グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 病院だより・道しるべ

病院だより・道しるべ

当院では病院スタッフの紹介や医療トピックス等を病院だより「道しるべ」として発行しています。
その一部をホームページ上に再構築し、掲載しています。


RSS

2017.07.10
道しるべVol.66
道しるべVol.66
①認知症について
 ・第1医療部副部長兼神経内科部長
        兼認知症疾患医療センター長 藤本正也
 ・認知症看護認定看護師           鈴木智子
②病院のかかり方にご理解とご協力をお願いします。
③病院の取り組み
 ・PFMについて

2017.01.16
道しるべ Vol.65
道しるべVol.65
①循環器疾患と心電図について(循環器内科科長 仲野友康)
②病院のかかり方にご理解とご協力をお願いします。
③病気のおはなし
 ・保湿剤の役割
  (皮膚科部長 坂本慶子)
④毎日、気軽にレッツ!運動
 ・足の主要な筋肉を鍛えて「関節痛」を予防しよう!

2016.07.06
道しるべ Vol.64
①熊本地震救護班派遣に参加して
②病院のかかり方にご理解とご協力をお願いします。
③病気のおはなし
 ・胃腸炎について
  (副病院長兼消化器内科部長 齋田康彦)
④人間ドックを拡大しました。

2016.03.03
道しるべ Vol.63
①MRIが新しくなります。
②病院のかかり方にご理解とご協力をお願いします。
③病気のおはなし
 ・花粉症について
 (耳鼻咽喉科 細川誠二先生)
④毎日、気軽にレッツ!運動
 ・頭と体の運動で「認知症」を予防しよう!

2015.11.13
道しるべ Vol.62
①新生「道しるべ」発刊にあたって
②磐田市立総合病院からのお知らせ
 ・電話予約について
 ・受診時の持ち物
 ・当院の診療受付時間
③お子さんの病気のおはなし
 ・熱性けいれんの対処方法について
  (小児科 平野恵子先生)
④毎日、気軽にレッツ!運動
 ・嚥下筋を鍛えて「むせ」を予防しよう!

2015.04.01
道しるべ Vol.61
地域の医療・介護・福祉の質の向上のため、事業者間交流プロジェクト研修を行いました

 医療・介護・福祉サービスの水準向上を目的に、それぞれの分野の従事者が勤務先以外の事業所で一日研修を受けて相互理解を深める交流研修を行っています。今回は市内事業所担当者が感染症予防などを学ぶため当院で研修を行いました。同研修について、参加者からは「感染管理方法に大変学ぶことが多かった」と話されるなど、当院の様々な医療に関する取組みが、地域の医療・介護・福祉サービスに役立てられればと考えています。

2015.01.01
道しるべ Vol.60
院内防災訓練を行いました。院内患者様の安全な避難や大規模災害時における被災者の受け入れなど、いざという時のために、日頃から防災意識を持つことは重要です。 当院でも12月7日(日曜日)に院内で防災訓練が行われました。職員は、トリアージ訓練、情報伝達訓練などの手順を確認しながら、本番さながらの緊迫した訓練を行いました。

2014.09.01
道しるべ Vol.59
高校生一日ナース体験が行われました。当院で7月29日に県西部の高校生52人が参加し、県看護協会主催の「高校生1日ナース体験」が行われました。 この取り組みは、看護の心の理解と看護職への関心を深めるために行われています。 白衣に着替えた高校生は、食事の配膳をしたり、患者の足を洗ったりするなど、真剣なまなざしで研修を行いました。

2014.04.01
道しるべ Vol.58
家族と一緒に元気に育ってね。
NICU(新生児集中治療室)・GCU(回復治療室)に約2か月入院していた双子の赤ちゃんが無事、退院の日を迎えました。 今日からは、ご家族でゆっくり過ごせますね。これからの成長が楽しみです。

2014.01.01
道しるべ Vol.57
中学生職業体験が行われました。医師や看護師などの職業への理解を深めてもらうとともに、当院のことを知ってもらうため、毎年、市内中学生の職業体験を受け入れています。今年は市内6中学校の職業体験が実施され、病棟見学、患者体験や医師との回診などを行いました。

2013.09.01
道しるべ Vol.56
当院職員がBLS研修を受講しました。いざという時のために、当院の全職員を対象に、心肺蘇生やAEDなどのやり方を学ぶBLS(一次救命処置)研修を行いました。

2013.04.01
道しるべ Vol.55
磐田市立総合病院では、年に2回(4月、9月)市民公開講座を開催しています。

2013.01.01
道しるべ Vol 54
空から見た磐田市立総合病院

2012.09.01
道しるべ Vol.53
磐田市立総合病院では、平成24年度から市民公開講座、出前健康講座を開催しています。

2012.04.01
道しるべ Vol.52
磐田市立総合病院に最新鋭の高度放射線治療システム「ノバリスTX」を2台備えた外来東館が完成しました。

2012.01.01
道しるべ Vol.51
冬の感染症(インフルエンザやノロウイルス)から
あなたと大切な人を守りましょう。

2011.09.01
道しるべ Vol.50
食事バランスガイドとは、「1日に何をどれだけ食べたらよいか」、その望ましい食事の組み合わせと量をわかりやすく示したものです。皆さんも上図のコマを回し続けられるように、日々の食生活を見直しましょう。

2011.04.01
道しるべ Vol.49
病院東側に建設予定の腫瘍センター(名称 : 外来東館)
平成23年4月から工事開始、平成24年6月頃完成予定

2011.01.01
道しるべ Vol.48
2007年度から取り組み始めた5S活動も今年で4年目。5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)を実践することで病院経営の健全化と、そしてなにより医療安全につながります。今年も18部署が5Sの成果をポスターセッション形式で発表しました。

2010.09.01
道しるべ Vol.47
病院内に展示されている絵をご紹介します。
「加菜ちゃんのヴァイオリン」求 正美様 寄贈

2010.04.01
道しるべ Vol.46
周産期母子医療センター正面の壁画です。女子美術大学ヒーリング・アートプロジェクトの協力により、製作していただきました。

2010.01.01
道しるべ Vol.45
手洗い・うがい等をしっかりして、体調管理に気をつけましょう。皆様のご協力をお願いします。

2009.09.01
道しるべ Vol.44
地域周産期母子医療センターの完成予想図です。
平成22年3月にオープン予定。

2009.04.01
道しるべ Vol.43
病院機能評価の認定(更新)を受けました。

2009.01.01
道しるべ Vol.42
12月に行われたクリスマスコンサート
研修医の先生方もがんばってくれました。

2008.09.01
道しるべ Vol.41
平成22年1月完成予定の地域周産期母子医療センター
建設予定地

2008.04.01
病院だより Vol.40
新磐田市立総合病院になって今年5月で10歳になります。

2008.01.01
道しるべ Vol.39
インフルエンザの流行が危惧されます。マスクの着用と手洗いを励行しましょう。

2007.09.01
道しるべ Vol.38
本年5月1日から、従来の「病診連携室」を発展させ、「地域医療連携室」をスタートさせました。事務職に看護師、ケースワーカーも加わり、より充実した地域医療連携を図ってまいります。

2007.04.01
道しるべ Vol.37
医療安全週間には、各部署よりポスターを募集し掲示して啓蒙を図っています。

2007.01.01
道しるべ Vol.36
救急車が到着すると、スタッフ一同が万全の体制で処置にあたります。

2006.09.01
道しるべ Vol.35
当院では、幅広い基本的臨床能力を身につけることを目的とし、新医師の臨床研修を行っています。

2006.04.01
道しるべ Vol.34
センターでは昼、夜間の2クール透析業務を行っております。
ベッドは45床あり、その他の血液浄化も行われています。

2006.01.01
道しるべ Vol.33
福田・岩田・向笠等各地区と 病院を結ぶ磐田市の自主バスが運行しています。 通院等にご利用ください。

2005.09.01
道しるべ Vol.32
当院に、フロアマネージャーがいるようになりました。
患者さまの案内や受付機械の操作案内等、フロア内で迷っている患者さまに積極的に声をかけ、プラスαの患者サービスを行います。気軽にお声をおかけください。

2005.04.01
道しるべ Vol 31
救急室が広く大きくなりました。
より充実した救急医療を提供できるように、これからも頑張りたいと思います。

2005.01.01
道しるべ Vol.30
12月18日に当院1Fロビーにてクリスマスコンサートが盛大に開催されました。

磐田市立総合病院では夏のサマーコンサートと合わせて年に2回、コンサートが開催されています。入院中の患者様が音楽を通して、少しでも気持ちがいやされ、元気になっていただきたいと思っています。

2004.09.01
道しるべ Vol.29
誰もが健康であるために
当院では『やさしい健康教室』と題して、どなたでも自由に気軽に参加のできる教室を開催しています。医療の最先端の情報や知っているようで知らない病気、その他医療に関するさまざまな情報を学習できると同時に自身の健康増進にもつながっていくものです。皆様のご参加をお待ちしております。

2004.04.01
道しるべ Vol.28
当院は地域の中核病院として救急医療でも大きな役割を担っています。救急車の受け入れだけでなく、ドクターヘリコプターによる重症患者の搬送も受け入れています。災害や大きな事故など今後もドクターヘリコプターでの搬送は多くなることが予想されます。

2004.01.01
道しるべ Vol.27
病診連携室を病院正面玄関横に設置しました。病診連携室では、医療機関からご紹介いただく患者様の診療予約などを行っております。病診連携室を利用するには、かかりつけ医からの紹介状が必要となります。現在、かかりつけの診療所等にご相談ください。

2003.09.01
道しるべ Vol.26
看護師の象徴と考えられ、キャップに憧れて看護師になった人も少なからずありましたが、7月1日から「ナースキャップ」が廃止になりました。
何か忘れ物をしている感じではありますが、今まで通り看護師に声をかけて下さい。
頭が軽くなった分、身軽に患者様のお世話をさせていただきます。

2003.04.01
道しるべ Vol.25
年をとると、力も落ち、体が固くなり、あちらこちらに痛みが出てきます。
根本的な治療が必要な場合も多々ありますが、治療の必要なレベル出ない場合は、自己管理と生活習慣によって力を付け、体を柔らかくし、痛みを減らすことが長く体を使うための「こつ」になります。
少しでも病院に縁のない生活を送るため「自分で自分を癒せる」ようにこころがけましょう。

2003.01.01
道しるべ Vol.24
病棟の7階から見える景色です。
昨年完成したスポーツ交流の里ゆめりあも見ることができ、天気の良い日は素晴らしい眺めです。
入院患者様の心をなごませてくれます。

2002.09.01
道しるべ Vol.23
MEセンターでは機器が安全かつ効率的に使用できるよう機器の始業 ・ 終業点検やE機器貸出し業務などの中央管理をしています。

2002.04.01
道しるべ Vol.22
病院の玄関先での明るいあいさつ・・・
病院のボランティアグループ「ほほえみ」のメンバーのみなさんです。
今日もエプロン姿での活動がスタートします。

2002.01.01
道しるべ Vol.21
栄養士が医師の指示に沿って貴方の食事をアドバイス致します。

2001.09.01
道しるべ Vol.20
当院の救急室は一市三町一村、その周辺の地域の皆様の救急医療を担って24時間稼動し続けて います。
2001.04.01
道しるべ Vol.19
2001.01.01
道しるべ Vol.18