グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 部門  > 看護部  > 各部署の紹介  > 7階西

7階西

消化器内科病棟

当病棟は急性期から終末期の患者さんが入院されているため、検査・化学療法・放射線治療を目的とした患者様が多い病棟です。 患者様が安心して入院生活が送れるよう、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・栄養士・ケースワーカー・心理士などのスタッフと連携して、 より質の高い医療・看護を提供できるよう頑張っています。


病棟紹介

7階西病棟は、消化器内科病棟です。検査を受けられる患者様、繰り返し化学療法を受けられる患者様、終末期の患者様のケアを行っています。いつも患者様やご家族の思いを大切にして、満足していただけるようにコミュニケーションを図りながらスタッフ一同で心のケアを目指して頑張っています。
また、内視鏡室と連携をとり病棟看護師が内視鏡検査の介助を実施しています。介助を行いながら専門的知識を高め、病棟での看護に役立てています。

退院に向けての取り組み

担当看護師が中心となり、退院後患者様やご家族がどのような生活を送りたいと考えているのかご要望を伺い、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・ケースワーカー・栄養士等多職種と協働し、意向に沿った支援が行えるよう取り組んでいます。また、近年では終末期患者様の在宅療養も増えており、社会資源に関する情報提供や、退院後安心して自宅療養ができるよう退院指導・調整を行っています。