グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 部門  > 臨床検査技術科

臨床検査技術科

臨床検査技術科について

臨床検査は、疾病の診断、治療法の決定、経過の観察などを判断する上で重要な指標となっています。当臨床検査技術科では、診断・治療が効果的かつ効率的に行われるよう迅速な検査報告につとめ、診療に役立つ検査情報提供を行うとともに採算性の高い検査部門運営を目指しています。

業務内容は、血液、尿等を対象とした分析検査、安全な輸血のために製剤管理や適合血選定を行う輸血検査、細菌疾患の原因菌の検出と院内感染防止の役割を担う細菌検査、身体そのものを対象とした生理機能検査、組織・細胞を対象とし疾病の最終診断を行う病理検査があり、検査システム、検査機器の保守点検、整備、精度管理を確実に行い、処理能力の維持と機器のバックアップ体制を確保することによって、24時間365日、救命救急や診察前検査にも対応できる「止まらない検査室」を実現しています。

また、医療の安全と質の向上を目的に、院内委員会活動や危険予知トレーニング、5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)などの小集団活動を積極的に進め、安全環境の整備、職場の安全文化の醸成に努めるとともに、技師会研究班活動への参加や、積極的な学会活動の推奨、支援を行い、得られた知識をフィードバックすることによって検査科、病院のレベルアップを図っています。


スタッフ紹介

平成28年5月現在
常勤医師1名
臨床検査技師49名(常勤34名・非常勤15名)
非常勤看護師1名
非常勤事務4名

認定資格取得状況(平成28年5月現在)

認定資格人数
超音波検査士心臓:4名
消化器:7名
血管:2名
体表:5名
泌尿器:1名
JABTS乳房超音波講習会認定 5名
血管診療技師(CVT) 2名
細胞検査士7名
認定一般検査技師 2名
認定輸血検査技師 2名
認定臨床微生物検査技師 1名
感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT) 1名
緊急臨床検査士 2名
日本糖尿病療養指導士 1名

臨床検査技術科について

外部精度管理参加状況

  • 日本医師会臨床検査精度管理調査(日本医師会)
  • 日臨技臨床検査精度管理調査(日本臨床衛生検査技師会)
  • 静岡県医師会臨床検査精度管理調査(静岡県医師会)

認定施設取得状況(平成28年5月現在)

  • 日本輸血細胞治療学会I&A認定施設
  • 認定輸血検査技師研修施設
  • 認定臨床微生物検査技師研修施設
  • 日本臨床衛生検査技師会精度保障認証施設
  • 静岡県臨床検査精度管理基幹施設

受付・採血室

採血・採尿受付機

※朝の混雑回避の為、7時30分から行っています。

受付は2階28番 採血・採尿受付機(自動)及び28番 臨床検査科と表示された窓口(有人)です。担当の医師によって指示された血液検査、尿検査、喀痰検査、便検査等の受付を行います。

採血・採尿受付機は内科外来受付向かい側に設置、採血室及び採尿トイレは受付窓口をはさんで両側にあります。

臨床検査科受付

採血室

採血から結果報告までの流れ

1診察予約がしてある方は、必ず病院正面玄関を入って右側に設置してある予約診察自動受付機で受付を済ませてから28番 採血・採尿受付機または臨床検査科受付窓口にお越しください。
2患者様は採血・採尿受付機または臨床検査科受付窓口で受付をしてください。(※)
3患者様は採血待合表示画面の番号に従って、採血室にお入りください。
4採血室では番号でお呼びし、採血を行います。採血前に、診察券、整理券及び検査ご案内を渡してください。
また、採血時には誤認防止のため氏名・誕生日確認にご協力をお願いします。
5尿検査のある方は採尿トイレで採尿を済ませてください。
※なお、採血・採尿受付機で受付できなかった方は恐れ入りますが、発券された仮番号券を持って窓口までお越しください。
 窓口で診察券(ファイルのある場合は一緒に)と仮番号券、「検査のご案内」を臨床検査科受付(28番)に提出してください。
6採血、採尿の終わった方は、案内に従って次の場所に移動して下さい。
7至急の検査は45分ほどで結果がでます。
8結果報告は、院内ネットワークにより各診察室のコンピューター端末で見ることができます。

採血業務件数の推移

当院では、検体採取時からの精度管理や看護師業務支援を目的に臨床検査技師が採血業務を行っています。
外来中央採血室で実施
病棟周産期、小児科、救命救急病棟を除く8病棟で実施

外来採血件数

病棟採血件数

血液検査

臨床検査システムにより、自動血球計数装置、自動凝固系測定装置、血液像カウンターをオンラインし、検査状況の把握・患者精度管理の効率化を計り、1日300~400件の検体処理を行っています。

血液検査室で行う検査の種類

血液検査室では、次のような検査を行い、診断の手がかりとします。
末梢血検査血液成分の形や量、形態異常の有無を調べます。
検査項目:赤血球数、白血球数、血小板数、血色素量、ヘマトクリット、網状赤血球、血液像
血液凝固検査止血の働きを調べます。
検査項目:PT、APTT、フィブリノーゲン、トロンボテスト、ヘパプラスチンテスト、Dダイマー、FDP、AT3、F-13
骨髄像検査造血機能の異常を調べます。
検査項目:有核細胞数、巨核球数、骨髄像、特殊染色

一般検査

主に尿、便、穿刺液などの検査をしています。
尿では腎臓や膀胱の健康状態を知る事ができます。また、尿の成分や量は一度病気にかかると変化する事が多い為、疾患の原因や病気の診断に役立ちます。
尿定性では潜血、白血球、糖、蛋白などについて検査を行っています。
尿沈渣では赤血球数や白血球数、細菌、結晶、異型細胞などを機器、または顕微鏡によって検査を行います。

便においては消化器(胃や腸)の健康状態を知る事や寄生虫の有無を調べる事ができます。便潜血は消化器での出血を検査する為に行い、大腸がん健診の測定項目になっています。穿刺液にはズイ液、胸水、腹水、関節液などがあり、その中に含まれる成分(蛋白、糖、 白血球など)について検査しています。

生化学、免疫血清検査

生化・免疫学検査は、患者様より採血させて頂いた少量の血液を遠心分離する事で得られる血清成分を化学的に分析して体の状態を知る検査です。
生化学検査は、たとえば糖尿病では血糖・グリコヘモグロビンA1cなど、肝臓病ではAST、ALT、γ-GTPなど、腎臓病では尿素窒素・クレアチニン、尿酸などを数値で表して病気の診断と治療効果の判断に役立てています。
免疫検査は、体内免疫機能により病気に対する抗原・抗体、腫瘍マーカーやホルモンの分泌具合を検査して病気の診断と治療の効果に役立てています。
当院の検査室では、最新の分析装置で測定することにより短時間で検査結果を報告することが可能になっています。
使用測定機器は、多項目自動分析装置2台、免疫・血中薬物濃度測定装置1台、血糖・グリコヘモグロビンA1c連続測定装置、自動浸透圧測定装置、血液ガス分析装置2台、ビリルビンメーター、アンモニア専用測定装置、トキシノメーターなど測定精度に優れている機器を導入しています。

多項目自動分析装置 2台あります

血糖・グリコヘモグロビンA1c 連続測定装置

輸血検査

輸血とは、体内の血液の量や働きが不十分なため、生命維持が難しい場合に行われる補充療法のことです。しかし、血液細胞を用いた一種の移植と考えられるため、一定のリスクが生じます。リスクを最小限にし、より安全に輸血を行うために、血液型・交差適合試験・不規則抗体などの検査を行っています。

院内では主に、血液センターから購入する血液製剤や自己血製剤を扱っていますが、これらの血液製剤を適正な環境下で管理するのも、輸血検査の仕事です。

「適正で安全な輸血医療」の保証

平成26年4月1日付けで、当院は日本輸血・細胞治療学会の「I&A認定施設」となりました。

”I&A”とは、”inspection(点検)とaccreditation(認証)”の略です。
血液製剤が適切に管理され、安全な輸血が行われているか否かを第三者である視察員が点検します。 ”I&A”の認定は、その施設における輸血医療が適切な水準を満たしていると、日本輸血・細胞治療学会が認証していることを意味します。

当院では、日常行われているすべての輸血医療に対して「I&A水準」の安全を保証するとともに、これからも一層、質の高い輸血医療を目指します。

病理検査

胃癌標本

組織学的検査
内視鏡で採取された組織片や手術で摘出された臓器から、悪性か良性かを顕微鏡を使って診断します。

肺癌標本

細胞学的検査
子宮がんの疑いや肺がんの疑いなどで採取された一つ一つの細胞から、がん細胞を見つけるためにチェックをしています。

細菌検査

風邪をひいた(痰が出る)、おなかが痛い…、その大半がウイルスによるものだと言われていますが、中には、細菌感染が原因で起こっている場合も少なくありません。ここでは、痰や便、尿、血液などを採取してどんな菌がいるのか、また、検出された菌に対してどの薬が効くのか(薬剤感受性試験)を検査します。また、院内感染の問題にも取り組み、院内環境の調査、院内感染原因菌の検出状況の調査など、感染情報の整理を行っています。

細菌検査とは…

感染症の診断法が進歩する中で、各種臨床材料から起炎菌を増殖、分離することを目的とし、幅広い病原微生物に対し、菌種同定や薬剤感受性検査を行っています。
検体の観察人体から採取された各種体液の色、臭い、濃淡などの徴候を観察することで特定感染症を予測します。
例えば…米のとぎ汁様水様便Vibrio cholerae(コレラ)
腐敗臭Vibrio parahaemolyticus(腸炎ビブリオ)
緑色泥状便Salmonella sp.(サルモネラ)
イチゴゼリー状粘血便Entamoeba histolytica(赤痢アメーバ)
粘血便、粘液便Campylobacter jejuni(キャンピロバクター)
新鮮血便HEHC(腸管出血性大腸菌)
白色便(乳幼児)Rotavirus(ロタウイルス)
顕微鏡観察グラム染色(一般的な細菌の染色)では、多くの感染症を短時間のうちに推定できます。
分離培養適切な培地と培養条件を組み合わせることにより効率的に病原菌検索を行います。分離培地上の集落の特徴(大きさ、色調、臭気、溶血など)から特定菌種を予測します。
同定未知菌株の性状を既に命名されている菌種の性状と照合し、いずれの菌種と一致するかで菌名を決定します。
薬剤感受性検出された菌にどの薬剤が感受性(有効)かを調べ、感染症治療に必要な抗菌薬選択に結びつけます。

感染部位別にみた病原菌となる主な細菌

呼吸器感染症
結核Mycobacterium tuberculosis(結核菌)
レジオネラ肺炎Legionella pneumophila(レジオネラ)
百日咳Bordetella pertussis(百日咳菌)
咽頭炎Streptococcus pyogenes(A群溶連菌)
マイコプラズマ肺炎Mycoplasma pneumoniae(マイコプラズマ)
肺炎、気管支炎等Streotococcus pneumoniae(肺炎球菌)
Haemophilus influenzae(インフルエンザ菌)
Pseudomonas aeruginosa(緑膿菌)
Moraxella catarrhalis(カタル球菌)
Klebsiella pneumoniae(肺炎桿菌)
Escherishia coli(大腸菌)
Chlamydia pneumoniae(クラミジア)、他
消化器感染症
食中毒・胃腸炎Vibrio parahaemolyticus(腸炎ビブリオ)
Salmonella sp.(サルモネラ)
Campylobacter jejuni(キャンピロバクター)
腸管出血性大腸炎Eschrichia coli VTEC(主に腸管出血性大腸菌O-157)
胃・十二指腸潰瘍Helicobacter pylori(ピロリ菌)
アメーバ赤痢Entamoeba histolytica(赤痢アメーバ)
細菌性赤痢Shigella sp.(赤痢菌)
コレラ症Vibrio cholerae(コレラ菌)
偽膜性大腸炎Clostridium difficile
尿路・性感染症
膀胱炎・腎盂腎炎(単純性) Escherishia coli(大腸菌)
Klebsiella pneumoniae(肺炎桿菌)
膀胱炎・腎盂腎炎(複雑性)Escherishia coli(大腸菌)
腸内細菌科(Enterobacter sp.、Citrobacter sp.、Serratia sp.)
Pseudomonas aeruginosa(緑膿菌)
性感染症Neisseria gonorrhoeae(淋菌)
Chlamydia trachomatis(クラミジア)
その他
破傷風Clostridium tetani
ガス壊疽Clostridium sp.(主にClostridium perfringens)
ネコひっかき病Bartonella henselae
う蝕Streptococcus mutans
中耳炎Streptococcus pneumoniae(肺炎球菌)
Haemophilus influenzae(インフルエンザ菌)

生理機能検査

生理検査受付

生理機能検査を受けられる方は、最初にこの窓口で受付をして頂きます。よく知られている検査では心電図、脳波、超音波(エコー)検査がありますが、それ以外にも様々な検査があります。

循環器系

[ 心電図検査 ]
不整脈・心肥大・心筋の異常等を調べる検査で以下のものがあります。
安静時心電図、負荷心電図、ホルター心電図(24時間心電図)、イベント時心電図

[ ABPM(24時間血圧)]
携帯型血圧計を1日取り付け、体位や行動・起床時と就寝時の変化を調べます。

心電図検査

肺機能検査

呼吸器系

[ 肺活量・努力性肺活量検査 ]
肺や気管の病気などを調べます。

[ 精密肺機能検査 ]
数種のガスを使い、肺のガス交換機能などを調べます。

[ 簡易的睡眠時無呼吸検査 ]
ご自宅にてご自身で携帯型機械を取り付け睡眠中の呼吸状態を記録し、睡眠時無呼吸の有無を調べます。

消化器系

[ 尿素呼気試験 ]
胃・十二指腸潰瘍の原因菌として注目されているヘリコバクター・ピロリの有無を調べます。検査前は朝食、水分摂取は原則禁止です。

[ ICG排泄試験 ]
手術前評価として薬を用いて、肝臓の機能を調べる検査です。

神経系

[ 誘発筋電図・神経伝達速度 ]
腕・脚などの神経・筋肉を刺激し、刺激の伝わる速度と反応波形の大きさを調べます。

[ 脳波 ]
頭部に電極をつけ、脳からの電気的活動を波形として記録します。痛みを伴わず、寝た状態で目を閉じて検査します。乳幼児でも眠らせた状態で検査することができます。

[ 心電図R-R解析 ]
自律神経の働きを見る検査の一つで、安静時と深呼吸時の脈拍の間隔と変化を調べます。

耳鼻科系

[ 聴力 ]
簡易的な聴力検査と、音刺激によって脳の反応を見る聴性脳幹誘発電位(ABR)の検査があります。ABRでは、乳幼児でも眠らせて検査でき、早期に難聴の診断ができます。

[ 重心動揺検査 ]
めまい・平衡機能障害の程度を調べる検査です。

血管系

当院検査科では血管診療技師が在籍しており、検査にあたっております。

[ 動脈(PWV/ABI、分節圧、脈波)]
手と足の血圧比や手足の指の血圧を測定し、血管の硬さや血流障害の有無、部位を調べる検査です。また運動負荷検査もあります。(トレッドミルABI)

[ 静脈(APG 、MVO)]
下肢静脈の逆流の程度、静脈の閉塞の有無などを調べます。

[ サーモグラフィー ]
手や足、体表面温度を測定します。

超音波検査

当院検査科では超音波認定技師が在籍しており、検査にあたっております。
超音波という人が聞くことができない音波を用いて、体表面から体の内部構造や動きを見ることができます。痛みを伴わず、多数の部位で検査することができます。
[ 心臓エコー ]
心臓の大きさや動き、弁の開閉具合、血流の速さを調べ心臓の機能を評価します。

心臓エコー

腹部エコー

[ 腹部エコー ]
検査前は朝食、水分摂取は原則禁止です。肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓などの異常を調べます。また造影剤を用いてより精密な検査も行っております。

[ 乳腺エコー、甲状腺エコー、頚部エコー ]
乳腺の腫瘤等の有無、甲状腺の腫大や腫瘤等の有無、頚部リンパ節や腫瘤などを調べます。また必要に応じてその場で細胞、組織の採取を行っております。(穿刺吸引細胞診、針生検、マンモトーム)

[ 血管エコー、頚動脈エコー ]
動脈の狭窄や流速、静脈の血栓、静脈の逆流の有無などを調べます。