グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療科  > 放射線診断科

放射線診断科

科の特徴

放射線診断科では画像の読影を主に行っています。「画像の読影(どくえい)」とは、撮影されたCT、MRI、単純エックス線写真などの画像を見て、病気がないかどうかを判断し、依頼した主治医に報告することです。患者のみなさまには、なじみの薄いことばですが、今の高度医療になくてはならないものとなっています。

診療内容

ここでは、放射線診断科医が関与して行われている、CT、MRI、血管造影検査、核医学検査について説明します。

CTについて

CTはエックス線を回転させて照射することにより、体の横断像を撮影する検査です。脳出血や脳梗塞がないかどうか、肺がんがどこまで広がっているのか、肝臓に転移があるのかどうかなど、病気を見つけたり、病気の広がりの程度を調べたりすることに使います。
当病院ではMDCTと呼ばれる、今までのCTと比較して、より細かく、より早く広い範囲を撮影できる新型のCTが2台入っていて、迅速な診断に役立っています。

MRIについて

MRIとは核磁気共鳴画像の略で、強い磁石と電磁波を使って体の内部を画像化します。 どのような方向の断面でも見ることができるので病気の診断にとても有用です。また、エックス線を使わない検査方法なので被ばくすることがありません。 さまざまな病気の診断に使われていますが、特に脳梗塞の診断、腰痛の原因検索、子宮・卵巣病変などの診断に有用です。また、最近、脳ドックを受ける方が増えていますが、造影剤を使うことなく脳血管を見ることができるので、脳動脈瘤(脳の動脈がこぶ状にふくらんだもの)の診断に使われます。

血管造影検査について

血管造影検査とはカテーテルと呼ばれる細いチューブを血管の中に入れ、造影剤という薬剤を注入して血管の状態を見ることにより病気を診断する検査です。しかし、高性能のCTが普及してきた最近では、病気の診断よりも病気の治療に使われることが多くなりました。たとえば、肝臓がんに対して、カテーテルを肝臓がんを栄養する血管の近くまで進め、その血管をふさぐことによって肝臓がんを兵糧攻めにして治療します。

核医学検査について

核医学検査(RIとも呼ばれます)とは、放射性同位元素をつけた特殊な薬剤を静脈内に投与して、病気を診断する検査です。脳、肺、心臓、甲状腺、肝臓、腎臓、骨などの診断ができますが、それぞれ異なった薬剤を投与して検査をします。
各検査の詳細はコチラ(放射線診断技術科のページへ)

診療統計

放射線診断科の読影件数
平成
23年度
平成
24年度
平成
25年度
平成
26年度
平成
27年度
MRI7,6908,0958,1498,1138,120
CT21,13422,73023,60324,32626,930
RI723877742719665
単純写真2,0951,8261,5001,4771,418
血管造影911219493118
検診胸部単純写真
(直接撮影)
合計31,73333,64934,08834,72837,251

スタッフ紹介

名前職名出身校取得年資格
内藤 眞明第3医療部副部長 兼
放射線科部長
浜松医大昭和58年日本医学放射線学会放射線診断専門医・研修指導者
沓掛 康道放射線科部長浜松医大昭和59年日本医学放射線学会放射線診断専門医・研修指導者
吉原 修科長広島大平成7年日本循環器学会専門医
日本内科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
岩倉 岳史医長浜松医大平成18年日本医学放射線学会放射線診断専門医
山中 典子医長群馬大平成20年日本医学放射線学会放射線科専門医
緩和ケア研修(PEACE)修了
吉原 和代非常勤医広島大学平成7年日本医学放射線学会放射線診断専門医

認定施設

日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関

その他

CT、MRIの造影検査について

CT、MRIでは造影剤を静脈内に投与して、検査を行うことがあります。造影剤により病気の部分と正常な部分との違いが明瞭になり、より正確な診断が行えるようになるからです。しかし、他の薬剤と同じように副作用というマイナスの要素も持ちあわせていますので、主治医が必要であると判断した場合にのみ造影剤を投与しています。 副作用には、吐き気、嘔吐、皮膚のかゆみ、発赤、蕁麻疹などの軽度のものから、ショックや死にいたるような重いものまでありますが、万一重い副作用が生じた場合でも万全の体制で対応いたします。

放射線被ばくについて

CT検査で受けた放射線被ばくで日本国民全体のガンの発生が増加している可能性があると報道された事があり、CTなどの放射線検査に不安を感じている患者様がいらっしゃると思います。確かに、CTなどの放射線を使った検査では、放射線の被ばくは避けられません。しかし、診断に使われる程度の低い放射線の被ばく量(100ミリシーベルト以下)でガンの発生する頻度が増したとの信頼性の高い報告は今までにありません。また、どうして医師が放射線検査を行うかといえば、早く診断して、早く治療を行いたいからです。ガンの発生を気にして悩むよりも、今ある病気を早く見つけて、治療を受けて治ったほうがずっとよいと思います。