グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > くすりの話  > 第42話 花粉症に対するお薬について

第42話 花粉症に対するお薬について

                                  2018年2月 磐田市立総合病院 薬剤部               


花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気で、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

<症状>
鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。花粉をできる限り体外に放り出そうとするため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が出てきます。

<治療薬>
飲み薬・・・第二世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、遊離抑制薬、ステロイド薬
点鼻薬・・・ステロイド薬、血管収縮薬
眼症状を呈する場合は、点眼薬・・・抗ヒスタミン薬、遊離抑制薬、ステロイド薬が使用される

***当院採用の第二世代抗ヒスタミン薬の一覧*** 

薬局で購入することができる薬剤もあり、(上表☆印)セルフメディケーション減税の対象医薬品となっています。
花粉症の症状が出る前から、お薬による花粉症の初期療法を始めていると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげることができます。また、初期療法は早期に症状を改善させることもでき、結果として、処方される全体のお薬の量を減らすこともできます。
早めに対策を始めましょう。