グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



一般撮影

一般撮影とは?

X線を用いて行う、胸部、腹部、骨格系、歯等の撮影を総称していいます。
単純X線撮影ともいわれ、人体の各臓器のもつ固有のX線吸収差だけを利用し、造影剤を使用しないで撮影する方法です。侵襲性が低く、簡便に身体内部の構造をみることができ、広く利用されている検査です。撮影部位により呼吸の停止をお願いしたり、いろいろな撮影体位をとっていただきます。
当院では、2015年に撮影システムの一部を更新しCRシステムからフラットパネルディテクタシステムを導入したことでさらなる被ばく低減と待ち時間の短縮を可能にしています。

撮影装置

DRシステム(フラットパネルディテクタ)とは?

フラットパネルディテクタ(以降FPD)とは、X線フィルムを用いず、小さなX線検出器というものを平面に並べた装置です。
撮影されたX線を検出器の中で光に変えたのち、電気信号として受け取ることで画像化します。検出器の感度が高いため、これまで使用していたCRシステムよりもX線の量を減らすことが可能になり、被曝の低減に役立っています。また、撮影されたX線をFPDシステムで画像化することにより、撮影-画像確認-検査終了までの時間が短くなり、患者様の待ち時間の短縮にもつながっています。

病棟装撮影

画像の配信方法を無線化することで、撮影してすぐに画像を病院内で診ることが可能となりました。
今までのように、フィルムを撮影毎に取り替えなくてもよくなったので、体の下への出し入れが少なくなりました。これにより苦痛の軽減にもなっています。

歯科用撮影装置

当院の歯科用撮影装置は、3D画像撮影機能付です。最先端のデジタルテクノロジーを駆使し、より少ないX線量で高品質なCT画像が得られます。ソフトウェアにより、3Dや多断面の観察が可能です。