グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > 医療チーム  > 認知症ケアサポートチーム

認知症ケアサポートチーム

認知症ケアサポートチーム(DST:Dementia Support Team)の役割・紹介

 認知症を患う高齢者が身体疾患を合併し、急性期病院に入院することは、今後も増加すると予測されます。急性期病院という役割に応じた質の高い医療サービスの提供と安心した療養生活を送れることができるようチームでサポートしています。また病院スタッフへの教育や地域との連携も推進しています。

関連リンク先:認知症疾患医療センター


チーム編成

 神経内科医師、精神科医師、認知症認定看護師、脳卒中リハビリテーション認定看護師、副看護部長、看護師長、病棟看護師、作業療法士、臨床心理士、薬剤師、MSW、地域医療支援室、認知症疾患センター、医事課などの多職種で構成されています。

主な活動内容

○サポート体制
 認知症を患う高齢者が身体疾患を合併して入院
         ⇩
 各病棟のリンクナースが療養環境を調整
         ⇩
 ケアの方法・薬剤の使用方法など調整が必要な方に対して
 サポートチームが介入

○チームラウンド
 毎週火曜日にカンファレンスと病棟ラウンドを行い、病棟のスタッフと協同して個々の状態に合わせたケアプランを検討しています。

○院内デイケア「ほほえみの会」
 毎週1回、季節に合わせた作業や歌、体操などのレクリエーションを開催しています。同年代の方と携わることで入院生活に早期になじみ、病気と向き合い、入院中の合併症予防や生活リズム改善を期待して行っています。院内デイケアに参加すると“病棟では見たことのないような患者さんの笑顔が見れる”との声が多くのスタッフから聞かれ、この名称となりました。

○院内外の勉強会・研修会、地域活動
 認知症ケアやせん妄の勉強会を院内外問わず企画・実施しています。地域との連携の強化にも力を入れています。

認知症を患う高齢者の方々が、その人らしく居られる場所に
早期に戻って、日常が取り戻せるよう支援していきます。