グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > 医療チームの紹介  > 褥瘡対策チーム

褥瘡対策チーム

褥瘡とは、寝たきりなどによって、体重で圧迫されている場所の血流が悪くなったり滞ることで、皮膚の一部が赤い色味をおびたり、ただれたり、傷ができてしまうことです。


このページの目次


業務内容

  • 褥瘡ケアの中心的な存在として予防・治療に関わり病棟スタッフと連携して褥瘡発生減少に努めています。

  • 専門スタッフ(医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士)が回診します。

  • ベットサイドでケア・処置内容の見直し、栄養状態、リハビリ状況の確認をします。

特徴

  • 多職種(医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士)での褥瘡カンファレンス・回診を行っています。

  • 各職種の専門性を活かし、予防から治療、治療後のケアまで包括的な褥瘡対策を行っています。