グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 特色・取組み  > 5S活動

5S活動

はじめに

このページでは今年で10年目となった当院の5S活動について紹介します。

当院では、5S活動の視察を常時受付ております。
このホームページをご覧になって興味をもたれた方は、5S事務局までお気軽にご連絡ください。

平成22年4月に医療安全に関しての第一人者である河野龍太郎氏が来院されました。後日、河野龍太郎氏より当院に対しての率直なご感想(「磐田市立総合病院を見学して」)をいただきましたので紹介します。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


磐田市立総合病院では平成19年度から「5S活動(以下5S)」に取り組んでいる。
5Sとは「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」の5つの頭文字をとっているもので、民間企業、特に工場などでは1980年代から積極的に取り入れている手法である。必要以上に物を置かない、誰でもすぐ分かる場所に物を置く、さらに常に清潔に保つということを続けることで、探す手間を省いて作業効率を上げたり、不良在庫を抱えないためコストを下げたりすることができ、最終的に企業の経済効率を高めるという効果がある。
医療の分野から考えると上記のコスト削減のほかに「医療安全」という面からも5Sは効果があると考えている。もちろん、医療安全については様々な要因があり5Sだけが全てではないが、物の定位置が決まっていて明確に表示されていることは少なからず貢献していると考えている。
以下では「コスト削減」と「医療安全」の2つの目標を上げて取り組んだ当院の5Sの具体的な取り組みについて紹介したいと思う。

H27 ラウンドの様子

当院では5Sの施設見学の受け入れや出張講演を行っております。