グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療科  > 形成外科

形成外科

科の特徴

平成24年に開設し、現在は常勤2名の体制で診療を行っております。
形成外科は、“隙間産業的”でありますので、対象疾患がわかりにくいかと思います。
当科では小さな皮膚腫瘍(ほくろ、こぶ、いぼ)などの外来小手術などはもちろんのこと、全身麻酔下での乳房再建などの軟部組織再建を積極的に行っております。 また、熱傷・創傷・瘢痕(やけど、けが、きずあと)などに関する治療も重点をおいております。顔や手足の形態異常に関しても幅広く診療可能です。
皮膚科、乳腺外科、整形外科、口腔外科、耳鼻科など、必要があれば他の専門科と相談し合同で手術を行う場合もあります。
常に機能面及び整容面に配慮し、患者様との信頼関係が築けるように努めております。磐田のことは磐田で解決できるように、特別な理由がない限りは受け入れを断ることはありません。
なお、形成外科の具体的な治療対象疾患については、以下を御参照下さい。

診療内容と対象疾患

新鮮熱傷(やけど)

顔骨骨折、顔面軟部組織損傷(顔のけが)

前頭骨、鼻篩骨、眼窩、頬骨骨折、顔面神経損傷、涙道損傷、唾液腺損傷、頭蓋・顔面骨欠損

口唇裂(顔面の先天異常)

手・足の先天異常、外傷

合指症、多指症、その他の四肢異常、切断指再接着、手指外傷・変形

その他の先天異常

先天性眼瞼下垂症、耳の変形、漏斗胸、副乳、陥没乳頭、臍ヘルニア など

母斑、良性腫瘍、血管腫・血管奇形(あざ、こぶ、いぼなど)

各種母斑(色素性母斑、扁平母斑、太田母斑、異所性蒙古斑、脂腺母斑)、表皮母斑血管腫、動静脈奇形、リンパ管腫、脂肪腫、粉瘤、類皮嚢腫 など

悪性腫瘍およびそれに関連する再建(乳房などの軟部組織再建)

皮膚癌(有棘細胞癌、基底細胞癌、悪性黒色腫、乳房外パジェット病)、頭頚部の欠損、変形、乳房再建など

瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド(きずあと)

褥瘡、難治性潰瘍(治らないきず)

その他

顔面神経麻痺、毛巣洞、陥入爪、腹壁瘢痕ヘルニア、腋臭症


※疾患に関する細かい内容については、以下のURL(日本形成外科学会ホームページ)をご参照ください。乳房再建についても内容が記載されております。
日本形成外科学会ホームページ(http://www.jsprs.or.jp/general/disease/

御不明の点がございましたらお気軽に御相談下さい。

診療統計

形成外科手術実績

2013年2014年2015年
外傷・熱傷4612693
先天奇形91516
良性腫瘍200232340
悪性腫瘍564543
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド132320
難治性潰瘍284225
炎症・変性疾患374562
美容322
合計392553605

入院手術外来手術合計
2013年110282392
2014年204401605
2015年269487756

スタッフ紹介

名前職名出身校取得年資格
谷口 佳代子医長富山医科薬科大平成20年日本形成外科学会専門医
山口 智彦医師浜松医大平成24年-

※診療日時は都合により変更することが有りますので、 初診の方はあらかじめ当院まで電話にてご確認下さい。