グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > 医療チームの紹介  > 抗菌薬適正使用支援チーム(AST)

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)

このページの目次


業務内容

■抗MRSA薬をはじめとする抗菌薬について届出制の導入と一括管理
   抗菌薬使用患者について、培養実施の有無を含め、把握しています。
■抗菌薬の使用方法や用法、用量等の監視、介入、フィードバック
   抗菌薬が適正に使用されているかをモニタリングし、適宜、助言を行っています。
■定期的なミーティングを通じたチーム内での情報共有
   週1回特定の抗菌薬使用患者、血液培養陽性患者を対象とし、チーム内で情報交換行っています。
■院内採用抗菌薬の見直し
   院内採用抗菌薬を評価し、保有する抗菌薬の調整に努めています。
■研修会の企画と開催
   年2回以上、抗菌薬に関連した研修会を企画、開催しています。

特徴

■感染症診療のサポート
抗菌薬を正しく使用する手助けを行い、治療が完了できるよう支援しています。

■投与設計への関与
体内における薬物濃度の調整が必要な薬剤に対してシミュレーションを行い、副作用が生じないように投与量の調整を行っています。

■様々な分野の感染症専門家が在籍
感染制御の専門資格をもった医師、看護師、臨床検査技師、抗菌化学療法認定薬剤師が携わっています。

認定施設

  1. 日本環境感染学会認定教育施設