グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 部門  > 栄養科

栄養科

栄養指導室

患者さん一人一人に病気の状態や治療法が異なりますのでそれに合わせた食事の注意が必要となります。栄養指導室ではそんな患者さんに食事の基本、現在の食生活の改善点などについて、わかり易くお話しします。また、実践と継続をしていただくためにいつでも相談にのれる体制を整えております。


ご予約について

予約制になっておりますので受診時に予約をしていただきます。
個人指導月曜日~金曜日:8時30分~16時00分
患者さんと家族の方に個別にお話しします。
集団指導
1.糖尿病
火曜日:13時30分~14時20分
食品の模型を使ってわかり易く食生活のポイントをお話しします。

入院患者さんの食事

時間朝食:7時00分~8時00分
昼食:12時00分~13時00分
夕食:18時00分~19時00分
病状にあわせた食事を適温管理の状態で提供しております。
場所病室又は見晴らしの良い病棟食堂で召し上がっていただけます。
内容季節ごとの行事を取り入れ、心をこめて調理した食事を提供致しております。
小児科の子供さんにはおいしい手作りおやつを楽しんでいただけます。

栄養士から一言

多くの病気が生活習慣によるものといわれています。
生活習慣そして食習慣を見直して日頃から健康に気を配りましょう。

ワンポイントアドバイス

塩分制限をしたい方へ

血圧・心臓病・腎臓病・動脈硬化症などの治療と予防のために塩分を控えて血管の健康を維持しましょう。
それには…
  1. 新鮮で良質の食品を選び、その持ち味を生かしましょう。
  2. 香辛料を利用したり、香りの野菜を添えておいしさを引き立てましょう。
  3. 酢を使ってうす味の料理を引き立てましょう。
    レモン・ゆず・すだち・かぼすその他柑橘顆やトマトの酸味もさわやかです。
  4. だしの旨味を効かせて、おいしく食べましょう。
  5. 油を使った料理は特有のこくと風味が増します、ただし食べ過ぎないようにしましょう。

コレステロール値の高い方へ

  1. 肉類の脂肪の部分を好んで食べるのは控えましょう。
  2. 魚の卵(イクラ・カズノコ・タラコ)はコレステロールを多くふくむので控えましょう。
  3. 塩分のとり過ぎから高血圧や動脈硬化を促進するのでうす味にしましょう。
  4. 野菜類や海藻を十分食べて食物せんいやカリウム・ビタミンをとりましょう。適量の果物も大切です。