グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



X線テレビ

X線透視とは?

人体にX線を照射して得られる情報を光学像に変換し、リアルタイムに視覚的に観察する方法です。

Ⅹ線TV装置とは?

胸やお腹の写真を撮るときのようにX線画像フィルム上に静止画として捉えるのではなく、動画像としてリアルタイムに身体内部の状況を捉え、TV画像上で観察透視できる装置です。造影剤というX線に写る薬剤を臓器や血管内に注入し、これらが造影される様子を確認しながら撮影することも可能です。
また、この透視をしながら内視鏡などを用いて観察、治療を行っています。

6番TV室

主に泌尿器、婦人科系で、以下の検査を行います。
  • DIP
  • 膀胱造影
  • 尿管ステント挿入
  • 子宮卵管造影
  • CF

15番TV室

主に呼吸器、消化器系で以下の検査を行います。
  • BF
  • TBB、TBLB
  • ERCP
  • PTCD
  • ミエログラフィー

17番TV室

主に消化器系で、以下の検査を行います。
  • CF
  • イレウス管挿入、造影
  • チューブ造影
  • 胃精検
  • 注腸
  • 徒手整復

ERCP(内視鏡的逆光性胆管膵管造影)

総胆管

Colon Fiber(大腸ファイバー)

大腸ファイバー

その他

気管支ファイバー

子宮卵管造影