グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 病院からのお知らせ  > 低線量肺がんCT検診はじめました

低線量肺がんCT検診はじめました

磐田市立総合病院健診センター

肺がんについて

 日本人の死因の第1位であるがんは、日本人の半数が罹患し、3人に1人が、がんにより亡くなっている状況です。そのなかで肺がんによる年間死亡数は最も多く、がんの中では生存率の低い病気であるといわれています。しかし、自覚症状のない早い段階で発見することで治療の選択肢が増え、高い確率で完治することが期待できる病気でもあります。

CTについて

 CTは断層像であるため、従来の胸部X線検査では画像上重なり合ってしまう臓器(心臓、骨、血管や横隔膜など)もないので、早期肺がんを疑うような小さな陰影や、淡い陰影を検出するのに有用です。ただし、検診においてほとんどが健常者である受診者に対して通常診療と同等の方法で検査することは、放射線被ばく等を考えると適切であるとはいえません。

低線量肺がんCT検診

 肺がん検診におけるCTとは、低線量CTを意味します。低線量CTでは、放射線被ばく線量を減らすため、通常のCT検査より照射線量を低減させて撮影を行いますが、肺にある陰影の存在の有無は十分に判断可能です。画像の質は通常のCT検査に比べて劣るので、肺以外に存在する異常については、通常線量を用いる検査と比較して見つかりにくい場合があります。つまり、低線量肺がんCT検診は「肺がんをみつける為の検査」とご理解下さい。

当院CT装置の特徴

PHILIPS
Brilliance iCT

 X線を利用した検査について問題になるのが、被ばくです。CTは放射線量に比例して画質が向上し情報も増えますが、当然被ばく線量も増えます。特に検診においては、被ばく線量の低減を十分に考慮しつつ、検査目的を達成する画質を得るための最適な撮影条件の設定が必須となります。
 検診で使用するフィリップス社のBrilliance iCTには、最新逐次近似画像再構成技術を搭載しています。逐次近似画像再構成技術は低線量撮影での高画質化を実現しており、微小、微細構造の描出に威力を発揮し、病変の早期発見につなげます

図 画像再構成技術の違いによる画像の比較

検査方法

 CT寝台に仰向けに寝ていただき、合図に合わせて数秒程度の息止めをすれば検査終了です。この検査において、薬や注射による処置を行うことはありません。

こんな方におすすめ

・ 40歳上の方
・ 喫煙指数が600以上の方。(喫煙指数=1日喫煙本数×喫煙年数)
・ 受動喫煙の心配がある方。
・ 血縁者に肺がんの人がいる方

受診いただけない又は注意が必要な方

・ 妊娠中、妊娠の可能性がある方は検診対象外です。
・ 除細動機能のあるICDやCRTD又はペースメーカーを装着されている場合は、装着されている機器の影響で
  画像化(診断)できる範囲が限られる場合があります。
                            (対象者は検診当日必ず各種手帳をご持参下さい)

検診料金

 10,000円(税抜)

結果について

 放射線診断専門医および呼吸器内科専門医による二重読影後、後日郵送となります。

その他

 オプション検査となります。単独での受診はお受けしておりません。
 低線量肺がんCT検診をご希望の方はこちらをよくお読み下さい。

  検診のご予約は 磐田市立総合病院健診センター ℡:0538-38-5031(直通)まで