グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



骨密度測定

骨塩定量検査とは?

ホロジック社製 DiscoveryW

骨塩とは、骨中に含まれるカルシウムやリンなどの無機塩類(ミネラル)の総称をいいます。 本院ではDEXA法を用いた骨塩定量検査を行っています。腰の検査では、足を上げた状態で数分間寝ていただきます。 腰のほかにも全身・股関節・手関節の検査も行っています。 測定結果はグラフと数値により表示され、年齢標準との比較などにより結果が出されます。 これを、低エネルギーのⅩ線を利用する骨密度測定のことで、骨の密度を測ることによって主に骨粗鬆症の診断に用います。また、ホルモンのバランス異常や先天性の代謝性骨疾患による診断や治療にも用いられます。
平成24年にHOLOGIC社製DiscoveryWが導入され、処理速度・精度が格段に向上しました。