低線量肺がんCT検診(New)

10,000円(税抜)

図 CTで発見された淡い陰影の
早期肺がん例

肺がんによる年間死亡数は最も多く、がんの中では生存率の低い病気であるといわれています。CTは断層像であるため、従来の胸部X線検査では画像上重なり合ってしまう臓器(心臓、骨、血管や横隔膜など)もないので、早期肺がんを疑うような小さな陰影や、淡い陰影を検出するのに有用です。

こんな方におすすめ

  • 40歳以上の方。
  • 喫煙指数が600以上の方。
(喫煙指数=1日喫煙本数×喫煙年数)
  • 受動喫煙の心配がある方。
  • 血縁者に肺がんの人がいる方。


受診いただけない又は注意が必要な方
  • 妊娠中、妊娠の可能性がある方は検診対象外です。
  • 除細動機能のあるICDやCRTD又はペースメーカーを装着されている場合は、装着されている機器の影響で画像化(診断)できる範囲が限られる場合があります。
       (対象者は検診当日必ず各種手帳をご持参下さい。)

低線量肺がんCT検診をご希望の方はこちらをよくお読み下さい。