グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 研修医室の窓から  > 研修担当医師あいさつ

研修担当医師あいさつ

研修教育担当の阿部 包愛(あべ かねよし)です。大学卒業は平成18年になります。
私自身も後期研修も含めた研修医の時分より磐田市立総合病院でお世話になり現在は神経内科へ所属させていただき、脳卒中をはじめとした神経全般の診療に従事しております。
恩師でもあります寺田先生のもと、研修医の先生方の教育に携わり、教えられる側から教える側へシフトしていく時期を迎えていると実感しています。
教育者と言えるほど人生経験や仁徳も十分と言えませんが研修医の皆さんとは勉学に限らずになるべく話しかけやすい近い存在を目指して共に切磋琢磨して参りたいと思います。

神経内科医師
阿部包愛 先生


自身の研修医時代について

私自身まだ若手と自覚しているのですが研修医時代はなんと言っても同僚が大切です。 研修中には学生時代に経験しなかったようなのし掛かる責任の重さや技量、知識の無さ、失敗に悩む事もあるでしょう。(正直私自身甘い人間でしたので苦労しました。)そのような中で知らなかった自分を発見したり、将来の人生設計や目指す医師像がみえたりと 少しずつ自分自身の考え方も具体的になってくると思われます。
同僚は仲良く和気藹々と過ごすだけでなく、そのようにしてできた考えや将来の展望を真剣に語り合う大切な仲間になります。
私自身としての実感ですが研修医時代ほど真剣に自分の意思をぶつけ合える時期もなく今後の自分の医師像に大きく影響するとても貴重な時間になると思います。

よく質問されること

なぜ磐田市立総合病院で研修したのか?
私は磐田市で生まれ育ちました。それが最も大きな理由です。元々地元が好きなので!

なぜ神経内科を?

特別な理由はありません。研修医の頃より何となくで内科医に向いているだろうと思っていました (ちなみに研修中は外科向きと言われた時期もありました)。専門科まで決定していなかったわけですが当時の当院の内科の中で最も人数の少ない科 (一番マンパワーを必要としていそうな科)が神経内科でした。そこで自分でも戦力になるかと思い決めました。

資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本神経学会神経内科専門医