グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 診療科・部門紹介  > 部門  > 臨床工学科

臨床工学科

MEセンター

科の特徴

医学的知識と工学的知識の資質を有した職種として臨床工学技士がいます。病院内では数多くの医療機器が使用されていますがこれらの機器を安全に操作、管理する私たちは医療機器のスペシャリストとして、患者さまに安心安全な医療機器をそして、より良い医療の提供を目指して日夜頑張っています。現在、我々臨床工学技士は19名おり各業務を行っています。


血液浄化業務

腎センター

腎センターでは維持血液透析を行っております。アフェレーシス療法(血液中から不必要な成分除去)の分野においては血液吸着療法・持続的緩除式血液透析・免疫吸着療法・血漿交換療法を行っております。また、集中治療室や病棟にも出張して血液浄化療法を行っております。

医療機器中央管理

MEセンターでは各科病棟・救命救急センター・集中治療室などで使用される医療機器を一括管理し保守点検や修理業務を行っています。さらに、医療機器メーカーへの窓口業務も行い、医療機器の信頼性の向上・安全の確保に努めています。

心臓ペースメーカ・アブレーション業務

ペースメーカ植込み術・アブレーション治療の立会いを行っています。アナライザーやプログラマーを使用し、医師の指示のもと心臓電位測定やプログラミングを行います。さらに植込み術1週間後のフォローアップも行います。

手術室業務

手術室

手術室に7名常勤しており、麻酔器や記録装置、各モニター類などの手術室内医療機器の保守管理・修理業務・立会い業務や内シャント作成時等の直接介助業務を行っています。