グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > 医療チームの紹介  > 栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチーム(NST)

当院では患者さん一人一人に対して病気の状態や治療法に合わせて栄養指導を行っておりますが、その中でも特に食欲が低下している患者さん、栄養状態の悪い患者さんを対象にして、NSTによる栄養サポートを行っております。
様々な職種の専門スタッフが連携し、それぞれの知識や技術により最良の方法で栄養支援を行うことにより、全身状態の改善や合併症の予防を目指します。
当院では、2003年よりNST活動を開始しております。


このページの目次


業務内容

■病棟回診、症例検討  週1回
■委員会  年4回
■院内勉強会  年4回
■地域合同勉強会  随時

特徴

■当院でのNST活動は医師を中心に、多くの専門スタッフがチームとなり、それぞれの知識や技術を出し合い最良の方法で栄養支援を行います。これらの活動により、創傷治癒の改善・術後合併症の軽減・死亡率の低下を図り、生活の質を改善し社会復帰の向上に繋がります。
・医師(外科・内科・歯科):症例ごとの病態に沿った栄養補給方法を検討
・看護師         :入院生活全体を管理し全身状態を把握・支援
・管理栄養士       :必要栄養量の算出と摂取量の評価、栄養補給方法の計画立案
・言語聴覚士       :嚥下機能評価・訓練、姿勢の調節・動作訓練
・歯科衛生士       :口腔衛生状態の管理
・薬剤師         :病態に応じた静脈/経腸栄養製剤・投与方法の選択提案
・臨床検査技師      :検査結果の分析・栄養状態評価・消化吸収能評価

■摂食嚥下チームとも連携し、嚥下機能評価をもとに食事形態を検討します。

■院内勉強会においてそれぞれの専門スタッフによる新たな知識の啓発を行っています。

施設認定

  1. 日本栄養療法推進協議会(JCNT):NST稼働認定施設
  2. 日本静脈経腸栄養学会(JSPEN):NST稼働認定施設