グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療科  > 皮膚科

皮膚科

科の特徴

 生まれて間もない赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層の患者さんの皮膚のトラブルを扱っています。皮膚は頭皮からつま先まで全身を覆い、外界からの刺激、アレルゲン、細菌、ウイルス、化学物質、大気汚染物質、紫外線などから体を守ってくれています。体温の調節や発汗、老廃物の排泄など、大切な働きをしています。古くから「皮膚は内臓の鏡」と言われているほど、皮膚と内臓の関係は深いです。体の中に病気が隠れていて、信号のように皮膚に症状が出ることもあり、内臓の癌や腸の病気、膠原病などの全身の病気が見つかることもあります。

症例と診療内容

当科の対象疾患

  1. アレルギー疾患・免疫疾患:アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎などの湿疹・皮膚炎、虫刺症、蕁麻疹、水疱症(天疱瘡・類天疱瘡)、中毒疹、薬疹、尋常性乾癬、関節症性乾癬
  2. 感染症:ウイルス性皮膚疾患(尋常性疣贅、単純ヘルペス、帯状疱疹など)、細菌感染症(とびひ、蜂窩織炎など)、真菌症(水虫など)
  3. 皮膚腫瘍:粉瘤、脂漏性角化症、ほくろ(黒子)、日光角化症、扁平上皮癌など
  4. その他:ウオノメ、タコ、白斑、脱毛症、腋窩多汗症
午前中は一般外来、午後は皮膚科小手術や、学童外来です。(いずれも予約制)第4木曜日の午前中は脱毛外来を設置しています。
形成外科や血管外科、浜松医科大学皮膚科との連携も確立されていますので、必要に応じて受診を勧めることも円滑に行われています。

当科の特色

1.乾癬の生物学的製剤による治療
当院は日本皮膚科学会により承認された、重症の乾癬に対する生物学的製剤の使用可能施設です。生物学的製剤とは、免疫に関わる体内物質「サイトカイン」の働きを直接弱める注射の薬です。従来の治療法では難治な方や関節症状の強くお困りの方は是非受診してください。費用については、高額医療制度の対象になる場合、収入や会社が加入している保険、年齢によって自己負担額が異なります。ご自分の加入している医療保険を確認してださい。

2.紫外線療法
医療用の紫外線(ナローバンドUVB)の照射を行うことで、皮疹や掻痒の改善が期待できます。外来では週に1回から2回、入院では週に5回の照射治療が可能です。乾癬、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、尋常性白斑、菌状息肉症、慢性苔癬状粃糠疹、悪性リンパ腫などの疾患に保険適応があります。
当科では写真のような全身型紫外線照射装置を使用しています。
寝たまま全身に前後2面で照射可能であるため、広範囲に病変がある方も簡便に短時間に治療が受けられます。
3.皮膚テスト(金属や薬剤等のパッチテスト、光線テスト)
接触皮膚炎、薬疹、金属アレルギー、光線過敏症などの原因を明らかにするためのテストです。
当科の金属パッチテスト内容
1塩化アルミニウム2%
2塩化金酸0.2%
3塩化第二スズ1%
4塩化第二鉄2%
5塩化白金酸0.5%
6塩化パラジウム1%
7三塩化インジウム1%
8四塩化イリジウム1%
9塩化亜鉛2%
10塩化マンガン2%
11臭化銀2%
12硫酸ニッケル5%
13塩化コバルト2%
14硫酸クロム2%
15コントロール:白色ワセリン、生食

※チタンアレルギーが疑われる場合は、16 塩化チタン0.1%、17 塩化チタン1%の検査を追加します。
【パッチテストのスケジュール】
1:検査日・・・背部または上腕外側に試薬を含ませたシール上のパッチを貼ります。
2:2日後(第1回判定日)・・・受診してパッチを剥がします。剥がした影響がとれてから20~30分後に皮膚の反応を確認します。必要に応じて、3日後、7日後に判定を行う場合がありますので、数回通院して頂くことになります。
注意事項
  1. パッチ塗貼布後から第1回判定(2日後)まで、入浴ができません。激しい運動は避け、汗をなるべく掻かないように心がけてください。パッチを剥がした後は、貼ってあった部位に油性ペンでマークをつけさせていただきます。マークが薄れてきた時は上から書き足してください。
  2. 夏(7月から9月頃まで)は検査が原則できません。(場合によっては入院で検査を行う場合があります。)
  3. 検査日は月曜日、火曜日、水曜日です。検査日と第1回判定日のいずれかが土日、祝日の場合は検査ができません。
【パッチテストパネル®(S)を用いたパッチテスト】
日本皮膚アレルギー、接触皮膚炎学会というかぶれを主に研究している学会が、日本人で陽性率が高い原因物質を25種類ほど選定したものが、「ジャパニーズスタンダードアレルゲン」と呼ばれています。その中から、21種類のアレルゲンを厳選し、さらにメルカプトベンゾチアゾールを加えた22種類のアレルゲンがこのパッチテストパネル®(S)に使用されています。パッチテストを行えば、思いがけないアレルゲンへの反応がわかることもあります。日常生活内に潜んでいるかぶれの原因をきちんと見極めることで、今後の皮膚炎予防にもつながります。
注意事項
  1. 24項目のセット検査になります。個々の項目のみの検査はできません。(例えば、毛染め(ヘアカラー)のかぶれが心配なので、パラフェニレジンアミンのみを検査したいという要望には沿えません。)
  2. 2泊3日の入院で検査を行います。入院中はシャワー、入浴はできません。
  3. 検査日(入院日)は月曜日、火曜日、水曜日です。検査日と第1回判定日(退院日)のいずれかが土日、祝日の場合は検査ができません。
  4. 検査日から1週間後に、外来で第2回の結果判定を行います。

4.男性型脱毛治療
男性型脱毛は進行性であり、放っておくとうす毛が進んでいきます。当科では抜け毛の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑えるフィナステリドやデュタステリド(2016年6月に発売)を処方します。治療の効果は、抜け毛が減ったかとどうかが効果の目安となり、判定には6ヶ月の服用が目安となります。この薬は保険がききません。全額自己負担になります。
5.円形脱毛症治療
脱毛斑の数、範囲、形態により重症度と治療法を決定します。
6.腋窩多汗症
問診や視診などを行い、日常生活の支障度からワキの多汗症の診断と、その重症度が判定されます。ワキの多汗症の原因や重症度を判定するため、血液検査や発汗量の測定を行う場合もあります。重度の原発性腋窩多汗症と診断され治療を受ける場合、健康保険が適応されます。1回の注射は3万円程度(3割負担の場合)の負担となり、効果は個人差がありますが4~9ヶ月間持続します。

診療統計

入院実績

性別平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度
男性48名58名79名53名
女性39名40名79名51名
合計87名98名158名104名

手術実績

項目平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度
良性腫瘍163例130例148例95例
悪性腫瘍21例23例19例7例
その他14例36例20例
合計198例189例187例102例

生検実績

項目平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度
生検数261件279件284件193件

スタッフ紹介

名前職名出身校取得年専門分野資格
坂本 慶子皮膚科部長香川医大平成16年皮膚科一般日本皮膚科学会専門医
日本皮膚科学会専門医指導医
矢田貝 剛医長琉球大学平成17年皮膚科一般日本皮膚科学会専門医

認定施設

  1. 日本皮膚科学会:専門医制研修施設