グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療科  > 小児科

小児科

科の特徴

「地域の子どもの健康を守る」をモットーにしている当院小児科は、外来、救急、新生児(出生直後の新生児診察と未熟児医療)、入院(肺炎や喘息、川崎病など)を治療の4本柱にしています。
小児科の対象年齢は出生直後の0歳から思春期・青年期までと幅広いです。
当科へ来院する子どもの病気は様々です。救急蘇生が必要な子どもから慢性疾患の子どもまで来ます。また感染症のような一般的な疾患から非常に稀な遺伝子異常の病気を持つ子どもまで治療しています。

診療内容

小児科外来

小児科外来は、子どもの発達を評価しながら、現在かかえている発育上の問題や病気について小児科医の立場から治療方針を提示し協議する場です。子どものあらゆる問題を一緒に考えていきます。小児科医のみの判断では解決が難しい場合、他科にコンサルトします。日本では一般的に小児科受診年齢は中学生までとなっていますが、成育医療の観点から、最近日本小児科学会は「小児科医は子ども達が成人するまで見守ります」というスローガンを掲げ、子ども達が思春期を通過し成人するまでしっかり見届けようとしています。磐田市立総合病院の小児科医もその方針に沿うように努力しています。

小児科外来は正面玄関を入って、右側一番奥にあります。

月曜日から金曜日の午前中は一般外来で、受付は8:30~11:00です。
主に3人の外来担当医が交代で診察にあたります。平日の担当医はホームページに掲載しています。一人の医師で判断が困難な場合には、他の小児科医と協力して診察、治療にあたります。
退院後の診察以外は、基本的に一般診療での予約は受けません。
外来に来られる子どものもつ病気は、一般的な感染症や流行性疾患だけでなく、喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患、痙攣や脳炎・髄膜炎、麻痺や失調性歩行などの神経疾患、発育や精神運動発達の問題をかかえる子ども、さらに消化器や肝臓・腎臓・血液の病気、皮膚の病気、育児上の悩みなど多岐にわたります。
午後は慢性疾患の予約外来と専門外来で、一般診療は扱っておりません。
急な熱の場合などは、まずお近くの医院で診察を受け、必要なら紹介状を書いてもらって受診してください。

専門外来を以下の通り開いています。専門外来は完全予約制です。

  1. 内分泌外来 低身長や甲状腺疾患、糖尿病などの診断と治療を行います
  2. 心臓外来 先天性心疾患の診断を心臓エコー検査で行いその後フォローします。その他不整脈の管理、川崎病の管理などを行います。
  3. 神経外来 てんかん、発達障害などの治療を行います

乳児検診も予約制で行っていますが、火曜日午後は4ヶ月健診と10ヶ月健診を行い、水曜日午後は1ヶ月健診のみ行っています。
予防接種外来は木曜日午後に予約制で行っています。毎年11月からはインフルエンザの予防接種も希望者に予約制で行っています。予防接種のスケジュールの立て方がわからないとき、あるいは体調不良で延期した場合なども御相談ください。

小児科入院

当院の入院の特徴は、地域の小児科診療所と連携しながら行っていることです。従って紹介患者さんの入院に占める割合が高いです。病院3階西にある小児科病棟の病床定数は20床ですが、季節変動の激しいのが小児科の特徴です。

入院する子ども達の中で、一番多い病気は、気管支喘息による喘息発作と急性胃腸炎、そして急性気管支炎・肺炎です。
そして冬にはさらにインフルエンザ合併症やRSウイルスによる急性細気管支炎、ロタウイルスによる急性胃腸炎など多彩なウイルスが流行し、小児科病棟は大混雑です。
もちろん入院は冬場だけではありません。脳炎・脳症や川崎病、糖尿病、ネフローゼ症候群、急性腎炎、血管性紫斑病に罹った子どもや、重症疾患を持つ子どもは一年を通して入院してきます。
入院観察中に外科手術が必要になった子どもは外科に紹介しますし、高度先進医療が必要と判断した場合は、浜松医科大学付属病院やこども病院など他病院にお願いすることもあります。

少し元気になった子どもは、プレイルームで遊びます。

新生児・未熟児医療

分娩数の増加により、最近の院内出生数は月90-100名前後、年間1200名になろうとしております。全ての新生児に対して当院では出生時の診察と退院時の診察を小児科医が行っています。新生児・未熟児の入院は年間200名ほどです。他院出生児で新生児管理が必要な児の受け入れもしています。

入院する子どもの主な疾患は1500gの未熟児、呼吸障害合併する児、黄疸で光線治療を必要とする新生児、低血糖を呈する未熟児や発熱の見られる感染症の新生児たちです。
当院では胎児32週以上で呼吸障害の持続期間が1週間以内と予想される子どもを入院治療の対象にしています。胎児32週未満の未熟児や重症合併症を持つことが予想される新生児は高度先進医療が行える施設(例えば総合周産期母子医療センター)に母体搬送しています。

年間1200名の出生に対応して、安心してお産のできる施設として当院に周産期母子医療センターを作りました。
周産期母子医療センターには、NICU(新生児集中治療室)を6床とGCU7床をそろえ、リスクのある新生児も障害を残さず治療できる体制を整えました。また、NICUにマザーリングのための部屋を設け、ゆったりとしたお部屋で両親とともに誕生した子どもを祝福します。

救急医療

小児救急診療も地域医療の中で大きな比重を占めています。当院では平日の夜間、土曜と日曜日の救急受診者は内科を中心とした当直日直医がまず診察し、その後患者さんの状態に応じて小児科医が呼ばれる待機体制をとっています。
また休日は病診連携時間外診療システムを取り地域開業医が第2と第4日曜日午前10:00から12:00までの2時間小児の診察にあたっています。

緊急の救急患者さんは日勤でも担当の小児科医がすぐ対応する体制をとっています。
救急車で来院した方や他医院から紹介患者さんなどがそれに当たります。小児救急の特徴は、一見軽い症状を呈した子どもの中に重症な疾患を持つ子どもが混在することです。さらにその疾患も多彩で、かつ症状の進行が早いことです。これが小児救急を難しくしています。救急医療も含めて、地域の住民が安心して子育てできる医療環境を提供できるよう努めています。

診療統計

入院患者数の内訳

呼吸器
平成25年度平成26年度平成27年度
急性上気道炎・咽頭扁桃炎
急性中耳炎・咽後膿瘍等
232215
クループ症候群10114
急性喉頭蓋炎0
急性気管支炎・細気管支炎919776
  うち急性細気管支炎1938
  うち人工呼吸器管理症例22
肺炎10710250
  うちマイコプラズマ肺炎716
  うち誤嚥性肺炎(重症児)75
  うち人工呼吸器管理症例122
気管支喘息発作295312
その他(喉頭軟化・気胸など) 38
合計296323157

消化器・肝
平成25年度平成26年度平成27年度
急性胃腸炎503748
  うちロタウイルス感染症17104
腸重積454
周期性嘔吐症1
肝障害32
急性虫垂炎421
腸間膜リンパ節炎111
蛋白漏出性胃腸症0
イレウス(絞扼性イレウス)11
肥厚性幽門狭窄症331
鼠径ヘルニア嵌頓
乳児遷延性黄疸
大腸憩室炎、大腸ポリープその他1116
合計786261

腎・尿路系疾患
平成25年度平成26年度平成27年度
急性腎盂腎炎、尿路感染症162121
急性腎炎症候群18
ネフローゼ症候群111
紫斑病性腎炎
溶血性尿毒症症候群
その他(水腎症・腎結石など) 3
合計183322

神経系疾患
平成25年度平成26年度平成27年度
熱性痙攣432343
無熱性痙攣 (胃腸炎関連痙攣)659
てんかん発作9149
細菌性髄膜炎1
無菌性髄膜炎672
急性脳炎・脳症31
ギランバレー症候群
多発性硬化症疑い
その他(頭痛など)
合計684964

血液・腫瘍性疾患
平成25年度平成26年度平成27年度
血小板減少性紫斑病111
自己免疫性溶血性貧血1
汎血球減少症
免疫性回小板減少症1
好中球減少症1
白血病・悪性リンパ腫023
血友病
脳腫瘍(同症例複数入院)
卵巣嚢腫茎捻転
合計444

その他の感染症
平成25年度平成26年度平成27年度
生後3ヶ月未満の発熱352226
化膿性股関節炎・仙腸関節炎
蜂巣識炎24
頸部リンパ節炎・深頚部膿瘍332
SSSS/伝染性膿痂疹11
百日咳211
伝染性単核症
インフルエンザ61012
ヘルペス歯肉口内炎23
突発性発疹症
手足口病・ヘルパンギーナ32
流行性耳下腺炎 11
結核性リンパ節炎
その他のウイルス感染症
菌血症11
その他の細菌感染症
合計554946

免疫・アレルギー性疾患
平成25年度平成26年度平成27年度
川崎病2329
血管性紫斑病69
多形紅斑・蕁麻疹様紅斑2
周期性発熱症候群0
食物アレルギー負荷試験441821
アナフィラキシー923
消化管アレルギー
膠原病(JIA・JDM・高安病)
菊池病3
合計875832

内分泌・代謝性疾患
平成25年度平成26年度平成27年度
糖尿病3145
低身長負荷試験11133
甲状腺疾患0
体重増加不良・成長障害
思春期早発症疑い
先天性副腎皮質過形成疑い
糖原病・ムコ多糖症81612
低血糖症2
合計244320

心疾患
平成25年度平成26年度平成27年度
先天性心疾患343
高血圧
合計343

事故・外傷等
平成25年度平成26年度平成27年度
異物誤飲223
熱中症 1
ピーナッツ誤嚥
腎損傷
蘇生後
体重増加不良
その他
合計233

心身症・精神疾患
平成25年度平成26年度平成27年度
神経性食思不振症1
身体表現性障害11
不登校0
不安定神経症
遺糞症12
過敏性腸症候群
合計321

新生児
平成25年度平成26年度平成27年度
早産・低出生体重児
(合併症なし)
79141122
  うち極低出生体重児412
呼吸障害(RDS・MAS・TTN)512929
ジストレス・低酸素性脳症8128
  上記2項目で呼吸器管理症例351229
新生児黄疸494668
哺乳障害・嘔吐症21
発熱・感染症613
低血糖403737
低体温(墜落産等)1
染色体異常・先天奇形症候群11
複雑心奇形・頻脈性不整脈1
新生児外科疾患
(鎖肛・ヒルシュスプルング病・
胎便関連性腸閉塞症)
21
その他 56
合計240286270

重症児(短期入院)
平成25年度平成26年度平成27年度
重症児(短期入院)

その他
平成25年度平成26年度平成27年度
その他106

入院数合計
平成25年度平成26年度平成27年度
1023980839

スタッフ紹介

常勤医

名前職名出身校取得年資格
遠藤 彰副病院長 兼
小児科部長
浜松医大昭和59年日本小児科学会 専門医・臨床研修指導医
日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医・指導医
浜松医科大学臨床教授
白井 眞美第1医療部副部長 兼
小児科部長 兼
周産期母子医療
副センター長
佐賀医科大昭和62年日本小児科学会 専門医・臨床研修指導医
新生児蘇生法 専門コースインストラクター
平野 恵子科長東北大学平成11年日本小児科学会 専門医・臨床研修指導医
日本小児神経学会 小児神経専門医
北形 綾一医師愛媛大学平成23年日本小児科学会 専門医
新生児蘇生法 専門コースインストラクター
緩和ケア研修(PEACE)修了
伊藤 祐介医師浜松医大平成25年-
鈴木 宏明医師浜松医大平成26年緩和ケア研修(PEACE)修了
椎名 晃平医師浜松医大平成27年-

上記の専門医をお呼びして、小児の特殊外来を開いています。
予約制ですので、詳細については通常の外来の際に外来担当医にお尋ねになるか、外来担当の看護師などにお尋ねください。

認定施設

1. 小児科専門医研修施設