と共生

がん教育の申し込みから終了までの流れ

問い合わせ・メール送信先

磐田市立総合病院がん診療センター 
担当:看護師 前田 和秀
 TEL 0538-38-5000(代)
 E-Mail ganshinryo@hospital.iwata.shizuoka.jp
 業務時間:平日(月曜日から金曜日) 午前8時15分~午後5時00分