グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 地域医療連携室  > 地域連携パス  > がん地域連携パス

がん地域連携パス

「がん地域連携パス」とは、地域のかかりつけ医と磐田市立総合病院の医師が、患者さんの治療経過を共有する「治療計画表」のことです。
この「連携パス」を活用することで、地域のかかりつけ医と磐田市立総合病院とが協力し、患者さんの視点に立った安心で質の高い医療を提供する体制を構築することを目指しています。また、患者さんにとっても長い待ち時間や通院時間の短縮などの負担軽減や、ご自身の治療計画や経過の把握、かかりつけ医の手厚い診療による不安の解消といったメリットもあります。