グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



手術センター

手術センターの役割、紹介

手術部門で行われるすべての処置、手術に関与しています。
外科系医師の陰で多くの職種が働いています。


 構成職員は、看護師、麻酔科医、臨床工学技士、放射線技師、専任薬剤師、専任クラーク、SPDほか器械洗浄、清掃業者など他職種に渡ります。手術室は2階に7部屋、3階に1部屋、周産期病棟に1部屋、合計9部屋あります。昨年度は4100件あまりの手術を実施し、このうち全身麻酔は約1900件でした。
要請があれば1Fアンギオ室に看護師、臨床工学士を伴い全身麻酔に出張することもあります。
 臨床検査技術科からも病理検査、輸血管理など患者さんが安全に手術を受けられるように支援があります。施設・物品管理、医事課の協力も必要です。ほかに、看護部の新人教育、学生教育実習にも力をいれています。どの職種が欠けても業務が滞り、円滑で安全な手術ができません。
 このように、手術センターとは、勤務する職員が一丸となって外科系の医師の技能が十分発揮できるようサポートする部門です。病院内で一番多くの人が出入りする部門だといえます。手術中の部屋以外は室内履きのまま、白衣の着替えなしに出入り可能です。

 手術室の効率的運用のためには、患者さん退室から次の患者さん入室までの時間をいかに短くするかが課題です。以前は看護師だけで部屋の清掃と受け入れ準備をしていましたが、最近は臨床工学技士、清掃業者も加わって、機器点検、清掃、麻酔薬準備等を大人数で分担しているので、15分足らずで入室が可能となりました。また、病棟からの入室も歩行入室で行われ、時間短縮と患者誤認防止に役立てています。