グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療科  > 消化器外科

消化器外科

科の特徴

消化器外科では上部消化管(食道・胃・十二指腸)、下部消化管(小腸、大腸、肛門)から肝臓・胆道・膵臓まで、消化器全般の良性疾患、悪性腫瘍の診断と外科治療を行っています。
全身麻酔での手術症例の約半数が癌を対象とした切除術であり、個々の患者様の病状に応じて拡大手術から低侵襲な腹腔鏡手術まで、エビデンスに基づいたがん治療を行うことを心がけています。

領域別の説明

上部消化管(食道・胃)

 上部消化管外科では、胃癌の治療を中心に診療を行っています。また、食道癌、消化管GIST、リンパ腫などの悪性腫瘍から他の良性腫瘍や、消化性潰瘍、食道炎などの疾患の診療も行います。消化器内科での内視鏡検査・消化管造影検査・超音波内視鏡検査やCT検査・超音波検査などの結果を総合的に判断し、消化器カンファレンスおよび外科カンファレンスにて治療方針を検討します。基本的に患者さんのQOLを重視し、また患者さん御本人の意思を尊重することを心掛けています。治療法については患者さんの納得のもとに決定いたします。
主な対象疾患基本的に胃・食道疾患を対象とします。

  1. 胃癌
  2. 食道癌
  3. 消化管GIST
  4. 胃十二指腸潰瘍 (穿孔、出血、狭窄など)
  5. 逆流性食道炎
  6. 食道裂孔ヘルニア など

下部消化管(大腸肛門)

下部消化管外科は,小腸,大腸,肛門に発生する疾患について,良性,悪性を問わず幅広く治療対象としています。日本大腸肛門病学会専門医を中心として手術だけでなく薬物療法,栄養療法などを併用した総合的な疾患管理を目指しています。
主な対象疾患
  1. 大腸がん(結腸がん、直腸がん)
  2. 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)
  3. 小腸疾患(腸重積、手術の必要な腸閉塞、小腸のがんなど)
  4. 肛門疾患(痔核、肛門周囲膿瘍など)

肝臓・胆道・膵臓外科

 当施設は2008年度に開始された日本肝胆膵外科学会高度技能医制度による日本肝胆膵外科学会高度技能医修練施設(静岡県内は5施設のみ)の認定を受けています。
 肝臓・胆道・膵臓領域の良悪性疾患の診断と外科治療は日本肝胆膵外科学会高度技能指導医や消化器外科専門医の資格を持つ外科医を中心に行っています。
主な対象疾患
  1. 原発性肝癌(肝細胞癌、肝内胆管癌)
  2. 転移性肝癌
  3. 胆道癌(胆嚢癌胆管癌、十二指腸乳頭部癌)
  4. 膵癌、膵腫瘍
  5. 肝内結石症、総胆管結石症、胆嚢結石症、胆嚢ポリープ
  6. 総胆管拡張症、膵胆管合流異常症
  7. 急性膵炎、慢性膵炎
  8. 脾疾患(門脈圧亢進症、血液疾患)、副腎腫瘍 など

スタッフ紹介

外科ページのスタッフ紹介をご覧ください。

診療統計

外科ページの診療統計をご覧ください。

認定施設

外科ページの認定施設をご覧ください。

消化器外科で扱う症例