グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 部門  > 看護部  > 各部署の紹介  > 手術室

手術室

年間約4,100件の手術を行っています。看護師と共に放射線技師・臨床工学技師も常駐し手術中の撮影や造影、ME機器のトラブルにもすぐに対応しています。患者様が安全・安楽に手術を受けていただくために、術前訪問で情報共有し手術中の看護に役立てています。また、感染防止・事故防止対策・褥瘡対策などスタッフ全員で取り組んでいます。
当手術室は、明るく元気なスタッフばかりです。


このページの目次


手術室紹介

当手術室では、麻酔科医、看護師、放射線技師、臨床工学技師、薬剤師が勤務しており、それぞれの専門性を生かし、手術に対応しています。また、技師も手術に立会い(器械出し)をしています。機械の洗浄・組み立て・滅菌、各部屋の清掃には専門業者が入り、患者様に安全かつ安楽に手術を受けていただけるよう全員で協力し、気を引き締め笑顔で取り組んでいます。
手術室数8室
手術を行う科外科 消化器外科 血管外科 形成外科 小児外科 脳外科 整形外科 (リウマチ科)
呼吸器外科 乳腺外科 産婦人科 耳鼻咽喉科 歯科口腔外科 皮膚科 眼科
腎臓内科 麻酔科
年間手術件数4,168件(平成27年)

特徴

ME器機は9名の臨床工学技師によって随時点検され、安全に配慮しています。近年では器械出し業務にも従事し、手術室にはなくてはならない存在です。

造影や確認をしながらの手術にX線透視装置を使用しています。
被爆低減・安全に努めています。

手術当日には、患者様の不安を少しでも軽減できるように、術前訪問を実施しています。

ミッフィーのユニホームでお迎えしま~す。「こわくないよぉ」

小さなお子様が安心して手術を受けられるように、母児同伴入室をおすすめしています。(緊急手術は除く)

腹腔鏡手術の様子

最近では内視鏡による手術が大変増えてきています。