グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 採用情報  > 専修医・臨床研修医  > 歯科研修医  > 2019年度初期研修プログラム

2019年度初期研修プログラム

1.名称

磐田市立総合病院歯科医師臨床研修プログラム(以下「プログラム」という。)

2.プログラムの目的と特徴

(1)目的

プログラムは、歯科医師免許取得後の2年間を対象とし、将来、歯科医師として成長するに当たり、1)患者を全人的に診るための基本的診療能力を身に付け、2)高度専門医療に対する学術的興味を持ち、3)地域保健医療の重要性を体得するとともに、4)医の倫理に基づく社会的良識を持ち、5)患者や家族から信頼される歯科医師となることを目的とする。

(2)特徴

当院は、地域の基幹病院としての役割を担っており、病診連携が活発に行われている。当科は、初診患者の50%以上が他医療機関からの紹介であり、埋伏智歯の抜歯をはじめとしたあらゆる口腔外科疾患に対応できる技術と設備を有す。顔面外傷、顎変形症、悪性腫瘍、唇顎口蓋裂、デンタルインプラント等の治療も積極的に行っているが、まず研修1年目では基本的な歯科疾患の診断、治療からはじまる。まず、一般的な歯科治療を習熟することに主眼を置くが、可能ならば埋伏歯抜歯、歯根嚢胞摘出等の基本的手術手技を習得する。2年目では1年目の研修を踏まえた上で口腔外科疾患の診断、処置、手術を研修する。麻酔科ローテーションも行い、術前・術中・術後の全身管理についても研修する。地域歯科保健活動を学ぶため、高齢者の方への口腔ケア指導・講習等を行う。
また、当院の歯科口腔外科領域の救急外来は24時間対応で、研修歯科医は指導歯科医と待機し(当番制)、救急外来から要請があれば診療にあたる。当科は日本口腔外科学会指定研修機関に認定されているため、同学会への入会を義務付ける。

3.プログラム責任者と施設の概要

(1)プログラム責任者

歯科口腔外科部長 藤本雄大(社)日本口腔外科学会認定専門医・指導医

(2)研修歯科医の指導体制

研修責任者:歯科口腔外科部長 藤本雄大(社)日本口腔外科学会認定専門医・指導医
医員:杉本圭祐、小間義朗、南部和也

(3)施設の概要

磐田市立総合病院は、1998年に磐田市北部に移転新築され、診療科21科、一般病床500床に整備された。診療圏は、約17万人であり、磐南地域の中核病院の役割を果たしている。移転新築後は、今まで以上に患者の療養環境に配慮し、また、現在の高度医療水準を充たす最新の診断・治療機器を整備した。更に疾病の早期発見・予防のための健診センターを併設し、集中治療病棟、周産期医療、リハビリ部門、救急室の新設・拡充に加え、地域医師会とのコミュニケーションのための会議室を新設し、看護師をはじめとする医療スタッフの研修の場を充実した。全職員が「医療の原点は思いやり」をモットーとして、地域の人々に信頼され、愛される病院を目指している。また、医科では2000年度に臨床研修指定病院に認定され、2006年度に歯科医師臨床研修施設に認定されている。

【病床数】一般病床498床、感染病床2床
【診療科目】33科

歯科口腔外科、内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、神経内科、リウマチ科、腎臓内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、精神科、小児外科、小児科、外科、消化器外科、血管外科、 整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、乳腺外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、緩和医療科、病理診断科 、臨床検査科

4.プログラムの管理運営体制

  1. 磐田市立総合病院は、研修管理委員会を設置し、研修プログラムの管理運営について委任する。
  2. 研修管理委員会の委員長は、磐田市立総合病院から選出する。
  3. 研修管理委員会は、1~2ヶ月に1回開催し、研修プログラムの評価を行い、これに基づき当年度及び次年度のプログラムの計画、立案及び修正を行う。
  4. 研修プログラムの管理運営は、磐田市立総合病院の責任の下に行う。
  5. 磐田市立総合病院は、研修プログラムに基づく臨床研修について教育責任者を各々置くものとする。 
  6. 研修管理委員会の組織図は次のとおり。

研修管理委員会

委員長藤本雄大プログラム責任者
副委員長寺田雅彦副病院長 兼 教育担当部長
委員飛田規副病院長
委員古谷隆一副病院長 兼 腎臓内科部長 兼 腎センター長
委員高橋浩副病院長 兼 第3医療部長(手術・ICU) 兼 麻酔科部長
委員谷岡書彦副病院長 兼 病理診断科部長
委員袴田守副病院長 兼 事務部長
委員遠藤彰副病院長 兼 小児科部長
委員妹川史朗第1医療部長 兼 呼吸器内科部長
委員落合秀人第2医療部長 兼 消化器外科部長 兼 救命救急副センター長
委員徳永直樹第2医療部副部長 兼 産婦人科部長 兼 周産期母子医療センター長
委員間遠文貴救急科部長 兼 救命救急センター長
委員小間義朗歯科口腔外科科長
委員正木銀三薬剤部長
委員山岡かほる副看護部長
委員金原一成医療支援課人事管理グループ長
委員西藤文孝医療支援課主任
委員山口貴弘磐周歯科医師会会長(外部委員)
研修期間:2年間(磐田市立総合病院)

5.定員

1名

6.教育課程

(1)研修の実施要領

  • 研修は、合理的、計画的、かつ、総合的に実施されるよう研修管理委員会において計画する。
  • 研修歯科医は、配属された各科の責任において、指導医のもとにプログラムに基づき研修する。

(2)研修内容と到達目標

期間割りと研修歯科医配置予定(単独研修方式):
研修歯科医は、2019年4月(国家試験合格後)、磐田市立総合病院歯科口腔外科配置とし、外来および病棟において2年間の研修を行う。1年目の研修は、上期(4月~8月)、中期(9月~12月)、下期(1月~3月)に、2年目の研修は、I期(4月~7月)、II期(8月~10月)、III期(11~3月)に分け、それぞれの期間に与えられた研修項目を習熟もしくは習得する。
研修内容

2年間の研修とし、1年目は厚生労働省の歯科医師臨床研修カリキュラムを基本とした研修を行う。専門医の指導のもと歯科病変の正しい診断と治療法について研修する。また、医療現場で患者に信頼され、他の 医療従事者と協調して診療にあたる習慣を身につける。2年目は、1年目の研修を踏まえ、口腔外科疾患の診断、処置、手術を研修する。あわせて術前術後の全身管理、合併疾患についての知識、管理を学ぶ。
1年目
上期指導医の指導を受けながら治療を行う。
  1. 医療面接(医療面接技法、インフォームドコンセント)
  2. 他科の医師との連携(依頼状、報告、歯科治療上の留意点)
  3. 画像診断(デンタル、オルソパントモ、顔面単純X-P)
  4. 局所麻酔法
  5. 窩洞形成、歯冠修復
  6. 抜髄、感染根管処置と充填
  7. 補綴物修理、調整
中期指導医とともに患者を受け持つ。
  1. 問診(主訴、現病歴、既往歴、家族歴)
  2. 全身の診査(バイタルサイン、常用薬剤)
  3. 顎、顔面、口腔の調査(視診、触診、打診、聴診、顎運動、咬合)
  4. 画像診断(断層、造影X-P、CT、MRI)
  5. 診療録等の作成
  6. 齲蝕の予防と管理
  7. 歯周病の予防と管理
  8. 抜歯
  9. 口腔外科小手術
  10. 頻度の高い保存治療、補綴治療
下期独立して患者を受け持ち、指導医の指導を受けながら治療を行う。
  1. 抜歯、難抜歯、埋伏智歯の抜歯
  2. 口腔外科小手術
  3. 消炎手術
  4. 顎関節症の診断と治療
  5. 入院患者の管理(予診、入院カルテの記載、採血、点滴、手術の助手、 術後管理等)
2年目
I期(4~6月)麻酔科ローテーションなど
II期(7~9月)口腔外科(入院・手術患者管理、口腔外科疾患患者の診察)
III期(10~3月)口腔外科(口腔外科疾患の治療方針の決定、手術) 、地域歯科保健活動

到達目標

「基本習熟コース」は、研修歯科医自らが確実に実践できることを基本とする。
「基本習得コース」は、頻度が高く臨床において経験することが望ましい。
1. 歯科医師臨床研修「基本習熟コース」
一般目標:個々の歯科医師が患者の立場に立った歯科医療を実践できるようになるために、基本的な歯科診療に必要な臨床能力を身に付ける。
ア. 医療面接一般目標患者中心の歯科診療を実践するために、医療面接についての知識、態度及び技能を身に付け、実践する。
行動目標
  1. コミュニケーションスキルを実践する。
  2. 病歴(主訴、現病歴、既往歴及び家族歴)聴取を的確に行う。
    2-1.患者の訴えを聴取する。
    2-2.患者の訴えを順序立てて誘導する。
  3. 病歴を正確に記録する。
  4. 患者の心理・社会的背景に配慮する。
  5. 患者・家族に必要な情報を十分に提供する。
  6. 患者の自己決定を尊重する。(インフォームドコンセントの構築)
  7. 患者のプライバシーを守る。
  8. 患者の心身におけるQOL(Quality Of Life)に配慮する。
  9. 患者教育と治療への動機付けを行う。
イ. 総合診療計画一般目標効果的で効率の良い歯科診療を行うために、総合治療計画の立案に必要な能力を身に付ける。
行動目標
  1. 適切で十分な医療情報を収集する。
    1-1.必要な医療情報を列挙する。
    1-2.医療情報を十分に収集する。
  2. 基本的な診察・検査を実践する。
  3. 基本的な診察・検査の所見を判断する。
  4. 得られた情報から診断する。
  5. 適切と思われる治療法及び別の選択肢を提示する。
    5-1.適切な治療法を選択する。
    5-2.妥当な治療法をすべて患者に提示する。
  6. 十分な説明による患者の自己決定を確認する。
  7. 一口腔単位の治療計画を作成する。
ウ. 予防・治療基本技術一般目標歯科疾患と機能障害を予防・治療・管理するために、必要な基本的技術を身に付ける。
行動目標
  1. 基本的な予防法の手技を実施する。
  2. 基本的な治療法の手技を実施する。
  3. 医療記録を適切に作成する。
  4. 医療記録を適切に管理する。
    4-1.個人情報の取り扱いに注意する。
    4-2.医療記録を管理する。
エ. 応急処置一般目標一般的な歯科疾患に対処するために、応急処置を要する症例に対して、必要な臨床能力を身に付ける。
行動目標
  1. 疼痛に対する基本的な治療を実践する。
  2. 歯、口腔及び顎顔面の外傷に対する基本的な治療を実践する。
  3. 修復物、補綴装置等の脱離と破損及び不適合に対する適切な処置を実践する。
オ. 高頻度治療一般目標一般的な歯科疾患に対処するために、高頻度に遭遇する症例に対して、必要な臨床能力を身に付ける。
行動目標
  1. 齲蝕の基本的な治療を実践する。
  2. 歯髄疾患の基本的な治療を実践する。
  3. 歯周疾患の基本的な治療を実践する。
  4. 抜歯の基本的な処置を実践する。
  5. 咬合・咀嚼障害の基本的な治療を実践する。
カ. 医療管理・地域医療一般目標歯科医師の社会的役割を果たすため、必要となる医療管理・地域医療に関する能力を身に付ける。
行動目標
  1. 保険診療を実践する。
    1-1.保険診療について説明する。
    1-2.適切な保険診療を実践する。
  2. チーム医療を実践する。
    2-1.他の歯科医師・歯科衛生士等と常に情報交換する。
    2-2.歯科衛生士等に適切に指示する。
  3. 地域医療に参画する。
2. 歯科医師臨床研修「基本習得コース」
一般目標:生涯にわたる研修を行うために、より広範囲の歯科医療について知識、態度及び技能を修得する態度を養う。
ア. 救急処置一般目標歯科診療を安全に行うために、必要な救急処置に関する知識、態度及び技能を習得する。
行動目標
  1. バイタルサインを観察し、異常を評価する。
  2. 服用薬剤の歯科診療に関連する副作用を説明する。
  3. 全身疾患の歯科診療上のリスクを説明する。
  4. 歯科診療時の全身的合併症への対処法を説明する。
  5. 一次救命処置を実践する。
  6. 二次救命処置の対処法を説明する。
イ. 医療安全・感染予防一般目標円滑な歯科診療を実施するために、必要な医療安全・感染予防に関する知識、態度及び技能を習得する。
行動目標
  1. 医療安全対策を説明する。
  2. アクシデント及びインシデントを説明する。
    2-1.医療事故について説明する。
    2-2.ヒヤリ・ハットについて説明する。
  3. 医療過誤について説明する。
  4. 院内感染対策(Standard Precautionsを含む。)を説明する。
  5. 院内感染対策を実践する。
    5-1.常に感染防止に配慮する。
    5-2.感染防止対策を実践する。
ウ. 経過評価管理一般目標自ら行った治療の経過を観察評価するために、診断及び治療に対するフィードバックに必要な知識、態度及び技能を習得する。
行動目標
  1. リコールシステムの重要性を説明する。
  2. 治療の結果を評価する。
  3. 予後を推測する。
エ. 予防・治療技術一般目標生涯研修のために必要な専門的知識や高度先進的技術を理解する。
行動目標
  1. 専門的な分野の情報を収集する。
    1-1.積極的に情報を求める。
    1-2.求める情報を検索する。
  2. 専門的な分野を体験する。
  3. POS(Problem Oriented System)を説明する。
  4. EBM(Evidence Based Medicine)を説明する。
オ. 医療管理一般目標適切な歯科診療を行うために、必要となるより広範囲な歯科医師の社会的役割を理解する。
行動目標
  1. 歯科医療機関の経営管理を説明する。
  2. 常に、必要に応じた医療情報の収集を行う。
  3. 適切な放射線管理を実践する。
    3-1.患者・医療従事者等の被曝に配慮する。
    3-2.放射線防護を実践する。
  4. 医療廃棄物を適切に処理する。
    4-1.廃棄物を分別する。
    4-2.感染性廃棄物を安全に取り扱う。
カ. 地域医療一般目標歯科診療を適切に行うために、地域医療についての知識、態度及び技能を習得する。
行動目標
  1. 地域歯科保健活動を説明する。
  2. 歯科訪問診療を説明する。
  3. 医療連携を説明する。

(3)教育に関する行事

オリエンテーション
1. 1年次研修開始時に下記の研修を義務とする。
  • 病院長、プログラム責任者及び医療支援課からのオリエンテーション
  • 当院の基本理念、基本方針及び病院の使命
  • 臨床研修に対する姿勢
  • 医師の義務とチーム医療
  • 医療倫理
  • 公務員としての心得、地方公務員法の概要、服務、勤務条件等
  • 病院の経営及び財務の状況
2. 下記部門の見学と研修
a. 医事課及び病歴管理室
  • 診療報酬請求の概要の理解
  • オーダリングシステムの概要と理解
  • 診療録管理の概要
  • 診断書等の記載方法
  • 紹介状の返書の取扱方法
  • 感染症の届出方法の理解
  • 特定疾患、身体障害者、公的扶助等の制度の理解
  • 介護療養型医療施設、介護老人保健施設、介護老人福祉施設等の理解
  • 医療相談業務

b. 臨床検査科
  • 静脈採血とテープ法による尿検査の実習
  • 臨床検査の検体採取と管理
  • 血液ガス分析と心電図記録の実習
  • 血液培養を含む細菌検査検体採取(病理部門)
  • 組識検査と細胞診検査の提出方法の修得
  • 剖検依頼の際の注意事項の修得
  • 病理組識標本作成手順の理解と材料の提出方法の修得
  • 剖検の意義や依頼の方法の修得
  • 可能な場合、包埋、薄切、染色作業の実習

c. 放射線技術科
  • 各種放射線検査、MRI、放射線治療の見学と理解
  • 検査依頼法の修得

d. リハビリテーション技術科
  • リハビリテーション概論
  • 見学
  • PT、OT、STへの依頼法の修得

e. 臨床工学科
  • ME機器中央管理の運用と機種の理解
  • 各種血液洗浄化の依頼法の修得

f. 薬局
  • 処方入力の修得
  • 院内服薬指導の理解
  • 血液製剤指示
  • 麻薬法制、薬剤副作用の検索
  • 治験審査

g. 看護部
  • 看護部の組織、理念、目標
  • 看護師、看護補助員の業務の理解
  • 看護体制
  • 病棟管理

全科カンファレンス等(全研修医の出席を義務とする。)

  • 院内研修会…年12回
  • 院内講演会…不定期
  • CPC…年6回~10回
  • 研修医向けレクチャー(2~3回/月)
  • フィードバック(適宜)
各科カンファレンス等

研修科のカンファレンス等には出席を義務付ける。

7.研修の記録及び評価方法

  1. 各診療科の研修終了時に各科の評価票よって自己評価を行うとともに各科指導責任者の評価を受ける。
  2. 各診療科の研修終了時に臨床研修評価票により各科指導責任者及び看護科長の評価を受ける。
  3. 各診療科の研修終了時に研修歯科医から指導医及び指導体制の評価を受ける。

8.プログラム終了の認定及び証書の交付

研修管理委員会は、研修歯科医の自己申告及び各科指導責任者の評価及び各病院の研修委員の意見により、到達目標が達成されたことを確認し、認定する。これに基づき病院長は、研修歯科医にこのプログラムを修了したことを記した「修了証書」を授与する。

9.プログラム終了後の進路

研修後のコースは設けられていないため、関連大学医局(名古屋大学)への編入や歯科医院等への就業を選択することとなる。また、日本口腔外科学会指定研修機関に認定されているため、引き続き採用された場合には、日本口腔外科学会専修医、専門医等の資格取得が可能である。

10.研修歯科医の身分

1臨時職員とする。(常勤)
2給与等
(2018年4月現在)
給料1年目:341,900円
2年目:350,900円
賞与1年目:1,675月
2年目:2.60月
その他の手当地域手当、時間外勤務手当、通勤手当、住居手当、扶養手当、宿日直手当等
3研修医
勤務時間など
勤務時間午前8時15分から午後5時まで(勤務時間外に研修を行う場合がある。)
休暇休日は、土曜日、日曜日、法令に定める休日及び年末年始とする。有給休暇は年間20日とする。年末年始休暇は12月29日から1月3日までとする。
4宿舎
5社会保険健康保険、厚生年金、労働者災害補償保険、雇用保険に加入
健康診断年1回実施

11.学会等参加への取扱い

2年次の歯科研修医については、年間3万円を限度として認める。事前に参加する学会等の内容がわかる書類を病院総務課へ提出し、事後に復命書を作成し、指導医、病院長等へ報告する。

12.歯科研修医の応募手続

1.応募方法公募
2.応募必要書類
  • 履歴書(市販のもの)
  • 卒業(見込み)証明書
  • 成績証明書
  • 健康診断書
3.選考方法面接・小論文
4.募集及び選考の時期募集:2018年7月から
選考:2018年8月17日(金) 又は8月20(月) 13:00以降予定
締切日:平成29年8月10日(金)
5.マッチングの有無有り
6.応募先〒438-8550 静岡県磐田市大久保512番地3
磐田市立総合病院 病院総務課人事管理グループ
電話:0538-38-5000
FAX:0538-38-5050
E-mail:byoin-kanri(ここに@を入れてください)city.iwata.lg.jp
URL:http://www.hospital.iwata.shizuoka.jp/