グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > 医療チーム  > 呼吸器ケアサポートチーム

呼吸器ケアサポートチーム

呼吸器ケアサポートチーム(RST:Respiratory Support Team)の役割・紹介

磐田市立総合病院では、医師・看護師・臨床工学士・理学療法士・歯科衛生士・事務などいろいろな職種の専門家が、安全で質の高い呼吸療法の実践が出来るようチームを組んで活動を行っています。


メンバー

医師:5名(麻酔科:1名、呼吸器内科:2名、循環器内科:1名、小児科:1名)
看護師:8名
臨床工学技士:4名
理学療法士:4名
歯科衛生士:2名
事務:2名

活動内容

  • 定期回診における人工呼吸器の安全な操作・管理についての確認や助言
  • 人工呼吸器装着患者の診療依頼に対して、呼吸状態の評価や診療の助言
  • 呼吸療法に関するマニュアル作成による標準化推進
  • 教育
  • 人工呼吸関連の医療機器選定に対する助言

対象患者

人工呼吸器装着をしている患者

主な活動

定期回診(ラウンド)

毎週木曜日、メンバーが対象患者さんのベッドサイドへ訪問し、人工呼吸器管理の安全確認や、環境整備・ケアの確認や助言を行っています。定期回診以外にも人工呼吸器装着患者の重症病棟から一般病棟への転棟時の安全確認を行っています。

呼吸療法に関するマニュアルの作成

酸素療法マニュアル、人工呼吸管理マニュアル、在宅酸素療法導入マニュアル、非侵襲的陽圧換気マニュアル等を作成し呼吸療法の標準化推進を行っています。

教育活動

看護師を対象としたキャリアアップ研修や気管切開チューブ講習会、メディカルスタッフを対象とした吸引講習会の他に、カンファレンス時にRSTメンバーを対象とした勉強会を行っています。

回診風景