グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > がん診療センター  > 緩和ケア部門

緩和ケア部門

緩和ケアとは

WHO(世界保健機関)によると「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、 身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に対して適切な評価を行い、それが障害とならないように予防したり、対処することで、 生活の質を改善する取り組みである」と定義されています。(2002年)

すなわち、がんなどの生命に関わる病気と診断された方やご家族の、身体と心のつらさを和らげ、その人らしく生きていくためのサポートを意味します。

当院の緩和ケアについて

当院には、緩和ケアの専門的な知識・技術を持ったスタッフがいます。
主治医や看護師をはじめとする医療者が、専門的な緩和ケアスタッフの介入が必要だと判断した場合、あるいは患者さん(ご家族)が希望した場合に、いつでもサポートさせていただきます。
希望される方、話だけでも聞いてみたいという方は、ぜひお近くの病院スタッフへ声をかけて下さい!
なお、緩和医療科としての入院病床はございません。一般診療科が主治医となり、緩和医療科医師が共同して診療にあたる形態となっております。

緩和ケアチーム(対象:当院入院中の方)

入院中の患者さん(ご家族)のご依頼をいただいた場合には、緩和ケアチームが対応いたします。
基本的には専従の医師・看護師・臨床心理士が主に訪問させていただきますが、患者さんの問題に応じたスタッフも直接または間接的に対応いたします。(例:社会的問題で困っているケースには医療ソーシャルワーカーと連携、食事の問題で困っているケースには管理栄養士と連携する等)
 チームでは毎週1回、メンバーでミーティングを行い、あらゆる職種の視点から、患者さんへの緩和ケアが充足できるよう検討しております。 
緩和医療科医師中澤 秀雄薬剤師高屋敷 奈々
副病院長飛田 規薬剤師藤田 菜緒
消化器内科医師(副病院長)齋田 康彦理学療法士櫻田 隆悟
呼吸器乳腺外科医師伊藤 靖理学療法士廣岡 卓
精神科医師岡田 八束作業療法士犬塚 美姫
麻酔科医師後迫 江理奈管理栄養士鈴木 美穂
看護師長鈴木 武美管理栄養士西野 夏奈帆
看護師長井口 ゆき枝医療ソーシャルワーカー増田 由美
副看護師長稲垣 陽子医療ソーシャルワーカー松下 晃子
がん性疼痛看護認定看護師太田 果苗臨床心理士川村 久子
がん化学療法看護認定看護師飯田 みつえ臨床心理士鈴木 雅子
乳がん看護認定看護師太田 由美臨床心理士山下 温子
緩和ケア認定看護師前田 和秀歯科衛生士杉本 友香
診療放射線技師三浦 祐揮歯科衛生士大澤 明美
他 病棟リンクナース・・・3名

緩和ケアチーム診療実績

様々な診療科より依頼をいただいております。
主に痛みや息苦しさ、吐き気や不眠などの身体のつらい症状への対応、不安や気分の落ち込みなどの気持ちのつらさへの対応をしています。最近では、がん治療を継続しつつ、在宅でよりよい生活を送るための療養支援も行い、外来でサポートを継続させていただく方も増えています。

緩和医療科外来(対象:外来通院中の方)

外来通院中の方は、東館2階の診察室にて、緩和医療科医師による外来診療を行っております。
この外来では、患者さんの状況に応じて看護師・薬剤師・臨床心理士も同席し、一緒にサポートを行います。

緩和医療科医師紹介

名前職名出身校取得年専門分野資格、講習会受講歴
中澤 秀雄緩和医療科 部長弘前大学平成2年緩和医療
性科学
消化器
日本緩和医療学会暫定指導医
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
マンモグラフィー読影認定医(A)
日本がん治療認定医
ICD(インフェクションコントロールドクター)
死体解剖資格
卒後臨床研修評価機構訪問調査員
平成21年度緩和ケア教育担当者のための教育セミナー受講
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会受講
第8回がん患者さんの性を支援するための研修会受講
第27回デジタルマンモグラフィソフトコピー診断講習会受講

緩和医療科受診のご案内

受付:東館 2階64番
  診察室:東館 2階 診察室6
  診療時間:毎週火・金曜日 8:30~11:30
    ※上記以外でも、他科の外来診療や治療に合わせて適宜調整しています
    ※外来診察を希望される方は、主治医の紹介状が必要です
    ※他院で通院中の方も、主治医の紹介状があれば受診可能です
      (緩和医療目的の入院は、当科では対応しておりません)

         お問い合わせは、受付またはがん相談支援センターへ