グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療科  > 脳神経外科

脳神経外科

科の特徴

脳神経外科は下記に示すような疾患を対象に診察しています。頭を切って治療する開頭術などの他に、頭を切らずに治す血管内手術、放射線外科治療(定位放射線治療)、内視鏡手術等も行っています。病気の状態等を考慮し最も有効で、負担の少ない治療法を選択して治療を行っています。

主に扱っている疾患

  1. 脳腫瘍
  2. 脳血管障害(クモ膜下出血、脳動脈瘤、脳出血、脳梗塞、脳動静脈奇形、もやもや病等)
  3. 頭部外傷
  4. 機能的疾患(三叉神経痛、顔面痙攣)
  5. 脊椎脊髄疾患(脊髄腫瘍、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症)
  6. その他(水頭症等)

上記の如く脳神経外科疾患一般を扱っています。

主要医療機器

CT4台,MRI2台(3&1.5T)、脳血管撮影装置、ノバリスTx2台、手術用顕微鏡、ナビゲーションシステム、術中血管撮影装置、超音波メス、手術用レーザー、SPECT(脳循環測定)、頚動脈超音波検査装置等

定位放射線治療

定位放射線治療とは放射線外科治療とも呼ばれ、メスを使って切ることなく外科治療のように治療が出来る放射線を用いた治療法です。
ノバリスTxを用いて脳腫瘍(転移性脳腫瘍、聴神経腫瘍等)、脳動静脈奇形などの治療を行うことができます。外科的にも切除困難な腫瘍等に羅患している方、高齢者や他にも病気があり全身麻酔が困難な方にも負担少なく治療を受けていただくことができます。
治療は病気によって治療期間は異なりますが多くは一日で終了します。重要な臓器の近くの病気や大きな病気では正常脳組織への負担をさらに減らすため分割放射を行いますので数日を要することがあります。病気の種類、部位などにより日数は異なります。
お気軽に脳神経外科外来担当医にご相談下さい。

脳ドック

脳卒中(クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞)は日本人の死亡原因の第3位です。また助かっても半身麻痺、言語障害などの後遺症を残す事も少なくなく、寝たきり状態になることもある病気です。
クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳梗塞の原因となる血管の狭窄などを脳卒中発症前に発見し、適切な治療を受けていただくことにより脳卒中の予防を行うことが出来ます。脳卒中の危険因子でもある高血圧、糖尿病、心疾患等もチェックしています。
また脳腫瘍も症状が出現する前に発見し治療を受けることができます。  
現在、高性能のMRIを用いて検査することにより脳の状態、血管を調べることが出来ます。
脳ドックを受診希望の方は健診センターまでご連絡ください。

診療統計

手術件数

平成26年度平成27年度平成28年度
脳腫瘍91124
脳血管障害292943
頭部外傷2139
慢性硬膜下血腫626146
水頭症111128
脊椎000
定位放射線治療(X-Knife)383675
その他203614
血管内手術4111
175208240

スタッフ紹介

名前職名出身校取得年専門分野資格
田ノ井 千春副病院長聖マリアンナ医大昭和57年脳腫瘍
脳血管障害
日本脳神経外科学会専門医・指導医
天野 慎士脳神経外科部長浜松医大平成11年脳腫瘍
脳血管障害
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本救急医学会専門医
緩和ケア研修(PEACE)修了
堀川 真医師浜松医大平成23年-日本脳神経外科学会専門医
鈴木 亮一医師群馬大平成25年--

認定施設

  1. 日本脳神経外科学会 専門医研修施設
  2. 日本脳卒中学会 認定研修教育病院