グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療科  > 救急科

救急科

救命救急センターの特徴

救急科は、平日日勤帯を中心に救命救急センターの診療業務を担っています。当院の救命救急センターは、病院を挙げての全科協力体制で運営されています。その中での救急科の役割は、上記時間帯を中心に、搬送患者さんの初期診療と治療、根本治療を行なう各科専門科への引継ぎ(Advanced Triage)を主たる業務とする、いわゆる「ER型救急体制」の中核業務を行ないます。

あわせて、初期研修医のみなさんにはBLS、ACLS、PALS、ISLS、JATECといった標準化された教育手法とその内容を用い、患者評価・診療を行なうことを指導上の目標としています。いわゆる「磐田流」ではなく、日本標準、世界標準とされる手法と共通言語を習得することで、研修終了後、他施設へ異動しても、臆することなく診療を行なえるよう成長して頂くことを主眼に置いています。

また、患者さんを診察する医師としての通常業務のほか、院内における防災(災害対応)業務、標準化に伴う各種シミュレーション講習会への参画、中東遠地域・静岡県MC業務への参加、なども重要な仕事です。救急科医師に求められる業務は、実臨床に限られることなく、これら「政策医療」と呼ばれる領域まで多岐に渡ります。平成21年4月に認可されたばかりの若い救命救急センターですが、地域の救急医療、病院前救護体制の構築や整備に微力ながら尽力してまいります。


このページの目次


スタッフ紹介

名前職名出身校取得年専門分野資格
間遠 文貴救急科部長
兼救命救急
センター長
聖マリアンナ医大平成6年救急一般
内科一般
循環器内科
日本救急医学会 救急科専門医
日本内科学会 認定内科医
日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 循環器専門医
日本核医学 会核医学専門医
日本核医学会 PET核医学認定医
日本医師会認定産業医
AHA BLSインストラクター
AHA ACLS インストラクター
AHA PALS インストラクター
日本救急医学会ICLS 認定インストラクター
日本救急医学会ICLS コースディレクター
ISLS認定 ファシリテーター
日本DMAT隊員
日本内科学会 JMECCディレクター
植野 正英医師浜松医大平成23年救急科-

受診案内

救急医療(休日・夜間)へのご協力をお願いします

  • 救急車により搬送された患者様、他の医療機関より紹介された患者様、その他状況に応じて治療を必要とする患者様(緊急の手術や入院などを要する、重症な患者様)を優先します。
  • 平日の当院への受診は、時間内にお願いします。
    ※受付:8時15分~11時00分(初診の場合は午前7時45分~)/13時00分~16時00分(午後診療のある科のみ)
  • 緊急手術・入院を必要としない発熱や軽度なけがなどにつきましては、まずは磐田市急患センター(毎日午後7時30分~10時30分)への受診をお願いします。
    ※磐田市急患センター(上大之郷51番地・電話32-5267)診療科目:内科・小児科・外科(外科は日曜日・祝日・年末年始のみ)

時間外診療費について

磐田市立総合病院では、平日時間内で受診される患者様と同様に、診療時間外および土・日曜日、祝日、年末年始に受診される患者様からも、初診時に「特定初診料」をいただいております。また、緊急に受診する必要がなく個人の都合により診療時間外などに受診された患者様からは、時間外加算に相当する額を自費でいただいております。

特定初診料をいただかない患者様(緊急その他やむを得ない事情)
  • 紹介状をお持ちの患者様
  • 救急車で搬送された患者様
  • 受診後入院された患者様
  • 交通事故、労災事故など事故による患者様
  • 公費負担の患者様

時間外加算を自費でいただく患者様
  • 仕事や学校の都合により診療時間外で受診された患者様など