グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 部門  > 放射線治療技術科・医学物理室

放射線治療技術科・医学物理室

概要

放射線治療技術科は、放射線治療を安全・安心に精度良く施行するために多様な業務を行っています。放射線治療は悪性腫瘍治療の三本柱(手術・化学療法・放射線治療)の一つであり、人体の腫瘍部分に対して高エネルギー放射線を集中的に照射して治療する技術です。放射線治療を行うにあたって必要とされるものは、高度で正確な治療計画・確実な照射を実施する知識と技術です。私達放射線治療を専従とするスタッフは放射線治療機器の状態を確認し、一人一人の患者さんの日々の様態を把握し、安心・安全な放射線治療を行うよう努めています。


スタッフ紹介

放射線治療技術科では放射線治療を専従とする診療放射線技師10名、診療放射線技師として放射線治療に従事した経験を持つ専従の医学物理士2名を擁しています。この体制はがん診療連携拠点病院指定要件の現行及び改訂案に十分対応できる人員配備をしています。

がん診療連携拠点病院指定要件 現行と改訂案の対応表

人員
現行改訂案
放射線治療担当
診療放射線技師
専従で常勤の診療放射線技師1 名以上
  1. リニアック1 台につき常勤専従放射線治療技師2 名以上
  2. CT シミュレータ装置に診療放射線技師2 名を配置可能な体制
放射線治療品質管理士または医学物理士専任の放射線治療における機器の精度管理, 照射計画の検証に携わる技術者1 名以上
  1. 年間放射線治療患者数400名まで毎に常勤の精度管理などに携わる技術者1 名
  2. 確保が困難な地域拠点病院では協力間施設に400 名まで毎に1 名(非常勤可)

厚生労働科学研究費補助金(がん臨床研究事業)石倉班 H22-がん臨床-一般-001「がん医療の均てん化に資する放射線治療の推進及び品質管理に係る研究」

放射線治療技術科の特徴

1、他職種参加のカンファレンスを毎日実施しています
チーム医療を実現するうえで重要なのは情報共有です。 当科では、 医師・ 看護師・医学物理士・ 診療放射線技師を交えたカンファレンスを毎日約1時間行い患者情報及び理由の共有に努めています.

2、担当技師制を導入しています
患者さんが日々安心して放射線治療を施行できるように、診療放射線技師が診察時より治療終了までをフォローする担当制を導入しています。スケジュール管理等はもちろんのこと、 一対一で対話することにより信頼関係を深め、 精神的なケアも十分に行えるよう日々環境整備に努めています.

3、迅速な治療開始への対応を心掛けています
臨床の治療計画に遅延なく対応できるよう、各モダリティに適切な人員を配備するスケジューリングを行っています。独立検証業務は効率化を計り、早期に治療開始へ移行できるよう計画的に行っています。また、高精度な治療を実現する為に, 固定具の選択, 作成方法の見直しを検討し再現性を高めています。

4、放射線治療品質管理体制の充実に努めています
各点検項目について毎日・週1 回・年1 回など必要な頻度を定めて、医学物理士が中心となって計画的に品質管理を行っています。
放射線治療装置の受け入れ状態を維持し、異常があった場合は直ぐに対応できるよう結果の記録・評価をしています。放射線発生装置の動作に異常がないことも重要ですが、位置決めレーザーのずれや照射野の大きさ表示など、放射線を的確に利用するための機器のチェックや、マイク・モニタカメラ等のチェックは毎日必要となります。私たちは精度よく患者さんに安心して治療を受けていただくために, 毎朝始業点検として1時間程時間を割いて行っています。

医学物理室

平成24年6月より外来東館にて、新しく導入されたNovalis TX 2台による臨床がスタートしました。
従来の治療装置では不可能であった、画像誘導放射線治療(IGRT)、強度変調放射線治療(IMRT)を可能にし、また従来の治療装置で行っていたXナイフ治療と同等の脳定位放射線治療が可能です。 また、体幹部定位放射線治療(SBRT)に対応できるよう、呼吸同期システム(RPM)を導入し、人体の呼吸に合わせた放射線治療が可能になりました。

スタッフ紹介

氏名所属
塩田 泰生医学物理士室
三浦 正稔医学物理士室

医学物理室の役割

放射線腫瘍医の立案した放射線治療計画に助言をし、処方線量が正確に患者様に投与されるように管理します。
治療装置の品質管理の実施方法を検討し、実施項目、実施期間等のプログラムを提案します。また、それら得られたデータを解析し、実施方法・項目・期間等のプログラムの最適化を行います。
定位放射線治療(SRS,SRT)や強度変調放射線治療(IMRT)の放射線治療計画の補助、治療計画の実測検証を行い、放射線腫瘍医が処方する線量が正確に患者さまに投与されているかチェックします。
放射線治療に関わる医学物理分野の教育や最先端の放射線治療における研究も進めています。

資格・認定一覧

第一種放射線取扱主任者2名
医学物理士2名
放射線品質管理士1名
X線CT認定技師1名
救急撮影認定技師1名
肺がんCT検診認定技師1名