グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療科  > 整形外科

整形外科

科の特徴

骨や関節、靭帯などの骨格とそれを取り囲む筋肉、これらを動かす神経などのしくみを総称して運動器と呼びます。整形外科は運動器に起こる疾患をあつかう診療科で、特に運動器の機能の改善をめざす外科です。
この運動器の外科には、背骨と脊髄の疾患を扱う脊椎外科、肩から指先までの疾患を扱う肩関節外科と手の外科、下肢の関節疾患を扱う股関節外科・膝関節外科・足の外科、スポーツ傷害や障害を扱うスポーツ医学、リウマチ外科、骨・軟部腫瘍外科、骨粗鬆症などを扱う分野など多数の領域があります。どのような運動器疾患にも対応できるように当院に勤務する整形外科医の個々の専門的技量を生かしてチームで診療にあたります。

診療内容

代表的な疾患
いずれの疾患でも患者様がより早期に社会復帰できるための治療を考えてまいります。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症

腰痛のほか下肢への放散痛や歩行障害、筋力低下、感覚障害などを伴う場合には薬物治療のみでなく手術も施行します。脊椎脊髄の専門医を中心にチーム医療を行っています。

手の外科

 手、肘のしびれや痛み、動かしにくさを内服薬や注射、リハビリ、手術で治療します。傷の負担を減らし回復を速めるために、内視鏡(間接鏡視下)で手根管症候群やばね指、手指の骨折を治療することもあります。切断指では、顕微鏡を使用し血管吻合を行います。

変形性関節症

軟骨が磨耗して生じる変形性関節症は膝関節や股関節に多く発症します。治療は薬物治療や装具療法、リハビリが主体ですが、日常生活の制限が大きい場合には人工関節手術を行います。当院でも手術の傷が小さいMISとよばれる手術方法が可能です。

スポーツ傷害・障害

子どもから高齢者まで、一般の方からトップアスリートまでスポーツを楽しむ皆さんを支援します。ケガをされてもできるだけ早期にスポーツ復帰することを目標に、膝前十字靭帯再建手術など関節鏡視下手術で行うように努めています。

大腿骨近位部骨折

高齢者が寝たきりになりやすい代表的な骨折です。地域のリハビリ病院や診療所と連携して治療する“地域連携パス”とよばれるシステムを利用して治療を行います。

診療統計

20年度21年度22年度23年度24年度25年度26年度27年度
総手術件数7538008369651,0051,1621,101 1,149
骨接合術337360346394446474454 527
鏡視下手術58583433343555 73
 ACL再建(10) 9
人工骨頭置換術77588668859079 72
人工股関節置換術10212839396242 39
人工膝関節置換術24241711363632 24
脊椎手術5173962605564 69
偽関節手術1 6
靭帯縫合2 2
腱縫合301518
アキレス腱縫合18151775711 12
手の外科手術12 2676619596 110
切断・断端形成9 6
腫瘍生検・摘出9 25 24 24
神経剥離14
King変法2 4
手根管開放163430303241
腱鞘切開17 19
感染手術6 33 26 30
抜釘123 85 158 126
非観血的整復13 5
その他13209 24520726760 43

スタッフ紹介

名前職名出身校取得年専門分野資格
山﨑 薫副病院長 兼
整形外科部長
浜松医大昭和57年整形日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会研修指導者講習会受講済
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定
運動器リハビリテーション医
日本体育協会公認スポーツ医
浜松医科大学臨床教授
厚生労働省義肢装具等適合判定医
日本骨粗鬆症学会認定医
猿川 潤一郎整形外科部長浜松医大平成13年整形日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会研修指導者講習会受講済
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本体育協会公認スポーツ医
運動器リハビリテーション医
厚生労働省義肢装具等適合判定医
鈴木 隆辰科長浜松医大平成13年整形日本整形外科学会専門医
大石 崇人科長浜松医大平成16年整形日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医
井出 浩一郎医師宮崎大学平成23年整形-
岡林 諒医師浜松医大平成24年整形-
畑 佳秀医師浜松医大平成26年整形静岡県単位型緩和ケア研修会修了
日本救急医学会認定ICLSコース修了
村上 裕樹医師浜松医大平成27年整形-

認定施設

  1. 日本整形外科学会専門医制度研修施設