グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療科  > 血管外科

血管外科

科の特徴

世界的にも高い喫煙率、近年の高齢化と生活習慣の欧米化に伴い、日本における血管疾患を有する患者やその予備軍は増加の傾向あります。しかし、日本では末梢血管疾患を専門に扱う診療科・専門医は多くありません。  当科では脈管・血管外科の専門医が診断治療にあたります。腹部大動脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症や急性動脈閉塞を中心とした四肢の動脈血行障害、下肢静脈瘤や深部静脈血栓症などの静脈疾患、リンパ浮腫、血液透析シャントのトラブルなどの診断・治療を行っております。最新の検査機器を用いて診察にあたり、手術治療のみならず、カテーテル治療、薬物療法などを組み合わせて最良の治療を提供していきます。
さらに血管外科の分野では、カテーテル治療を中心に、より侵襲の少ない治療法が日進月歩で開発・導入されてきております。当科でも時代のニーズに応えるべく、最新の治療を導入してきたいと考えております。

診療統計

外科ページの診療統計をご覧ください。

スタッフ紹介

外科ページのスタッフ紹介をご覧ください。

認定施設

外科ページの認定施設をご覧ください。