グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 部門  > 放射線診断技術科

放射線診断技術科

科の特徴

放射線等を使用して検査・撮影、治療を行う部門です。
具体的な内容は撮影・画像作製・機器管理・被ばく管理・電子画像管理・モニター管理などを行っています。
このいろいろな検査を行っているのは「診療放射線技師」という国家資格を有するものです。 放射線診断技術科では、患者さまの病気や苦痛を一刻も早く改善するために、良質で的確な画像診断情報と治療効果および安全性の高い放射線検査を提供し、正確な診断と治療に結びつくよう努力しています。


どんな検査があるの?

一般撮影
[ 詳細 ]
ご存知のレントゲン写真 胸や骨など体の各部をX線で撮影する検査です。
マンモグラフィ
[ 詳細 ]
乳房軟X線撮影法のことで、乳房撮影専用装置を用いてX線撮影をする検査です。
CT
[ 詳細 ]
体の輪切りのX線写真。とても高速化され救急医療にも欠かせない画像診断の大黒柱です。
MRI
[ 詳細 ]
今や画像診断の花形 とても強い磁石を使って、体内を鮮明に描出します。
X線テレビ
[ 詳細 ]
X線を使って透視をしながら、検査や治療をします。
血管造影
[ 詳細 ]
X線に写る薬(造影剤)を使って、血管観察の検査をします。同時に血管の治療も行います。
RI(シンチ)
[ 詳細 ]
放射線を出す薬を体内へ入れて、形や機能を検査します。
結石破砕(ESWL)
[ 詳細 ]
主に腎臓や尿管の結石を体外より衝撃波で破砕します。
骨密度測定
[ 詳細 ]
年齢とともに低下する骨の量を測定し、骨粗しょう症の予防診断に用います。
健診業務健診センターでの胃バリウム検査や胸部検診、マンモグラフィで皆様の地域にて健康維持のお手伝いをしております。また、心臓ドックでは総合的な心疾患の評価を行います。

診療放射線技師とは

「レントゲン技師」とまだ世間では、呼ばれておりますが、正確には現在「診療放射線技師」の資格を持っている者がほとんどです。 「診療放射線技師」は「レントゲン技師」より放射線の強さや種類を幅広く扱うことができます。

地域医療の充実、向上をめざして

放射線画像診断システムを広く地域医療に解放し、地域の診療施設の患者さんに必要なCT、MRI、RI検査等を受け付けています。医療施設(かかりつけ医)に受診した患者さんにCT、MRI等の画像診断が必要なとき、磐田市立総合病院放射線診断科に患者さんを紹介していただき、放射線診断科医が診察し、必要な画像診断を行った後、画像に診断レポートを添付しお返しします。
平成24年には骨密度測定装置、平成25年にはCT2台、マンモグラフィ装置が新しくなり、より精度の高い診断が可能となりました。

放射線部門は病気の発見、診断と治療に重要な役割を担っています。 私達は急速に進歩する医療に対応するとともに、医療スタッフから期待され患者さんに信頼される医療をめざしています。

資格・認定一覧

資格・認定人数
上級MR専門技術者2名
X線CT認定技師3名
第一種放射線取扱主任者1名
日本血管撮影・インターベンション専門放射線技師3名
健診マンモグラフィー撮影診療放射線技師8名
JABTS乳房超音波講習会認定技師1名
医用画像管理士1名
放射線管理士1名
医療情報技師1名
放射線機器管理士1名
超音波検査師(消化器)1名
胃癌検診専門技師1名
核医学専門技師1名

放射線検査件数推移

平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年
単純撮影79,83480,49284,29490,86988,918
TV検査3,9013,8954,2414,7134,533
血管撮影747589591625573
CT23,64824,32024,93628,38028,835
MRI8,1358,1968,1908,1788,696
RI1,1391,0731,0111,0231,037
骨塩定量435490592624878
健診センター胸部8,5008,1788,4028,6018,877
胃部4,2184,0414,0573,8843,738
マンモグラフィ1,9191,9831,8912,0741,902

放射線診断技術科で行う検査