グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療科  > 呼吸器内科

呼吸器内科

科の特徴

呼吸器内科は、呼吸器系の病気の方が受診される診療科です。
例えば、「咳がでる」、「痰が出る」、「血痰が出る」、「ゼイゼイする」、「息が苦しい」、「胸が重い」などの症状がある場合や健診で胸のレントゲン写真に異常があると指摘された方などです。

診療内容

呼吸器内科では、症状や所見により、画像診断(レントゲン、CT、MRI)、生理機能検査(肺活量や気道抵抗などの肺機能検査、血液中酸素飽和度や分圧の測定、心電図等)、血液検査、喀痰検査(細菌学的、病理学的検査)等を施行します。また必要であれば気管支鏡や胸腔鏡などの検査をお勧めすることもあります。

呼吸器内科が診療する主な疾患は、感染症(気管支炎、肺炎、肺化膿症、肺結核など)、アレルギー性呼吸器疾患(気管支喘息、好酸球性肺炎、過敏性肺炎など)、腫瘍性疾患(肺癌、肺良性腫瘍、縦隔腫瘍など)、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺疾患、胸膜疾患(自然気胸、胸膜炎など)まで多岐にわたります。また腫瘍性疾患、気胸、胸膜炎などでは呼吸器外科と連携しながら、最適な診療を目指します。

呼吸器疾患による慢性的な呼吸困難は、呼吸困難の予防や呼吸困難時の対処法を理学療法等で習得することにより日常生活が少しでも楽になる可能性があります。

診療統計

入院症例数

20年度21年度22年度23年度24年度25年度26年度27年度
肺癌338322345476569394383512
肺炎220214234265295247300410
気胸2754544759444457
間質性肺炎52848485105827951
胸膜炎251417102817165
慢性気道感染症2
気管支喘息1731282517303355
心不全9531412191314
慢性閉塞性肺疾患1313181437213542
肺外原発腫瘍2
肺結核6671214956
肺真菌症2
縱隔腫瘍1 2531
胸部異常陰影 383311186829
慢性呼吸不全増悪 18181713468
肺非結核性抗酸菌症 1111 184412
膿胸 1091211967
その他1929397237316293384327
合計9069139581,2251,5141,2671,3191,536

気管支鏡件数

20年度21年度22年度23年度24年度25年度26年度27年度
225件243件303件332件420件338件287件358件

スタッフ紹介

名前職名出身校取得年資格
妹川 史朗第1医療部長 兼
呼吸器内科部長
浜松医大昭和63年日本内科学会認定 内科医・総合内科専門医
日本呼吸器学会認定 呼吸器専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会認定 気管支鏡専門医
日本結核病学会認定 結核・抗酸菌症指導医
ICD制度協議会認定 インフェクションコントロールドクター
日本アレルギー学会認定 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構認定 がん治療認定医
佐藤 潤呼吸器内科部長浜松医大平成4年日本内科学会認定 内科医・総合内科専門医・指導医
日本呼吸器学会認定 呼吸器専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会認定 気管支鏡専門医・指導医
日本結核病学会認定 結核・抗酸菌症指導医
ICD制度協議会認定 インフェクションコントロールドクター
日本アレルギー学会認定 専門医・指導医
日本救急医学会認定 救急科専門医
日本がん治療認定医機構認定 がん治療認定医
日本医師会認定 日本医師会認定産業医
右藤 智啓科長浜松医大平成12年日本内科学会認定 内科医・総合内科専門医
日本呼吸器学会認定 呼吸器専門医
日本アレルギー学会認定 専門医
日本感染症学会 感染症専門医
安井 秀樹科長浜松医大平成15年日本内科学会認定 内科医
青野 祐也医師浜松医大平成23年日本内科学会認定 内科医
二橋 文哉医師浜松医大平成24年日本内科学会認定 内科医
三輪 聖医師浜松医大平成24年日本内科学会認定 内科医
岸本 祐太郎医師関西医科大平成25年日本内科学会認定 内科医
深田 充輝医師浜松医大平成25年-

認定施設

  1. 日本呼吸器学会認定研修施設
  2. 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡認定施設
  3. 日本感染症学会認定研修施設
  4. 日本アレルギー学会認定教育施設

症例

肺の「生検」について

胸部X線などで肺に病変が見つかった時、その病変部位を採取して組織診断を行うことを「生検」と言います。肺の「生検」の方法は大きく3通りあります。

  • 気管支鏡を使った「生検」
  • 胸腔鏡を使った「生検」
  • CTを使った「生検」

どれを使うかは、病変の存在部位、病変採取の難易、安全性等を検討し、総合的に判断してお勧めしています。現実的には、多くの場合で気管支鏡を用いた検査となります。

結核について

結核は今でも存在する病気です。発病しても適切な治療によって殆どの場合なおる病気ですが、発病したまま放置しておくと、ご自身のみならず周囲の方、特に小さなお子さんに大きな影響を及ぼしてしまいます。
1週間以上咳や痰が続き、微熱があったり、だるかったりしたら、必ず胸部X線や喀痰の検査を受けましょう。

肺癌について

肺癌は日本での癌死亡の第一位の疾患です。早期発見がご自身の利益ですので検診を受けましょう。もし早期でないと診断された場合でも、化学療法・放射線療法・緩和療法などを組み合わせて、どうしたら生活の質を落とさない治療できるか一緒に考えましょう。