グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 部門  > 看護部  > 看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

副病院長兼看護部長

中村さつき

 当院は磐田市内で唯一の500床の急性期病院です。当院の基本理念である「医療の原点は思いやり」に基づき地域の皆さまに信頼される安全で質の高い看護を提供することを看護部の理念としています。
患者さんやご家族にやさしさ、温もりをもち心に寄り添う看護を提供できるよう組織作りをしています。少子高齢化が進む中、様々な背景を持つ患者さんに対応できるよう、多職種と協働し、また地域と連携して大きなチームとして医療が展開できることが理想です。そのため入院前から退院後まで患者さんの思いに応えられるよう日々関わっています。さらに日本看護協会のラダーに対応した教育を行い、看護師の成長に合わせレベル1~5までステップアップできるように、そして知識・技術・態度を身につけられるようなプログラムになっています。部署ごとではその専門性が発揮できるような職場づくりを行っていることが強みです。
 職員は私にとって大切な人財です。職員が働きやすい多様な勤務体制を整え、やりがいが持て、この病院で働いて良かったと思える職場環境を整えていきたいと思います。